遠い夏 青い空 太陽のかけら

()
初演日:2006/2 作者:宮沢裕司
初演会場柏崎産業文化会館
初演劇団柏崎演劇研究会 ジュニア部
キャスト総数5(男:- 女:5 その他:-)
上演時間60分
あらすじ 秋の学校祭で行う演目に悩む廃部寸前の演劇部。
「笑えるのがいいな」
誰もがそう思った。

新入部員の綾乃がつぶやいた。
「戦争を題材にした話がいいです」

ナオは冷静に言い放った。
「死んだ人見たことある?」
「死んだ人の腐った匂いって?」
「じゃ、どうやって演じるのさ!」
「可哀相な物語にお客さんが泣いてくれればそれでいいんじゃないの!?」
「本当は、戦争なんて誰も興味がないんだよ」

葛藤の末に、彼女達が描き出す長崎原爆の物語とは・・・
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他 登場人数は8人ですが、1人2役などで、最低人数5人で可能です。
全て女子の設定ですが、男子も可能です。
履歴:2006.3.19 初登録
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 11111111111111111111111111111111111111111111111111 (100)
お笑い (0)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス (0)
(2006/3/20 09:26:40現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム