マッチ売りの娼女
(まっちうりのしょうじょ)
初演日:2017/12
作者:樫和冥加
作者へ連絡
初演会場
煌ーKIRA―
初演劇団
Gradina
キャスト総数
3~20(男:1~10 女:2~10 その他:-)
上演時間
50~60分
あらすじ
あるところに少女がおりました。少女は卑しい狼のせいで街を追われてマッチ売りとなりました。幸せを求めて少女は旅をします。旅をしなければなりません。それが幸せになる方法だと思ったから。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他
グリム童話「赤ずきん」やアンデルセン童話「マッチ売りの少女」などをモチーフにしたオムニバス形式の朗読劇用脚本です。オムニバス形式ではありますがすべて通して読むことをお勧めします。
※?ずきんとなっているところは文字が対応してない部分です。正しくは赩(あか)ずきんです。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(33)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(33)
 
シリアス(33)
(2018/1/9 12:20:51現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム