長靴下をはいた猫
(ながくつしたをはいたねこ)
初演日:2015/7
作者:中村 一則
作者へ連絡
初演会場
鹿児島県鹿児島市 サンエールかごしま 講堂
初演劇団
いちき串木野市立串木野中学校 総合芸術部
キャスト総数
15(男:2 女:2 その他:11)
上演時間
55分
あらすじ
抗争を続けるイエネコとノラネコたち。抗争を終わりにする手はないのか?
そう考えていた矢先,「美しいネコ」ベルは,謎の子猫を拾う。不思議なことを口走るこの子猫は一体?抗争集結の鍵を握る袮子神(ねこがみ)様は子猫の出現にあることを悟り,ねこたちに触れを出す「月蝕の夜に集え」と。しかし抗争に火をつけようとする暗躍する謎の猫は・・・
著作権使用料
独自規定
追記
潤色,改作ご自由に!
その他
2015年鹿児島県中学校演劇フェスティバル参加作品。前年度3連覇を逃した反省から「今年はエンターテイメントを貫く!演じ手のみんなも楽しめる活劇を作る」と宣言して書き下ろした猫しか出てこない芝居です。
アクションが決まるととても格好いいはずです。
猫から見て同族の猫は,人間から見た人間と同じように見えているのではないかという考えから,人間から見て可愛いとか猫っぽいというような動きはわざと廃しました。(猫好きの方から見れば物足らないと審査員からは不評でしたが・・・)ともあれ,楽しんで上演していただければと思います。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(10)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(30)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(30)
 
シリアス(30)
(2020/8/12 04:55:04現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム