夢裁判
(ゆめさいばん)
初演日:0/0
作者:八重樫路孝
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
キャスト総数
5(男:2 女:3 その他:-)
上演時間
75分
あらすじ
「充実していました。この一週間。夢の続きを楽しめました。それだけで十分」

渡の前に現れた謎の少女。

「でも時間は悲しい。いつでも、伝えきれなかった想いの中にあるから」

「絶対に、内緒にするから。一週間でもいいから。後でしつこくつきまとったりもしないから、2番目でもいいから、友加里さんの次でも、わがまま言わないから、我慢するから、きちんと最後に、思い出にするから」

幼い頃からの夢が、何かに裁かれることがあるとしたなら

懐かしい想いに別れを告げる時もくるから

「…好きです」
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他
『TIME』の姉妹作です。ほぼ同設定で、何処まで違う話しにできるかという
実験でもありました。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(30)
 
感動巨編(23)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(15)
 
時代劇(0)
 
SF(11)
 
ファンタジー(19)
 
シリアス(0)
(2019/5/18 06:33:24現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム