【テアトロ最終候補】在り処
在り処
作 相馬 杜宇



□登場人物     
老婆    
学生    

―0―
初冬
静まり返った民家の居間。
     舞台中央にコタツ、その上に目覚まし時計、周りに座布団が二つ。
その他にタンス、棚、電話、座布団の山など。
床に物が雑然と広がっている。
舞台の前方には廊下が横一線に広がっている。上手は玄関、下手はトイレ、老婆の部屋に繋がっている。
さらに前方には縁側があり、外に通じている。
正面奥には台所がある。
男が縁側に現れる。よれよれのジャンバーに薄汚れたジーパンの出で立ちが存在の胡散臭さを際立たせている。
中を窺い、音を立てないように注意して入る。
誰もいないことを確認して、早速物色を開始。
ぎこちない手付きから素人であることが分かる。
時折コタツがモゾモゾと動く。
しかし男は気づいていない。
男、棚からチャックのついた小物入れを取る。
開けてみると、そこには印鑑。
印鑑を中に戻し、ポケットへ。
その時コタツの上の目覚ましが鳴る。
男、驚いた拍子に棚にあったけん玉を足に落とす。
足を抱えて飛び跳ねながら、目覚ましを止めにいく男。
コタツから手が出てくる。
男、目覚まし時計を持って驚き飛び退く。
まもなく老婆がコタツから顔を出し、男を見る。

老婆 (嬉しそうに)おお……お帰り。

     男、逃げ出そうとする。
     老婆すかさず男の腕を掴む。

老婆 久しぶり。
男  ……?

     二人見つめ合う。
     


―1―
三十分後。
何かを探している男と老婆。

男  ッたくどこにやったんだよ。
老婆 悪いね、わざわざ来てくれたってのに。
男  謝る暇あったら探せよ、ちゃんと。無かったら困るだろ。
老婆 (通帳を手に取り)あった。
男  おッ。
老婆 ほら、第一勧銀。
男  そんな銀行、もうねえよ。
老婆 え、ないの?
男  ないよ、もう。
老婆 (通帳を開き)……五二〇万。
1/28

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム