霊験あらたかな桃
(れいげんあらたかなもも)
初演日:0/0
作者:長谷川芳輝
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
劇団夢多噺
キャスト総数
1(男:1 女:- その他:-)
上演時間
10分
あらすじ
みなしごの木こりは昨晩飲みすぎました。
あの桃太郎がどんぶらこっこと流されていた川で吐いていると、お尻のような立派な形をした小ぶりの桃が流れてきます。桃太郎の前例があるからか、木こりは死にもの狂いで川に飛び込み桃を救出するのでした。
そんな木こりとは異なり、洗濯に来た周りの人々は桃なんかには見向きもしません。
救出した桃には桃子と名づけ、すっかり愛着の湧いた木こりは、桃子と桃太郎を川に流した彼らの親に怒りを覚えます。みなしごの木こりからしたらこれは「保護責任者遺棄」であり、「育児放棄」なのです。
自らの出生に重ね、上流にあるはずの桃の木を切り倒しに行くのでした。
三日三晩かけようやく切り倒した桃の木は下流に多くの桃を流しました。
桃太郎の噂を聞きつけた人々はこの間とうって変わり我先にと桃を拾うようになりました。
すっかり酔いの覚めた木こりはすっかり記憶をなくし、私有地の桃の木を無断で切った罪に問われるのでした。
著作権使用料
独自規定
追記
誰がどこで演じても無料です。
楽しくお使いいただければ幸いです。
ただし、連絡はください。
よろしくお願いいたします。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(20)
 
お笑い(80)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(0)
(2020/9/13 11:29:33現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム