鉄球
鉄球
  
 
【登場人物】
  
A
B
   
   
 照明が点くと、舞台はあるマンションの一室。家族3人暮らしの一般的な家具が配置されているリビング。下手側と上手側は別の部屋に繋がっている。上手側から、赤ちゃんの泣き声、そしてAとBが赤ちゃんをあやす音が聞こえてくる。
   
 少し経って、赤ちゃんの泣き声は小さくなっていき、次第に聞こえなくなる。それに合わせてAとBの出す音も小さくなる。
   
 音が完全に聞こえなくなってから少し間があって、上手側からAとBがそっと音を立てないように出てくる。そのままゆっくりと舞台中央、テーブルを挟んで、Aが下手側、Bが上手側の椅子に座る。
   
A: ...大変だ、ほんと。
   
B:うちの子は特にそう。
   
A:力、強いし。
   
B:ほんとに。
   
A: ...ふう。
   
B: ...はあ。
   
 少しの間。
   
B:コーヒー淹れようか。
   
A:あぁ、お願い。ありがと。
   
B:ん。
   
 B、立ち上がり舞台奥で作業を始める。Aはなんとなくその姿を見ている。
   
A:週末、どうしよっか。
   
B:どうって?
   
A:お義父さんとお義母さん、来るんでしょ?
   
B:うん。そうだけど。
   
A: ...出とこうか?
   
B:なんで。
   
A:や、だって、ねえ。...ちょっと気まずいし。
   
B: ...んー。普通にいてほしいけど。
   
A: ...そっか。
   
 少しの間。
   
B:お父さんもお母さんも、怒ってはないじゃん。
   
A:それは、そうだね。
1/5

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム