CELL
(せる)
初演日:2020/10
作者:瀬戸山光子
作者へ連絡
初演会場
名古屋市東文化小劇場
初演劇団
聖霊高校演劇部
キャスト総数
7(男:- 女:7 その他:-)
上演時間
30分
あらすじ
高校生のユカは毎朝マスクを付けて学校に行く。学校には、自分と同じようにマスクをつけ、見分けもつかないような友人たち。自分もその1人だ。学校で、社会の役に立つ人間になるべく毎日同じような授業を受けて、毎日同じように家に帰る。毎日、「おかえりなさい。今夜は○○よ」とユカを迎えるハハ。透明な壁に囲まれた部屋の中でだけ、ユカはマスクを外して自分自身になることができる。しかし、自分自身であろうとした時から、ユカは世界にとって異質な存在となり始める。多細胞生物の体の中で、異常を起こした細胞がアポトーシスによって排除されるように、世界はユカを排除する。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
追記
高校演劇の大会での使用については所属団体の規定に従って下さい。
その他
例年の夏の大会がコロナで飛び、やっと開かれた秋の発表会もマスク・フェイスシールド着用という条件でした。それだと普通の劇をやっても異様な感じになりそうなので、考えた末、もとから異様な内容の劇なら逆に違和感がないだろうという結論に至り書きました。キャストは全員マスク(一人は能面)をつけ、主人公以外の台詞は全て音響で入れ、主人公の台詞はマスクを外してアクリル板の部屋の中でピンマイクを介して流します。コロナ対策万全の劇ですが、内容はコロナと一切関係ないホラー系の抽象劇です。
ほとんどの台詞を音響にすることで、表情と台詞の中身をずらしたり、台詞にエフェクトをかけたり、タイミングをそろえたりということがとてもやり易くなっています。色々試すと面白いと思います。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(100)
(2020/10/27 03:36:33現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム