粗忽長屋(もうコレ2021ver.)
(そこつながや)
初演日:2021/3
作者:顧問ちゃんつる
作者へ連絡
初演会場
YouTubeチャンネル内にて
初演劇団
もう!コレって演劇部
キャスト総数
3(男:3 女:- その他:-)
上演時間
30分
あらすじ
古典落語「粗忽長屋」を戯曲として改作。安政5年(1858年)頃のコレラ菌流行との掛け合わせ。
原作のオチを演劇的に表現するため、弟分の竹五郎を主人公に据えた。
人物設定を変えれば男女問わず演じることが出来る。

******

世間ではころりという恐ろしい病が流行していた。
長屋住まいの男『竹五郎』は、兄貴分の『松五郎』から夜逃げを持ち掛けられる。別の土地へ越してしまえば、この難事から逃れられるそうだ。
時は安政。無断の転居は咎められるが、こっそりと川を下れば問題がないらしい。
竹五郎は要領を得ぬまま了承してしまう。
夜分に河原で待ち合わせ、置き捨てられた船を探す計画だった。

月明りの下、船を探す竹五郎。もちろん船は見つからない。
そこに『梅五郎』が現れる。慌てる竹五郎。
計画を悟られてはいけないのだが、うっかりと口を滑らせてしまった。
困った竹五郎だが、救いの手を差し伸べる梅五郎。内緒で手伝いを申し出てくれる。
しかし、彼らが見つけたのは船ではなく『ころり』だった。

******

登場人物の三人、誰が粗忽者かは演出次第。
喜劇か悲劇か理不尽か。演じながらイジリまわしてく下さい。
著作権使用料
独自規定
追記
2021/2現在

作家個人情報をご覧いただき、ご了解の上でご使用ください。
尚、当作品の改稿は自由です。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(20)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(10)
 
青春もの(0)
 
時代劇(50)
 
SF(0)
 
ファンタジー(10)
 
シリアス(10)
(2021/2/11 06:13:42現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム