ANGEL EYES
(えんじぇる あいず)
初演日:2003/3
作者:神崎あゆみ
作者へ連絡
初演会場
広尾 BAR COREDO
初演劇団
3月うさぎコーポレーション
キャスト総数
7(男:3 女:4 その他:-)
上演時間
60分
あらすじ
広尾にあるJAZZ BAR『ANGEL EYES』
そのマスターである、木戸 諭は、5年前、
ジャズシンガーだった妻の瞳を亡くして、
やもめ暮らし。    
瞳の実弟である、小野 修平は、18歳の時
カミングアウトして以来、新宿でフリーターを
しているゲイの青年。
義兄である諭の店をよく手伝いに来る。
明るくて如才のない修平は、「ANGEL EYES」でも
人気者だ。
だが、彼の本当の胸の内を知る者はいない。 
そして、朴訥だが温かい人柄の諭とJAZZの音色を
慕って、店には今日も様々な客がやって来る・・・・・

別掲載作品「Mon Dieu 私の神様」は、この続編にあたります。
著作権使用料
独自規定
追記
1 高校生、学生の無料公演・・・カンパ制
               500円でも1000円でもいいと思う金額をお願い
               します。カンパしていただいたものは「はりこ
               のトラの穴」維持のために使わせていただきます。

2 アマチュア劇団の公演、学生の有料公演 ・・・6000円

3 プロの劇団の公演 ・・・・・応相談
その他
本物のBARでの公演のために書いた台本です。
劇場で上演する場合、役者の動き方などに多少アレンジが必要かも
しれません。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(50)
 
感動巨編(50)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(0)
(2020/11/9 21:07:41現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム