扉ハレルヤ
(とびらはれるや)
初演日:2009/3
作者:万博
作者へ連絡
初演会場
京都教育大学大集会室
初演劇団
在校生
キャスト総数
6(男:3 女:2 その他:1)
上演時間
30分
あらすじ
「クリアすればなんでも望むものが得られるゲーム」
そんなものが有るという教会にやってきた高杉。
しかしそのゲームは部屋を一つ進むごとに大切なものを捨てなければいけない。
感謝、苦労、友情……様々なものを捨ててたどり着いた最後の扉。
その向こうに見える世界は、高杉にとって信じられない光景であった。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる(準上演可)
その他
卒業する先輩への感謝の気持ちを込めて上演した脚本です。
全体的にお世話になった人へのありがとうの気持ちがメッセージとして込められています。

「大学を卒業して……」などのフレーズは、上演する団体によって変更できると思います。「高校を卒業して」や「サークルを引退して」など。
ぜひあなたがお世話になった方へ、舞台を通してありがとうの気持ちを伝えてください。

「女性」は冒頭しか登場しませんので「マリア」と兼ねることもできます。
「神父」は「シスター」として、女性が演じることも可能です。
登場人物の性別は適宜変えることができます。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(30)
 
お笑い(50)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(20)
 
シリアス(0)
(2021/3/25 12:21:02現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム