鈴の音が聞こえる方へ
鈴の音

フェード明転

二人、舞台の中心に背中合わせで座っている

リン「ここ最近、変な夢を見る
レンと二人で遊んでいる夢
とっても楽しくて、でもずっと遊んでるから二人とも疲れちゃうんだ
だから二人ともこうやって座って休むの
そしたら私こう言うんだ」

リン「ねぇ、レン」
レン「何、リン」
リン「ずっと一緒にいようね」
レン「しょうがないなぁ、一緒にいるよ」

二人、笑い合う

フェード暗転

カット明転

リン、舞台の中心に一人で座っている

リン「…レン?」

リン、辺りを見回す

リン「レン、どこ、どこに行ったの?」

鈴の音

フェード暗転

レン「ねぇリン待ってよー!」

カット明転

二人走って上手から登場

リン「レン早く!」
レン「そんなに急いでもまだ夕方だよ?」
リン「丁度いい場所を見つけたんだ!
ちょっと遠いから早く行かないと間に合わなくなっちゃう!」
レン「そんなに遠いとこなの…?」
リン「まぁ行けばわかるって!」

リン、下手側に走り出す

レン「あ、リン」
リン「なぁに?」
レン「ミサンガはちゃんと作れた?」
リン「もちろん!レンと一緒に作ったから上手く作れた!」
レン「それは良かった」
リン「でも…」
レン「ん?」
リン「…」
レン「あー、言い伝えのこと?」
リン「そう!」
1/7

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム