夏の残響

(なつのざんきょう)
初演日:0/0 作者:白石謙悟
初演会場
初演劇団
キャスト総数-(男:1 女:2 その他:-)
上演時間15分
あらすじ 夕暮れ、通り雨。
寂れた商店の軒先で雨宿りをする女性、夏希。

想い出、残響。
微かに聞こえる祭囃子と花火の音。
父と母の手の温もり。

美しいあの景色は、花火のように瞬いた。
著作権使用料 独自規定
追記
無料です。
公演で使っていただける場合は連絡をお願いします。
その他 宇多田ヒカルさんの「真夏の通り雨」を聴きながら書きました。
切なくて心に響く良い曲です。

男は一切台詞はありません。

Image song「真夏の通り雨」(宇多田ヒカル)

2016 08 06
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 (0)
お笑い (0)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス 99999999999999999999999999999999999999999999999999 (100)
(2016/8/6 00:41:19現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム