希望的寒色
(きぼうてきかんしょく)
初演日:0/0
作者:鴨鹿
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
キャスト総数
12(男:2 女:3 その他:7)
上演時間
60分
あらすじ
 世の中にもっと技術が広がった頃のお話。

 臨床工学における技術革新を起こした教授はヒトを作ろうと研究を続けていたのだが、失敗が続く。

 今回も自分が作ったロボットにヒトの心を感じることが出来なかった教授は、ツギハギの家へロボットを連れていく。

 そこはかつて教授が研究したもので溢れていた。

 ヒトの体を持つ魚。
 しゃべり続ける猿。
 そして、機械の身体を持つ、てるこ。

 ツギハギの家に訪れる人々はいつも何かに悩まされていた。語り合い、考えることで、自分の中で答えを見つけようと、彼らは苦しんでいた。

 その中で、ある日、教授がついに「ヒト」を作り出した。

 教授の中で見つかった答えを、かつて教授が捨てたロボットが否定をする。


 ヒトの心はどこにあるのだろうか。
 心とはヒトだけのものだろうか。


 この物語が終えるとき、観ていたあなたの中で色が見つかることを願って。
著作権使用料
独自規定
追記
学生による学内の公演は無料。その他の形態であれば一部でも異なれば必ずご連絡ください。

どのような形態の公演・発表であっても必ず作者に連絡をしてください。

【【その他につきましては作家情報をご確認ください】】
その他
2017/06/16/fri
ラスト一部改変

□■□作品特色□■□
【分かりやすさ】☆☆☆
【笑いのある所】★★☆
【考えさせる所】★★★
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(100)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(0)
(2019/5/17 15:49:37現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム