夏休みから西に3キロ

()
初演日:2001/7 作者:志野英乃
夏休みから西に3キロ


                        作・志野 英乃


�����ã��ӣԡ��ԡ��������ʡ顡��ǯ����
       お嬢   (♀ 3年生)
       ���ߤ��ޡ��ʡꡡ��ǯ����
       でたよ  (♀ 3年生)
       �ߤ���  �ʡꡡ��ǯ����

       �����ܡ����ʡ顡��ǯ����
       あかちん (♀ 2年生)
       �ϡ��������ʡꡡ��ǯ����
       ����  ���ʡꡡ��ǯ����
       出口   (♀ 2年生)
       ましゃ  (♀ 2年生)
       ����  ���ʡꡡ��ǯ����

       りりりん (♀ 1年生)
       チャタロウ(♂ 1年生)
       �������� �ʡ顡��ǯ����
       �ᥰ��  �ʡꡡ��ǯ����



��������������ǯ���Ȥζ�����
      教室の奥に廊下。

      りりりん、うちわをパタパタ。
      出口は読書感想文を書いている。

●1の1 どうして終わっちゃうんですかねぇ 夏休み ●

りりりん  夏休み終わっちゃいますね・・・。
出口    ・・・。
りりりん  あ〜、またあの長い2学期が始まるのか・・・。
出口    ・・・。
りりりん  どうして終わっちゃうんですかねぇ、夏休み・・・。
出口    ・・・。
りりりん  何とかして増えないもんですかねぇ、夏休み・・・。
出口    ・・・。
りりりん  増やす方法があるなら、地球の果てまで追いかけたいですねぇ、夏休み・
������������������
出口    ・・・。
りりりん  ふ〜。

●1の2 だから『人間失格』です ●

      メグがチーズケーキを持って入ってくる。

メグ    りりりん。おまた〜。
りりりん  あ、メグ。何かあった?
�ᥰ���� ���������������������ޤ�������
りりりん  チーズケーキ!やり〜。どこにあったの?
メグ    調理室の冷蔵庫。
りりりん  ほぉ〜、ちょうど二個あるじゃん。
メグ    ぴったりっしょ。ちょうど二人だし。
りりりん  ・・・あ・・・。(出口を見る)
メグ    ・・・あ・・・。(出口を見る)
出口    ・・・あ・・・。(二人を見る)
りりりん  あー、出口先輩も食べます?
出口    ・・・私はいいです。今、感想文書いてますから。
メグ    え?何、書いてるんですか?
出口    読書感想文。
りりりん  あ〜、夏休みの宿題。
メグ    何の本読んだんですか?
出口    『人間失格』。
りりりん  『人間失格』?何、それ?小説?
出口    太宰治が自殺する直前に書いた小説です。
�ᥰ��  ��������
出口    そうです。この小説を書き終えて、太宰治は玉川上水に入水自殺をしまし
�����������������������ؿʹּ��ʡ٤Ǥ���
二人    ははは。(たらり〜)
りりりん  出口先輩、もう少し明るい本で書いたらどうですか?読書感想文。
出口    あと、二冊候補作品があったんだけど。
�ᥰ�����������������Ǥ�����
出口    川端康成の『禽獣』と三島由紀夫の『仮面の告白』。
りりりん  きんじゅう?
メグ    かめんのこくはく?
りりりん  まあ、よくわからないけど、そっちの方がいいんじゃないですか?
メグ    うん、きっと自殺とかしてないでしょうし。
出口    川端康成は服毒自殺、三島由紀夫は割腹自殺をしています。
二人    ・・・ははは。(たらり〜)

●1の3 それがエチケットてなもんよ ●

�ᥰ ���������������㡢���٤褦������������������
りりりん  ・・・そうだ。そうだ。食べよう。食べよう。
二人    いただきまーす。(食べる)
メグ    (食べる)おいしーねー。
りりりん  (食べる)うん。ちなみにこれ、誰のだっけ?
メグ    わかんない。
りりりん  わ、わかんないの?それってヤバくない?
メグ    だいじょぶだよ、バレなきゃ。あたしたち二人が黙ってりゃ、わかりゃし
�������������ʤ��äơ���������
りりりん  ・・・あ・・・。(出口を見る)
出口    ・・・あ・・・。(二人を見る)
二人     ははは。(たらり〜)
出口     私、口固いですから。
りりりん   そ、そうですよね。
メグ     だって、これ名前なくない?
りりりん   そうよ、冷蔵庫に何か入れる時は自分の名前書いときゃなきゃ。
メグ     それがエチケットってなもんよ、ねえ。
りりりん  うん。

●1の4 ケーキはどこへ消えた? byサチ ●

      卓球のラケットを持って、サチが入ってくる。

出口    あ、サチ。
����   ���ͤ��ͤ����������Υ������������Τ��ʤ���
二人    ぶっ!(吐き出す)
サチ    調理室のさ、冷蔵庫に入れといたらさ、あたしのチーズケーキ無くなって
      んの。みんな知らない?
二人    ・・・。(たらり〜)
メグ    (よく飲み込んでから)そ、それってさ、な、名前とか書いてあるんです
����������������
サチ    あるよ、ちゃんとサチのサって、箱に大きく。
りりりん  (箱を確認すると、確かにマジックで大きくサって書いてある)
二人    ・・・。(たらたらり〜)
サチ    もう、どこ行っちゃったんだろう、あたしのチーズケーキ。食べるの楽し
�������������ߤˤ��Ƥ����顢���ä���ͼ����ȴ�����äƤΤˡ��⤦��
二人    (近くにあったマジックで、サに点々をつけたしてザにはしてみた)
サチ    ねえ、でぐっちゃん。知らない?あたしのチーズケーキ。
出口    知りません。私、口固いですから。

●1の5 サチは完璧気づいた う゛ー ●

サチ    は?(二人に近づいてきて)ねえ、ほんと知らない?あたしのチーズケー・
�������������������ʴ������Ť����ˤ�����
二人    わ〜!
サチ    あたしのチーズケーキを・た・べ・て・る・ひ・と・が・い・る〜!
りりりん  ね、サチ先輩、サチ先輩。落ち着いて。
メグ    そうそう、これ見て、これ。ザだもん。サじゃないもん。
サチ    それはあきらかに後から書き足したんでしょうが!う〜。(激しい威嚇)
りりりん  だって太宰治は『人間失格』なんですよ。(関係ないだろ)
メグ    ど、どうする?
りりりん  逃げるが勝ち。
�ᥰ��  ���饸�㡼��
二人    わー!

     �����͡�ƨ���ƹԤ���

����   �����������ޡ��Ԥ��ʤ����衼�����顼��

    �����������ɤ������Ƥ�����
      入れ替わりに、でたよとピーコとかみたまとみけとお嬢とあかちん入って
      くる。

●1の6 だって同類ですから くっ・・・ ●

かみたま  (サチたちを)何なんだ、一体?
お嬢    さあ。
あかちん  ほぉ〜。(何を意味しているのかわからない雄叫びと動き)
ピーコ   あ〜、いりぐっちゃん、元気〜。
出口    出口です。入口じゃありません。
みけ    あれ?他に誰もいないの?
かみたま  だって、ここ三年生の部屋じゃん。
みけ    あ、そうか。1の6だもんね。
ピーコ   ていうかさぁ、この部屋って良くない?
お嬢    そうお?
ピーコ   だって男子の部屋なんかさぁ、1の1、すごく汚いんだけど。
かみたま  しょうがないじゃない。1の5から先は古い建物なんだから。
あかちん  ほぉ〜。(さらに何を意味しているのかわからない雄叫びと動き)
出口    あ、すいません。私、1の5に戻りますから。
�ߤ�    �����褩���̤ˤ����äơ��ͤ���
お嬢    うん。いなよ、でぐっちゃん。何なら泊まる?こっちに。
出口    あ、いいです。三年生に悪いですから。
かみたま  あれ?誰いんの?1の5。
出口    ペプシとうりです。
�ߤ�    �������ڥץ��Ȥ��꤫��
出口    二人して狂ってるんです。
かみたま  狂ってるんの?ペプシとうり。
あかちん  ほぉ〜。(ますます何を意味してるのかわからない雄叫びと動き)
ピーコ   ほぉ〜。(それに応えるヤツもいるから不思議だ)
みけ    狂ってるって、だいたいこんな感じ?
出口    はい。だいたいそんな感じです。だって同類ですから。くっ・・・。(ギャ
      グでもないのに自分の言ったことが相当おかしかったらしく、笑いを噛み
������������������

●1の7 だって宇宙って想像以上に広いもの ●

あかちん  ちょっと、あんた待ちなさいよ。あたしをペプシやうりとかと一緒にしな
      いでくれる?
ピーコ   そうよ、あんた失礼ね!
出口    だって、同じバカですから。
あかちん  ほぉ〜。(雄叫び)そりゃね、言っちゃなんだけど、あたしはバカですよ、
�������������Τ��ˡ�
ピーコ   そうよ、人類を利口とバカで二つに分けるとすると、こいつはバカよ。お
�������������ۤۤۤۡ�
あかちん  そりゃ、バカはバカですけどね、バカにもいろいろあんのよ!あたしはね、
      こう見えても正当派のバカなの!
ピーコ   そうよ、バカ一直線よ。
あかちん  でもね、ペプシとかうりはね、バカはバカでもかなりイッちゃっる方のバ
      カなの!言うなればあの二人は、もしバカのエリアがあるとすれば、かな
      りはず〜れ〜の方にいるのよ!あんなのと一緒にしないでよ!ふん!
ピーコ   ふんだ!
みけ    バカって正当派とか異端とかあるんだ。 
かみたま  きっと、そうなんじゃない。だって宇宙って想像以上に広いもの。
みけ    きっとあたしらの知らない所で広大なバカエリアが広がってるのよ。
お嬢    バカエリア。ははは。踏み入れたくねえよ。
出口    あ、じゃ私戻ります。これじゃ、どっちの部屋にいても同じですから。
あかちん  何ですって?ほぉ〜。(威嚇)

      出口、去ろうして布団につまづきコケる。でも去る。

●1の8 まあ 端的に言えば全部 ●

かみたま  ねえ、お嬢んちのお風呂ってさ、広くない?
お嬢    そうかな。
みけ    でも、五人で入ったのはキツかったっしょ。
あかちん  楽しかったじゃないですか〜。

      ピーコ以外、風呂あがりなので、髪の毛をタオルでふくなどしている。

みけ    ピーコ、あたしらがお風呂入ってる間、何やってたの?
ピーコ   えーとね、お嬢のパパの晩酌のおつきあい。
かみたま  ピーコ、お嬢のパパに気に入られてなかった?
ピーコ   ていうかさぁ、お嬢のパパってさ、やさしくない?
お嬢    そうかあ?

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム