雪鈅花 イロドルトキニ キミオモフ
(せつげつか いろどるときに きみおもう)
初演日:2014/12
作者:梅津 一生
作者へ連絡
初演会場
酒田市総合文化センター大ホール
初演劇団
劇団ワンライブ
キャスト総数
8(男:6 女:2 その他:-)
上演時間
110分
あらすじ
むかしむかし伏山というところに、不思議な獣がおりました。 その力を畏れた里の人々は、獣を犬神と呼び、社を建てて祀りました。 秋の夕暮れの神社で、伏山の少年巽(たつみ)サクヤは、不思議な姿の女性、乾(いぬい)ハツナと出会う。ハツナはどうやら昨年亡くなったサクヤの祖父、エイジロウと何か関わりがあるようなのだが・・・。 二人の出会いは伏山を揺るがす騒動の始まりだった! 少年少女の葛藤と、家族の絆を描く幻想時代劇
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他
権六のいない男5、女2ver
権六の代わりにランが加わった男5、女3ver
もあります
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(11)
 
感動巨編(22)
 
お笑い(11)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(0)
 
時代劇(33)
 
SF(0)
 
ファンタジー(22)
 
シリアス(0)
(2022/9/10 04:48:12現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム