賢治嫌い
『賢治嫌い』
相馬杜宇

【登場人物】
男(または大将)

ある首相
アナウンサー

本作品は男を主軸とした一人芝居を想定している。男以外の登場人物は声のみである。東京の男は綺麗な標準語を話すが、岩手に(たとえば母親などに)関わると訛り出す。
舞台セットは観客の想像力を喚起するよう簡素なものでかまわず、一々作り込む必要はない。
なお意図的に三点リーダー(……)は記載していない。俳優は役作りに応じて間合い等を計算して演じて欲しい。

―1―
2019年十二月。
とある撮影所。
男、チンピラに扮し、脅迫している。

男 やんのかオラ! ざけんじゃねえぞ、テメエ!!

男、殴る蹴るの暴行を加える。
監督のOKが出る。
男、ガラリと和やかになり、

男 ありがとうございます。お疲れ様でした〜。(ペコペコ頭を下げる)

男、若い役者(タカシ)のもとに歩み寄り、

男 お疲れ様、タカシ。頑張ったよぉ。(とタカシの肩を叩く)あっ、付いてるよ、血のり。待って。拭く。新しいタオルで。

男、新しいタオルで丁寧に拭く。

男 よしと。あのさ、このあと何かある? ない? 暇? あのさ、ここの近くでいい感じの居酒屋があるんだけど、どう? 行く? ホント。そっか。じゃあどうしよっかなぁ(スマホの時計を見て)五時でいい? よし。じゃあ正門に集合で!

―2―
同日の夜。
居酒屋菩薩。温かみのある雰囲気。
男とタカシがいる。大皿と二人分の取り分け皿、それにジョッキとお湯割りグラスがある。
二人はすでに出来上がっている。

男 売れるって。イケメンだし。言ってたぞ、マネージャー。タカシを売り出したいって。そうだよ。顔いいから。自信持てよ。天下のオクトプロモーションがそう言ってんだから。(「蒲田行進曲」の銀四郎の真似をして)羨ましいぜ。小一時間この店いるのに、サイン一つはおろか、気味悪がって居酒屋ホールバイトすら断られたんだぜ?

タカシ、ポカンとする。

男 知らない? 「蒲田行進曲」の台詞。見ろ、面白いから。いいよぉ。大部屋俳優ってなくなっちゃったけど。そう、絶滅。チャレンジしたかったなぁ。

タカシ、何かを尋ねる。

男 ああ、断られたんだよ、ホール。チェーンだったんだけどね。店長チラッと見て、「たとえばですけど、キッチンのお仕事はいかがですか」って。フツー言うかぁ? 居酒屋なんてどこも人手不足でしょ。ホールがいいですって受けてんのに。

タカシが何かを尋ねる。

男 無理無理。目玉焼きすら満足に焼けないんだから。2だよ、家庭科の成績。キッチンなんて務まるわけないし。

タカシ、また何か質問する。

男 理由? 一つしかないじゃん。

男、やや間を置いて、

1/9

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム