賢治嫌い
『賢治嫌い』
相馬杜宇

【登場人物】
男(または大将)

ある首相
アナウンサー
本作品は男を主軸とした一人芝居を想定して書いている。男以外の登場人物は全て声のみである。東京の男は綺麗な標準語を話すが、岩手に(例えば母親などに)関わると途端に訛りだす。

舞台セットは観客の想像力を想起するよう簡素なもので構わず、一々作り込む必要は毛頭無い。

―1―
2019年十二月。
とある撮影所。
男、チンピラに扮し、脅迫している。

男 やんのかオラ! ざけんじゃねえぞ、テメエ!!

男、殴る蹴るの暴行を加える。
監督のOKが出る。
男、ガラリと和やかになり、

男 ありがとうございます、お疲れ様です(ペコペコ頭を下げる)

男、若い役者(タカシ)の元に歩み寄り、

男 タカシお疲れ様。頑張ったなぁ。よく乗り切ったよ(とタカシの肩を叩く)…あっ、付いてるよ、ここ。血のり。待って、濡れてないので拭くから。

男、新しいタオルで丁寧に拭く。

男 よしと……あのさ、この後何かある? …無い? 暇? あのさ、撮影所で良い感じの居酒屋が有るんだけど、良かったらどう? 行く? ホント。そっか、じゃあどうしよっかなぁ(スマホの時計を見て)…五時でいい? 着替えやら諸々あるし。よし、じゃあ五時に正門前で!

―2―
同日の夜。
居酒屋菩薩。温かみのある雰囲気。
男とタカシがいる。大皿と二人分の取り分け皿、それにジョッキと湯割りグラスがある。
二人は共に出来上がっている。

男 売れるって、イケメンなんだし。言ってたぞ、マネージャー、お前を売り出したいって…そうだよ、顔良いからって…自信持て、天下のオクトプロモーションがそう言ってんだから。羨ましいぜ。小一時間この店いるのに、サイン一つはおろか、気味悪がって居酒屋ホールバイトすら断られたんだぜ?

タカシ、ポカンとする。

男 あ、知らない? 蒲田行進曲の台詞。見ろ見ろ面白いから。YouTube300円で見られるし。良いよ、あれ。そもそも大部屋俳優って無くなっちゃったけど…そう、絶滅。チャレンジしたかったなぁ、俺も…。

タカシ、何かを尋ねる。

男 実はここだけの話、断られたことあるんだよ、ホールバイト。フツーのチェーンだったんだけどね、店長チラッと見て、「例えばですけど、キッチンのお仕事は如何ですか」って。フツー言うかぁ? 居酒屋チェーンなんてどこも人手不足で、わざわざホールが良いですって受けてんのに。

タカシが何かを尋ねる。

男 え? 無理無理、目玉焼きすら満足に焼けないんだから。2だよ、家庭科の成績。この不器用男がノコノコ現れてさ、足引っ張るの目に見えてんだもん。

タカシ、また何か質問する。

男 理由? 一つしか無いじゃん。

やや間を置いて、

男 フェイス! …それしか無いでしょう、強面の俺が(ちょっと凄む)。 ここだけは温かく迎えてくれるよ、料理も美味しいしさ。サンキュー居酒屋菩薩! …そういや一回頭下げられたことあるよ、ヤクザに。…マジマジ、勘違いかなーと思ったんだけど、ほら、Vシネで撮影やった歌舞伎町の帰り道……あー、ど忘れした…、こないだあったじゃない、発砲事件…そう、マリンジュリー! ヤクザの出待ちに出くわして…うん、一瞬ヤバいな、しれっと通り過ぎようって思ったんだけど、……「(挨拶程度のニュアンスで声を掛ける)ざっす!」って。
1/9

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム