短篇戯曲「人の目、鳥の目、宇宙の目」
原爆三景
(たんぺんぎきょく「ひとのめ、とりのめ、うちゅうのめ」)
初演日:0/0
作者:浅田洋
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
キャスト総数
5(男:- 女:- その他:5)
上演時間
30分
あらすじ
原爆を現代的な視点で捉えた短篇脚本です。
【一場】は、「人の目」で、原民喜の「原爆被災時のノート」や詩の朗読、
【二場】は、「虫の目、鳥の目」で、カブトムシをくわえたよだかが、空を飛んでいて原爆に遭遇します。【三場】は、銀河鉄道の駅から原爆の閃光を見た宮沢賢治が登場して……、さて、どうなることやら。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(50)
 
ファンタジー(50)
 
シリアス(0)
(2014/7/16 21:41:39現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム