真の芯は芯だが針としてしまいがちなのが真
(しんのしんはしんだがしんとしてしまいがちなのがしん)
初演日:2009/6
作者:一ノ瀬 芽生
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
鳥取東高等学校劇部
キャスト総数
4(男:- 女:4 その他:-)
上演時間
60分
あらすじ
とある高校演劇部で、いつものように
歌ったり踊ったり鳴いたり転がされたり
蹴ったり演じたり連れションしたり
あしらったりポーズ決めたり
迷ったり怒ったり泣いたり笑ったり。

「あなただけは裏切らないって、私信じていたのに」
「ぼーぼぼーぼぼー。」
「通学途中、ぶつかる民子と源太。」
「あんたのグレートな心意気はみんなの心をキュンとさせるゼ!」

「しん、折っちゃだめだよ。」

「それでも、幸せになれない?」


高校3年生の2人。
卒業までは後1年、部活引退までは後どれくらい・・・?
現実的な将来、理想的な夢、幸せはどの未来だろう。

シャー芯は、長めに出すとすぐ折れる。
しんって結構折れやすい。のか?
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
追記
上演登録をお願いします。
その他
・第62回鳥取県東部地区高等学校
演劇発表会創作脚本賞受賞

・平成21年度鳥取県高等学校総合文化祭
第37回演劇発表会創作脚本賞受賞
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(60)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(40)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(0)
(2020/10/17 09:13:44現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム