告白しよう!夏目漱石講座
『告白しよう! 夏目漱石講座』

登場人物

・夏井(なつい)
・目黒(めぐろ)
・石割(いしわり)



 喫茶店。夏井と目黒がコーヒーを飲みながら、何やら相談中。

夏井「いや、それはちょっとなぁ」
目黒「えぇ? 結構悪くないと思うんスけど」
夏井「何て言うか……パンチに欠けるんだよな」
目黒「パンチに欠ける?」
夏井「面白みがない、って言うのかな。せっかくならもっと遊んでみろよ」
目黒「だって、あんまりクサイのは嫌じゃないっスか!」
夏井「いや、今さら何言ってんだよ」

 石割、入ってくる。

石割「お疲れー」
夏井「おう」
目黒「お疲れ様っス。飲み物、何飲みます?」
石割「あ、今頼んできたから大丈夫」
目黒「そっスか」
石割「で? 何の話してんの?」
目黒「石割先輩。俺、実は告白しようと思うんス」
石割「告白……あー、こないだ可愛いって言ってた店員の子か!」
夏井「そうそう。それでこいつ、告白の文句で悩んでるってワケ」
石割「告白の文句?」
夏井「月が綺麗ですね、みたいな」
石割「あれか、夏目漱石の。『アイラブユー』を、日本人は愛だの何だの言わないから、
   翻訳するなら『月が綺麗ですね』くらいにしておけ、って言ったってヤツか」
目黒「まさしくっス! その子、頭良さそうなんで、詩的な言い回しで知的なクールさを演出してアピールしたいんスよ!」
石割「うん、その考えがまず知性を感じないけどな」
目黒「ひどくないっスか?」
夏井「まぁまぁ。面白そうだし、ここは先輩の俺らがイッパツ爆弾作ってやろうぜ」
目黒「夏井先輩も本当は絶対馬鹿にしてるっスよね?」
石割「で、進捗は?」
夏井「ほら。聞かせてやれよ、自信作」
目黒「えー……『今日は星が輝いてますね』」
石割「2点」
目黒「ひどすぎません!?」
石割「面白くない。伝わらない。オリジナリティがないし、面白くないし……面白くない」
目黒「そんなに面白くないって言わないでくださいよ!」
石割「もっと思い切って、振り切ってさぁ。破壊力が足りないな」
目黒「破壊力、っスか」
石割「パンチに欠けるって言うか」
夏井「ほーら。例えば、もっとさ……隕石とか落としてみようぜ」
石割「『今日は隕石が綺麗ですね』」
目黒「それはおかしくないですか?」
石割「良いんだよ。隕石に打たれたような衝撃、みたいな? 隕石で世界が滅んでも一緒にいたい!
   みたいな思いをそこに込めるんだよ」
目黒「な、なるほど」
夏井「出た、妙な説得力」
石割「まぁでも、少し回りくどいかもな」
夏井「もっと直球でもいいんじゃね?」
石割「『顔が綺麗ですね』」
1/2

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム