ブルーアイズテイル
■■■01「祝祭を、あなたと。」
★ やっと来た…! ちょっと!? 付き人が初日から遅刻するなんて、ありえないんだ
  けど!?

  え?

  確かに…、確かにね、いつも、私のほうがしょっちゅう寝坊してたけど…。流石に今
  日は寝坊しない様に、昨日は早く寝ようとしたんですー!!! …したんだけどね、
  全然寝られなくて。

  あなたも寝られなかったの??? おんなじじゃない。そっかそっか、二人とも一緒
  だったか。ふふふ。
  あ、襟(えり)。変になってるよ。そっちじゃなくて、逆。そう、そっち。ちゃんとし
  てね? 付き人の恥は私の恥になるのだから、気を付けてくれないと。

  え、私も? 
  どっち? え、どっちも??? あ、ホントだ…。これは…! あなたが気付けるか
  どうかを試したの…! だから、合格!!! あなたを付き人に認めます!

  …私、皇女の礼服、似合ってるかな…?
  
  自分には荷が重すぎて、不安のほうが正直大きくて…。きっと色んな事があると思う
  けど、ずっと隣で支えてくれますか?

  ありがとう。これからもよろしくね!
  じゃあ、行こっか!

■■■02「ささやかな、贅沢。」
★ はぁー、疲れたー。。。あなたも大変だったね。お疲れさまー。
 
  …二人だけだし、皇女って呼ばなくていいよ。
  分かってる。あなたが付き人としてしっかりしたい意識を持ってくれてるのは。だけ
  どね、いつでもずっと皇女扱いされてると窮屈になるの。公務から離れてる時は、前
  と同じ呼び方してもらえないかな?

  …ありがとう。
  あああああ。贅沢したいなーーー。

  あ、違うよ? まさか国のお金で好き勝手しないよ?
  私がしたい私なりの贅沢の為に、時間を使いたいって意味。

  え、例えば?
  
  …笑わない? 言っても絶対に笑わないでくれる?
  じゃあ…、とうもろこしが食べたい。。。町の屋台のおじさんが焼いたとうもろこ
  し。

  あ、ちょっと!
  笑わないって約束したのに! もう!

  普通のとうもろこしは肥料に使われるけど、あそこのとうもろこしはなんか違うんだ
  よね。瑞々しくて、甘くて。育て方なのかなぁ。

  ?盛はして欲しいけど、みんなには内緒ね?
  城内の人間まで買いに行く様になったら、町の人たちが近寄りづらくなっちゃうか
  ら。

  でも…、食べたいなぁ。。。

■■■03「片隅から、祈る。」
1/4

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム