非常口
(ひじょうぐち)
初演日:0/0
作者:三鈴堂
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
キャスト総数
-(男:2 女:1 その他:1)
上演時間
10分
あらすじ
近未来、ウイルスパンデミックの中、大人と子供の戦争が起こっていた。山内武流は廃墟ビルで大木由美に助けられる。二人で夕食の肉を頬張っていると、廊下の奥から話し声を耳にする武流。彼はその方へ向かうと、非常口の闇の奥から由美と彼女の息子の会話が聞こえ、次第に肉の塊を始末する荒い女の息へと響きわたる。由美の元へ駆け戻った武流は、由美がじっと見続けている焚き火を覗く。炭に混じって頭蓋骨があった。
非常口での会話、そして焚き火の中の頭蓋骨から武流は理解する。武流の目に映る由美の怪異。
陽が上り、廃墟から出てくる武流。首にはネックレス(由美のもの)。瓦礫で二つの石積みをしているとそこらじゅうにいたカラスの群れが一斉に飛び立ち、銃撃戦の音が響き始める。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(80)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(20)
(2021/1/25 22:44:10現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム