刀を向けるべきは
(かたなをむけるべきは)
初演日:2011/9
作者:石丸匡章
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
キャスト総数
9(男:- 女:4 その他:5)
上演時間
60分
あらすじ
幕末期に強い意志を持ち生きる女剣士、涼。そんな涼の前に現れた未来人。彼ら曰く、涼の強い意志が未来を壊したとのこと。心当たりもない涼は未来人と一戦を交えようとしたその時、涼はタイムリープをし現代、未来を旅する。そこで出会ったいじめられっ子の理恵子という少女に強い意志を持てとさとす。しかしそのことがきっかけで、未来が壊れたことを持ちに知ることとなる。現代、未来をタイムリープし幕末期に戻った涼はと未来人は戦いを再開することになるが、そこで衝撃の事実が明かされることとなる。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(30)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(70)
(2019/11/2 14:56:16現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム