草野球の詩

(くさやきゅうのうた)
初演日:2008/9 作者:志野英乃
草野球の詩  くさやきゅうのうた


                    作・志野 英乃


    最後の夏の大会、1回戦で大敗した三中ソフトボール部。
    今夜はその残念会ということで
    「もんじ焼きふじむら」に3年生5人が集まった……。
    楽しくもほろ苦い女の子達の真夏の一夜……。


   CAST
    藤村未央  ふじむらみお
    尾崎由貴  おざきゆき
    景浦雅子  かげうらまさこ
    権藤弘美  ごんどうひろみ
    中島羽矢  なかじまはや
    藤村浩太郎 ふじむらこうたろう
    津田聡   つださとし



   「もんじ焼きふじむら」の店内と外。
   壁に「もんじ600円」「ミックスもんじ800円」等の張り紙。
   鉄板のあるテーブル。
   外にベンチ。4台の自転車。
   4つのユニフォームが干されている。
   背番号1、2、3、6。
   前は道になっており、電柱が立っている。
   7月末のある夜。

   ■ もんじやきのうた ■

   夜7時くらい。
   ヒグラシの声。
   ベンチに倒れてる弘美。ソフトボールのユニフォームのまま。
   ちなみに背番号は4。お腹にうちわ。
   由貴、店から出てくる。
   未央、浩太郎、自転車で帰ってくる。

未央 ただいま。
浩太郎 ただいま。
由貴 あ、未央、おかえり。探してたんだよ、未央と浩太郎。突然消えたから。
未央 ごめんごめん、夏みかん買ってきたんだ。
由貴 な、夏みかん?
浩太郎 これ。
由貴 おー。何でまた突然。
未央 いや、みんな食べるかなと思って。嗅いでみて。いい匂いでしょ?
由貴 うん、確かにいい匂いだ。
未央 みんな材料切ってる?(夏みかんを椅子に置きながら)
由貴 うん、切りまくってる。
未央 そう。あ、弘美ちゃん、もんじ作るよー。
浩太郎 作るよー。

   未央、浩太郎、自転車を止めて店内奥へ去る。

由貴 おい。起きろ。いつまで寝てんだ?
弘美 ……。
由貴 もんじを作る時間ですよ。
弘美 ……。
由貴 てか、あんた、まーだユニフォームのままかい?もうみんな洗って干しちゃった
   んだぞ。
弘美 ……あー。
由貴 ……。

   由貴、引っ込む。

弘美 あー、疲れたー……それにしてもさ、最後の大会の、それも1回戦でさ、18対
   1で破れたんだよー……結局、あたしら去年の秋から1勝も出来なかったしー…
   …てか、最後くらいさ、ソフトボールの神様が微笑んでくれると思ったのにさ…
   …三中ソフト部1勝も出来ず、か……ねえ、聞いてる?

   弘美、上半身だけ起きて。

弘美 えっ?!聞いてないんかい!

   由貴、出てきて。

由貴 もんじ、弘美ちゃんの分ないみたいよー。
弘美 はーっ?!
由貴 働かざる者食うべからず。

   由貴、引っ込む。

弘美 ちょ、ちょっと、由貴!い、い、い、いるわ、普通に!

   弘美、走って行く。
   音楽。
   未央、由貴、雅子、羽矢、もんじ焼きの材料や皿等を持って出てくる。
   未央、鉄板をきれいにする。
   雅子、材料の入った容器を整える。
   由貴、テーブルを拭く。
   羽矢、ジュースを用意する。
   浩太郎、なぜか踊っている。
   少し遅れて、弘美、座布団を持って入ってくる。

由貴 ねえ、今日ってさ、わざと店閉めたの?
未央 ううん、違うの。今日は定休日。
雅子 あ、定休日なんだ。
未央 うん。
由貴 何だ貸し切りかと思ったよ。
未央 貸し切りなんかないよ、こんな店に。
由貴 でも、いいねえ。そろそろみんなで食べたかったんだ。未央んちのもんじ。
未央 でしょ。
羽矢 あれ?未央のお母さんは?
未央 いるよ、裏の家に。今日はセルフサービスでやってね、って言ってた。
雅子 やらせていただきますよ、セルフで、サービスで。ね、弟君。
浩太郎 うん。
弘美 ねえ、今日は何もんじ?
未央 スペシャルミックスもんじ。
由貴 やったー。それを待ってた、スペシャルミックス。
弘美 おう、燃えてきたぜ。
由貴 それにしても、弘美、顔焼けたねー。
未央 弘美ちゃん、サンバイザーちゃんと被ってたよね?
弘美 うん、被ってたよ。被ってたけど、こんなことに。(確かにひどい状態に)
由貴 日焼け止め、塗らなかった?
弘美 いや塗ったよ。塗ったけどこんなことに。
羽矢 お前は夏休み明けの小学生か。
弘美 誰か日焼け止め対策教えてくれっ。
由貴 今さら打つ手ないわ。
弘美 浩太郎、一緒に泣いてくれ。わーん!
浩太郎 わおーん!わおーん!わおわおーん!
由貴 浩太郎、野生化しないように。
未央 はい、では、始めましょう。まず材料を指さし確認。まず豚肉。
由貴 タコ。
雅子 イカ。
弘美 エビ。(泣きながら)
羽矢 ホタテ。
未央 明太子。
由貴 もち。
雅子 コーン。
弘美 キャベツ。(泣きながら)
未央 そして卵。
浩太郎 ベビースターラーメン。
未央 あ、ベビースターラーメンね。はい、材料はそろいました。雅子、鉄板はあった
   まっってきましたか?
雅子 はい、あったまってまいりやした。

   弘美、鉄板に触ってとまって。

弘美 おーわ、あちあちあちあち!
由貴 あんた、手まで焼く気か。
未央 はい、サラダ油投入。では、もんじ焼き、ただ今より始めさせていただきます。(ぺ
   こり)
全員 お願いします。(ぺこり)
未央 じゃあ、羽矢、ドカンと入れちゃって。
羽矢 えーっ!ドカンと入れちゃって、って。あたしごときにそんな大役、任せちゃっ
   ていいの?!
未央 いいよ。
由貴 ほら、羽矢、ドカンといっちゃいなよ。
羽矢 わかった。いいのね?いいのね?入れちゃっていいのね?
未央 いいよ。がんばって。
羽矢 おお、何かドキドキする。よーし。いーち!にー!さーん!だーっ!
弘美 ぐおーっ。落ちたー。
雅子 落ちたね。
弘美 ぐわーっ。崩れたー。
由貴 崩れたね。
弘美 どわーっ。広がったー。
雅子 広がったね。
弘美 ぶわーっ。そして焼かれている、もんじー。
由貴 いちいち解説しなくても、だいたい見てりゃわかるから。
浩太郎 じゅわっ!

   浩太郎、飛ぶ。

由貴 な、何で飛んだんだ?浩太郎。
雅子 弟君、落ち着いて。
浩太郎 はい。(敬礼)
未央 そしたら、軽く炒めよう。
羽矢 え?炒めるのも、あたし?
未央 うん。
由貴 だって、あんたフライ返し両手に持って炒める気満々じゃん。
羽矢 おわっ、そうでした。で、では、炒めまーす。

   羽矢、炒める。
   ジューッという音が出る。

全員 おーっ。
由貴 いい音だね。
雅子 いいねえ。

   鉄板に異様に顔を近づけて見る5人。

未央 ……ちょ、ちょっとみんな近づき過ぎじゃない?

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム