遺言予行練習
登場人物  3人

カナカ       演劇同好会のメンバーであり、かなりのめんどくさがり。両親が先生で
        誇りに思っている。が学校では怠惰なキャラクターとして通っており、
        真面目に勉強できていない。友人であるユウカとサチには自分の素をあ
        る程度は見せている。
ユウカ       引っ込み思案なおとなしい演劇同好会のメンバー。音楽や演技が元々好
        きで、自分を表現したいと思っているが、なかなか出来ずにいる。打ち
        解けたはずのメンバーにもこのことは言えていない。
サチ       持病を抱えている演劇同好会のメンバー。元々学校にもあまり通えてい
        なく、このようなコミュニティを持つことすらも出来なかったメンバ
        ー。独創的で自分という芯が通っている。

本文

○ガサガサと箱の中を探す物音

ユウカ   ねぇ、ほんとに良いのかな?
カナカ   え?
ユウカ   だって、おふざけで書いたやつだよ?おふざけ
カナカ   それはそうだけど…。サチのお母さんも言ってたでしょ?もし遺書とかあるな
    ら、その通りにしてあげてって。
ユウカ   それはそうだけどさ…。てか、なんでサチのお母さん知ってたんだろ。

○カナカ、箱からサチの遺書を取り出す

カナカ   たまたまじゃない?お、あったあった。開けよっか
ユウカ   ええ、良いのかなぁ?勝手に開けちゃって。ほら、その、サチのだからさ
カナカ   うーん…。まぁ開けるしかないんじゃない?
ユウカ   確かに…。うぅ…。そうだよね。サチごめんね~。
カナカ   てかこれって破いて良いのかな?
ユウカ   え?破くの?
カナカ   だってほら、のり付けされてる。
ユウカ   あーほんとだ。ビリって破いて開けるのやだね。なんか。
カナカ   わかる。じゃあはさみ探すか…。

カナカ(語り)今日、サチが亡くなった。持病が悪化したことによる心停止だった。サチ
       は学校を休みがちではあったけど、持病を持っていたとは思えないほど元
       気だった。それなのに。一週間前、「またね」って手を振り合ったのを最
       後に、彼女の声を聞くことは無かった。
ユウカ(語り)私達は同じクラスではなかったが、同じ演劇同好会にはいっていて、放課
       後に青春をいつも通り過ごしていた。そんな私達がなんで遺書なんか書く
       ことになったのか。それは、ちょうど二週間前の事だった。

○ドアの音。部室が開く。

カナカ   おつかれー。いやー疲れた疲れた。聞いてよ二人とも。…ってどうしたの!?
サチ   カナカ。
ユウカ   ちょっと聞いてよ。ユウカったら部室来てからずっとこんな調子でさぁ。
カナカ   何かあったの?まさか失恋
サチ   あのね…。今日ね。
カナカ   うん
サチ   …授業で動画見たのぉ。
ユウカ   うん。
サチ   その内容がね。感動ものでね。もー私泣いちゃってぇ!
カナカ   うん
サチ   なんかさ。遺書って良いね!
カナカ,ユウカ   …うん?
サチ   だから、遺書!遺書っていいねって話!
カナカ   ちょちょちょ!なんでいきなり遺書が出てくるのよ!
1/6

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム