それでも世界は回ってる

(それでもせかいはまわってる)
初演日:0/0 作者:結城 翼
「それでも世界は回ってる」  作 結城翼

★登場人物
女1・・・掘る女
女2・・・編む女
女3・・・派遣の女
少女・・・
少年・・・







♯1 六道の辻

        縦笛(ないしはリコーダー)でややたどたどしく、ゆっくりと「星めぐりの歌」が流れる。
        幕が開く。溶明。
        舞台中央に近代科学文明の所産の家電を中心としたがれきの山。
        古い木製の学校の椅子が6脚ぐらいその中にバラバラに積まれている。古びて、壊れかけた赤茶けた(しか            し壊れていない)自転車もある。
        ゴミとがれきの山少し下手側奥に、やや高いところがあり(できれば土があればいいが難しいかも。)         ゴミとがれきの山の中に傾いて壊れかけた白い十字架のようにも見える道標があり、左右および、前方に向        けて先の尖って(あるいは半分こわれててもいい)むなしくたっている。かかれている字はぼや               けたか汚れたかで読めない。
        あたりは一面、枯れ葉で覆われている(枯れ葉がなければ生の木の葉でもいい)。
        黄昏時のようだ。
        女がいる。迷彩服(袖に黒いリボン)にからみつくような髪をかき上げ、いらだたしく顔を振り、汚れた手で        ぬぐいながら女が道標の脇で穴を掘っている。
        固くてなかなか掘れない。それでも、掘り続けている。
        ゴミの山の下、中央やや上手よりに、古い生徒用の椅子に腰掛け、編み物をしている女がいる。下手そうで、        ぶつぶつ編み目がどうのこうのといいいながら。時々、ちらっと掘る女をみるが、ようやるなーという風情        でまだ編み物をしている。そばにはからのペットボトル。飲もうとして、空なのに気づきいらだちあきらめ        たようにまたそばに置く
        掘る女の息が少し上がっているようだ。
        しんどそうに女は掘るのを一時やめ、シャベル(土などで汚れていること)を抱えて座りこみ、物憂げにやお        らポケットからレコーダーをだし、録音し始める。そばにはもう一つシャベルとペットボトル。
        「星めぐりの歌」消えていく。

掘る女:16時00分(いちろくまるまる)。たぶんそれくらい。一日掘ってやっと10センチ。なかなか固くて掘れない。

          いったん録音をとめ、眉間をもんだりする
        ぼうっと穴を見ている。
        また、録音する。
  
掘る女:たかだかたて165センチ、横60センチ、深さ80センチで良いのに(このサイズは役者のサイズに合わせて少し大きくする)。

        ほっと息を吐いて。

掘る女:私を拒絶しているように土は硬い、

        見上げて。

掘る女:なんて、この世界は敵意に満ちあふれているのか。私はただ、ささやかな穴がほしいだけなのに。

        録音を切る。レコーダーをポケットに押し込む。
        再び穴へ向かう。
        だが疲れているのでうまく掘れないようだ。
        編み物をしている女、やれやれという表情で手を止め。

編む女:無駄だと思うけど。

        ぴくっとするが、それでも掘る。

編む女:疲れない?

        答えない。

編む女:ねえ。

        掘り続ける。

編む女:なんで掘ってるの。

        掘りながら。

掘る女:何で編んでる?
編む女:へっ?

        と、編み物を見つめる。

編む女:・・勝手でしょ、こちらの。

        ふっと笑う。
        むっとする編む女。かまわず掘り続けている。
        ふんというように、また編み出すが、すぐに。

編む女:あ、やべ。

        と、編み目をチェックしていたが
        ちっと、舌打ちして。

編む女:あんたのせいよー。

        相手にしない。

編む女:まったく・・・
   
        と、ぶづぶついいながら何とかしようとするが。

編む女:だーめだこりゃ。

        と、投げ出して。

編む女:あーあ。

        と、ため息をつき、それでも、じーっと編み物にらんで。
        編み目を少しほどき、また慎重にあみはじめる。
        小さい間。
        掘り続ける女に。

編む女:何がおもしろいんだか、馬鹿みたい。
掘る女:しかたない。馬鹿はおおい。

        間。掘り続ける女。編む女は気になって集中力に欠けるようだ。

編む女:やれやれ。

        編むのをあきらめ、どっこいしょと立ち上がる。
        もう一つのシャベルに近寄って足でつつく。
        持ってみて。

編む女:これでねー。

        とあきれたような声。シャベルをたててみてる。
        と、掘る女がバランスを崩してこけた。

編む女:どれ。

        シャベルをつかみ近寄る。

掘る女:じゃまだ。
編む女:一人じゃ無理だって。交代。

        と女を無理矢理どかせて掘り始める。
        どこかへっぴり腰。大口たたいた割によろめいた。
        にらみつけていた掘る女が、

掘る女:口ばっかり。
編む女:腹減ってるだけよ。

        力を入れて。

編む女:おおっ。

        と、固さにたじろぐ。

編む女:くそっ。

        と、と、力を入れたが、掘れずに少しふらつく。

編む女::ああー、ほんとに固いわー。ここ。

        手を痛めたみたい。

編む女:よくやるねー。あんた。ほんとに・・おりゃっ。いてっ。

        と、力を入れたがバランスを崩してこける。
        無言で、掘る女が編む女をどかせる。
        掘る女は再び掘り始める。
        掘りながら。

掘る女:夏のある日 世界は滅んだ。くだらない生活が消える。それはいいこと。誰も私から何も奪うことはできない。

        断固として掘るので息が少し荒くなる。動作を止める。

編む女:ねえ。

        無視して、また掘り始める。

掘る女:奪った?いや何も奪いはしない。失っただけだ。失う?希望した訳じゃない。
編む女:ねえったら。
掘る女:希望?そんなことはいみがない。希望してもしなくても世界はある。
編む女:ちょっと。
掘る女:願いや祈りで世界は変わらない。変わりなんかしない。・・そう。変わりなんかしない。

        決然と掘る、だんだんと激しく。
        見ていた編む女は。

編む女:やめなさいよ。

        やめない。狂ったように掘る。

編む女:やめなさいっ!

        と、抱き留める。
        だんだんと静まる。
        編む女をつきとばすように離して、掘る女座りこむ。
        もう一本のペットボトルをのむ。
        のむ。のむ。のむ。のむ。
        編む女は呆然と立ちすくむ。
        飲み続ける女。

編む女:やめて。

        編む女は、ペットボトルを静かに取り上げる。掘る女はあらがわない。
        間。
        ゴミの山に転がっていたテレビが突然明るくなる。だが何もうつらない。雑音。

編む女:うわっ。

        おそるおそる近づく、手を触れようとすると突然また消える。
        ちょっとびくっとするが、バンバンとたたいてみる。またついた。

編む女:うわっ。
   
        疲れたように。

掘る女:生活だ。
編む女:はあ?生活?何それ。

        ぽんぽんとたたく。消える。

編む女:あ、また消えた。

        バンバンとたたく。今度はつかない。

編む女:こらっ、つけよっ、こらっ。

        バンバンとたたく。つかない。

掘る女:それがくだらない生活だ。

        ちょっと、あきれて。

編む女:そういうの幸せになれないぞ。
掘る女:幸せ?

        ふふんと笑って。
        掘る女、立ち上がりシャベルをゴミの山に突き刺してすくい、

掘る女:ほら。

        と、ばらまく。もう一度。

掘る女:ほら。
編む女:やめてよ、汚い。

        ふっとわらって。

掘る女:汚い?

        また、少し掬う。そうしてゆっくりとこぼす。

掘る女:あふれかえる食べ物。

        また少し掬う。そうしてまたゆっくりとこぼす。

掘る女:グルメ、おしゃれ、ブランド、いろいろなモノ。

        ちよっとおかしいんでないかこの女という風に。

編む女:あのー、ごみなんですけどー。
掘る女:そう、ゴミよ。愛した生活の影。
編む女:はぁ?
掘る女:編み物したら。私は掘る。それだけ。

        と、また掘り始める。

編む女:あのねー、あんた。

        と、いいかけたが首ふって。

編む女:ま、いっか。

        と、テレビをポンポンと未練がましくたたくが当然うつらない。やれやれと編み物を取り上げる。
        編み始めたが。
        とつとつとした縦笛の曲「星めぐりの歌」が聞こえてくる。

Ⅱ星めぐりの歌

編む女:ん?

        と、見回す。
        編むのをやめて耳を澄ます。
        少年が奥から登場。縦笛をふきながらやってくる。
        吹きながら、道標の近くにやってきて、止まって見上げる。
        掘る女も掘るのをやめて少年を見る。
        少年、そのまま、女たちを無視して。下手への道をたどろうとする。
   

編む女:ちょっと。

        通り過ぎる。

編む女:ちょっと、ちよっと、ぼく。

        とまらない。

編む女:またんかい!

        曲、ぴたっと止まり、少年も止まる。

        にやりと笑う。

編む女:いやあ、なかなかうまいねー。

        と皮肉。
        少年いやーな顔をして、

少年 :なんか用ですか。
編む女:用があるからよんだのよ。こっちこっち。
少年 :いやです。
編む女:なんで。
少年 :暇つぶししてる時間ないから。
編む女:あー、生意気。
少年 :吹かなきゃいけないし。
編む女:ふいてたじゃん。

        小さい間。

少年 :少し下手だから。
編む女:確かに。

        少年に近づく。
        むっとする少年、少し身を引いて。      

少年 :それほどじゃないと思うけど。
編む女:それほどだわ。

        小さい間。

少年 :・・まあ。
編む女:ほらほら。お姉さんが聞いたげる。

        と、椅子をゴミとがれきの山からひとつ。取り出し。

編む女:ほらっ。

        と、これに座れと。指示する。
        少年、首を振る。

編む女:ほらっ。

        嫌々をする。

編む女:そういわずに。

        と、腕をつかむ。
        抵抗しながら。

少年 :遠慮します。
編む女:十年早い。
少年 :は?

        とその椅子のあたりまでむりやり引き寄せて座らせようとする。

少年 :いやです。

        なおもむりやり座らせようとし、立ち上がろうとするのを足をけたくり。

編む女:ス・ワ・ル・ノ!
少年 :はい。

        少年、気圧されて座る。
        編む女、自分の椅子にどんと座って。

編む女:素直なぼくは好きだよー。

        苦笑して。

掘る女:上手になりたい?

        小さい間。

少年 :・・迷惑になるもん。
編む女:迷惑?
少年 :うん。合奏。
掘る女:あー、なるほど。

        はっはっはと笑う。

編む女:誰かさんに、いいとこみせたいんだ。
少年 :ちがうって。
掘る女:下手でもいいと思うが。一生懸命やれば。
編む女:おおーっ、大人の意見。
少年 :だめだよ、それじゃ。
編む女:だめだよねー、へたれだもんねー。
少年 :へたれじゃない!
編む女:とろいだけか。
掘る女:何を絡んでる。
編む女:ちよっといじりたくなるじゃない、やっぱり。
掘る女:何がやっぱりだ。だいたい。
編む女:あっ、誰か来た。
掘る女:ごまかすな。
編む女:いやいや、ほら。
掘る女:え?

Ⅲ自転車の女

        上手から、今時ボディコン赤いハイヒールのハデハデ女が颯爽と登場。

派遣の女:あっ、あった、あった。

        と、道標を見つけるが。そのとたん、おっとつまづいてぶちこけた。近眼らしい。

派遣の女:いったー、なんや。こらーっ。くっそー、いってー。

        あぐらかくなよな。
        あー、いってーと辺りを見回していたが、自転車をみつけ。

派遣の女:あったー。ラッキー。

        と、自転車に駆け寄るり、引き下ろす。

派遣の女:ほー、ハンドルもまともじゃん。変だなー

        と、いいながら試し乗り

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム