バス停と閑古鳥、世界のおわり
(ばすていとかんこどり、せかいのおわり)
初演日:2013/11
作者:白石謙悟
作者へ連絡
初演会場
九州国際大学演劇部
初演劇団
九州国際大学KIUホールB1 ミーティングルーム3・4
キャスト総数
9(男:7 女:2 その他:-)
上演時間
120分
あらすじ
偉大なる占い師の予言によって、世界の終末が告知された。
予言に頼りきっていた世間は震撼する。
諦める者、受け入れる者、信じない者、対策を講じる者、
真実を確かめる術もなく、日々は過ぎていく。

そんな中、喧噪とは無縁の、
閑古鳥の鳴くバス停に集まった男女達。

複雑な人間関係。
予言は真実なのか。

「ご乗車の方は、いませんか?」
車掌は言った。
著作権使用料
独自規定
追記
無料です。
公演で使っていただける場合は、連絡をお願いします。
その他
2013年九州国際大学の大学祭公演にて上演された脚本です。
作者として携わらせてもらいました。
後輩の頑張りに感動。
良いものを観せてもらいました。

解釈によっていくつかの見方ができると思います。
何が正解かっていうのは、その人の見解でいいと思います(笑)

write 2013 11 25

Image song:Worlds end(Mr.Children)
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(20)
 
感動巨編(20)
 
お笑い(20)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(20)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(20)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(0)
(2020/1/22 19:56:39現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム