愛しき墓荒らし
(いとしきはかあらし)
初演日:2018/2
作者:樫和冥加
作者へ連絡
初演会場
明治学院大学白金校舎パレットゾーン2F アートホール
初演劇団
明学小劇場
キャスト総数
9(男:2 女:1 その他:6)
上演時間
15〜20分
あらすじ
目が覚めたらいつのまにか墓場にいた。しかし転がっていたのは死体ではなく心のかけら。そこで出会った墓守の言うとおりに心を埋めていく。
どうして心を埋めなくてはいけないのだろう?
どうして言葉を埋めなくてはいけないのだろう?
うまく埋められたらわかるだろうか。
そもそも僕は埋めたいのだろうか?
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他
この脚本は初演の際のものから多少の加筆修正がなされています。ご覧いただいた方はもしかしたら違う印象を持たれるかもしれません。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(5)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(25)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(50)
 
時代劇(0)
 
SF(5)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(15)
(2018/12/12 01:49:38現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム