辰巳ヶ渕
(たつみがふち)
初演日:2017/2
作者:津島次温
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
京都放送劇団
キャスト総数
9(男:3 女:5 その他:1)
上演時間
50分
あらすじ
師匠の供をして熊野へ向かっていた修行僧の朱雀丸は、山道で足を踏み外して崖下に落ちてしまう。
朱雀丸は山奥の小屋に一人で暮らしているセナという美しい娘に助けられる。
朱雀丸とセナはお互いに惹かれあう。しかし、セナは何かを隠している。
ある日、セナは朱雀丸に、自分のことを忘れて元の生活に帰るようにうながす。
そのころ、朱雀丸の身を案じていた師匠は、朱雀丸が居る山奥に蛇の化け物が住んでいるという話を聞かされる。

昔話風の物語です。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
追記
可能であれば、上演したときには録画をお送りいただけるとうれしいです。
その他
初演時は朗読劇として上演した台本です。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(20)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(50)
 
SF(0)
 
ファンタジー(30)
 
シリアス(0)
(2021/2/11 22:10:06現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム