そもそもの話
(そもそものはなし)
初演日:0/0
作者:相馬杜宇
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
オフィス相馬
キャスト総数
-(男:- 女:- その他:-)
上演時間
70分
あらすじ
片とある喫茶店
田中と中田がおり、コーヒーを飲んでいる。田中の手元には角型A4判のクラフト封筒。かなり厚みがある。
田中は見た目は普通だが実は左の片麻痺で、下肢装具を着けており、左手はだらんと垂れ下がって日常生活動作の役には立っていない。
二人は共にさほど高いブランド品ではないものの、親コーディネートでの監視下でさり気ないセンスを感じる服装。(厳密に言えば中田の方が多少高い服装)
しかし二人とも服装を気にする素振りは微塵もない。
田中、極めて軽い調子で口を開く。
著作権使用料
独自規定
追記
作品の本質は「燃やす」ことにある。苦肉の策で舞台袖で燃やしたことにするのも(本当に最悪なケースだが)アリかもしれないが、可能な限り燃やして欲しい。本質は燃やす事。「じゃあ難しいんで舞台袖で」というのは避けて欲しいし、そういう姿勢で来てる演劇人なら上演など止めて欲しい。上演料要りません。本当に燃やしてくれるならお願いします。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(35)
 
お笑い(32)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(32)
(2021/3/28 11:26:58現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム