学芸会

(がくげいかい)
初演日:2009/1 作者:早瀬 円
【学芸会】


        舞台上に、椅子が2脚。
        下手から山口有希子が来て、椅子に座る。
        有希子、プログラム表を眺める。
        下手からバタバタと、カバンと三脚を持った江田幹子が来て、有希子の前を通り、椅子に座る。
        目の前を大きな荷物を持った者が通り、怪訝な顔をする有希子。
        
幹子 「(乱れた息を整え)まだ2年2組は始まってませんよね?」
有希子「ええ。この次です」
幹子 「(安堵)良かった〜」
有希子「あの、2年2組の保護者の方ですか?」
幹子 「ええ。もしかして、あなたも?」
有希子「はい。山口です。山口里奈の母です」
幹子 「そうですか。里奈ちゃんの」
有希子「ご存知ですか?」
幹子 「初耳です。あ、私、江田です。江田友美の母です。どうかお見知りおきを!」
有希子「お見知りおき…」
幹子 「(見回し)結構、人いますね」
有希子「みんな我が子の晴れ姿が観たいんですよ。会社を休んでまで観に来るお父さんもいますからね」
幹子 「平日だからもっと少ないと思ってました」
有希子「学芸会、初めてですか?」
幹子 「そうなんです。えっと…」
有希子「山口です」
幹子 「山口さんは経験者?」
有希子「上にもう一人いますから」
幹子 「そうですか。あ、急いで準備しなくちゃ」

        幹子、三脚を広げる。
        三脚の脚が有希子の足に当たるがお構いなしに、目一杯三脚の脚を広げる。

有希子「ちょ、ちょっと江田さん。脚! 脚!」
幹子 「(照れて)よく旦那にも言われるんです。お前の脚線美に貪りつきたくなるって」
有希子「違う違う! 三脚の脚をもう少し狭めて欲しいの。マナーがあるでしょ。みんなの邪魔になるし」


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム