お狐様の濃い一日
〈登場人物〉
・お狐様
・女学生1
・女学生2
・女学生3
・女学生4
・女学生5
・男学生1
・男学生2
※女学生、男学生の洋服は何でも可
-----------------------------------------------
上手からはいってくる

お狐様「さてさて…今日も一日頑張るかぁ!」

下手から女学生1・2がはいってくる

女学生1「え、ねぇねぇ!あれってさぁ…お社ってやつじゃない!?」
女学生2「え、まじ?…え!まじじゃんヤッバァ!」
女学生1「なんか願ってみる?笑」
女学生2「え、名案じゃん!じゃあじゃあ…お狐様!」
お狐様「はい、何でしょうか?」
女学生2「…私に超かっこいい彼氏を!」
お狐様「何言うとんねん」
女学生1「え、いいじゃんそれ…えっと、うちは高身長でイケメンで優しくて…面白くて一
緒にいて楽しくて彼女が一番のタイプな人で細身がいい!!お狐様ならいけるっしょ!」
お狐様「そんな条件付きの彼氏をつくるには私自身が魅力的でないと無理なんです。つまり
無理です。無理なんです。彼氏いない歴=年齢の私にそんなこと願わないでください私が辛
くなるだけだから!!!!!!」
女学生1「言ってみたはいいもののさぁ?…お狐様に彼氏っていう概念あんのかな
ぁ?」
女学生2「あ、確かに。ないかもね、そういう概念。」
女学生1「ってか~…お狐様って正味、信憑性とか無くな~い?笑」
女学生2「え、それなぁ~笑お狐様信憑性なさ過ぎて草生えるわ笑」
女学生1「やっぱり?笑」
女学生2「…………飽きた。」
女学生1「秋田県?」
女学生2「うわっ!お前だるぅ~笑」
女学生1「ごめんじゃん笑まぁ~確かに飽きたわ~。帰るか。」
女学生2「おん…そうしよ。じゃね~お狐様~」
お狐様「…はぁ…さようなら。もう二度と来るなくださいね。」

1・2がはける

お狐様「ギャル系は苦手だわぁ…ボケとツッコミがむずいし…そもそもそういうの得意じゃ
ないし!?」

下手から女学生3がはいってくる

女学生3「あの~お狐様ぁ~」
お狐様「うわやっべぇやつきたんだけど…。」
女学生3「実は私ぃ~彼氏がいるんですけどぉ…その彼氏がちょ~いい人でぇ」
お狐様「…興味が全然ないうえにこの話し方だから話が入ってこない!」
女学生3「でも~最近~倦厭してきたっていうかぁ?」
お狐様「なんでそんな難しい言葉知ってるの?飽きて嫌になったでよくない?君みたいな子
はせめてそういう難しい言葉とは無縁であれ?」
女学生3「だから~…新しい彼氏が欲しいんですよねぇ~!」
お狐様「うんうん……ゴホンッえっと~私は~そういうの専門外っていうかぁ~?…ま、私の
声は聞こえもしないし姿も見えないんだけどね。」
女学生3「ってか、マジで嫌なんだよね。」
1/4

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム