時給800円の天使

(じきゅうはっぴゃくえんのてんし)
初演日:2004/8 作者:ぶん
 天に向かって叫ぶスカイ。

スカイ  マジっすか? ちょまって下さいよ、クビになるとさすがに生活が
     ……、頼みますよ……、はい、はい、あ、はい、ありがとございま
     す! まかせといて下さいよ、次はいい仕事しますよ〜

 意気込むスカイ。

           *

 全員日常を演じる。

           *

 ワカバ荘に絵美が外からやってくる。

絵美   ごめん下さい。

 真紀が外から帰ってくる。

真紀   ただいま〜

 真紀、絵美に気付き絵美をジロジロと舐める様に見る。

絵美   あの……
真紀   あなただぁれ?
絵美   今日からこのワカバ荘でお世話になる事になりました吉野絵美とい
     います。
真紀   へー

 料理中の田村が部屋から出てくる。

田村   ねぇ、真紀ちゃん竹輪が無いんだけど、もしかしてコソッっと食べ
     尽くしたりしてない?
真紀   するわけないじゃないですか〜
田村   うそ〜、だって真紀ちゃんこの前だって天かす勝手に食べちゃってた
     じゃない。
真紀   そうですけど、竹輪は食べてませんよ〜
田村   そっかー、じゃぁ誰が食べたのかなぁ。
真紀   さぁ。
田村   まぁ、いいわ。真紀ちゃん、悪いんだけど竹輪買って来てくれない?
真紀   今ですか?
田村   ううん、晩ご飯までにお願い。
真紀   はい〜、じゃぁ後で買いに行ってきます。

 真紀、部屋に入っていく。

絵美   あの、大家さん。
田村   あら、吉野さん、ようこそワカバ荘へ。
絵美   今日からお世話になります。
田村   どうぞ。

 席に着く絵美と田村。

田村   うちは見ての通りボロいけどいいの?
絵美   家賃も安いですし、朝と夜の食事が付いていて経済的です。
田村   そ、ならよかった。あ、さっきのは道上真紀ちゃん。なんだかふわ
     〜んとしてるけどあれでちゃんと生きてるから。後、貧乏研修医が
     一人いて、ワカバ荘の住人は私と吉野さん含めて四人。仲良くやっ
     ていきましょう。
絵美   はい、宜しくお願いします。
田村   それにしてもケーキありがとうね。
絵美   ケーキ?
田村   あなたのお兄さんが「妹がお世話になります」って持って来てくれ
     たのよ。
絵美   お兄さん?
田村   そうよ。
絵美   え、私、兄なんて……

 部屋から竹輪を持ったスカイが出て来る。

スカイ  大家さん! 火、つけっぱなしっすよ!
田村   あら、いけない!

 田村、急いで部屋へ入っていく。
 スカイ、会話の途中途中で竹輪を食べる。

スカイ  おお〜、絵美、やっと来たか。
絵美   あなた、誰ですか?
スカイ  俺の名はスカイ。青くて広い空のスカイ。一応こう見えても天使。
     今回絵美の担当になったからよろしく。
絵美   はい?
スカイ  あ、でも、ここでは絵美の兄貴ってことになってっから。
絵美   は?
スカイ  天使だってばれるとさ、色々と動きにくいじゃん。な、だから適当
     に話合わせちゃってくれよ。
絵美   えっと、何の冗談ですか?
スカイ  いやいやいや、冗談じゃないよ。俺はいたって真面目。
絵美   なんで竹輪もってんの?
スカイ  俺、竹輪大好きなんだよ。もし俺が死んでても竹輪が目の前にあっ
     たら生き返るくらい好きなんだ。絵美も食うか?
絵美   いりません。

 スカイ、竹輪を全部食べ尽くす。

スカイ  うんまい!

 田村、部屋から出てくる。

田村   いやー、お兄ちゃん、助かったわよ〜。お鍋焦がすところだった
     わ。
スカイ  いえいえ〜。
田村   差し入れしてくれたケーキ、冷蔵庫に入れてあるからお兄ちゃんと
     絵美ちゃんも食べてね。
スカイ  いえ、それは大家さんや、他の住民の方に差し入れした物です。僕
     たちはいいっすよ。
田村   まぁ、なんていいお兄さんなのかしら? 私がもっと若かったら絶
     対に捕まえて放さないわ。吉野さん、いいお兄さん持ったわね。
絵美   いえ、この人は……
スカイ  いえいえいえい、兄として妹を心配するのは当然ですよ。こいつ、
     無愛想でしょ? ここの人たちと上手くやっていけるかどうか心配
     なんっすよ。
田村   大丈夫、おばちゃんにど〜んと任せておきなさい!
スカイ  宜しくお願いします〜。
田村   さっそく絵美ちゃんの部屋、ぴかぴかのぺっかぺかに掃除してくる
     から、絵美ちゃんも適当に部屋見に来なよ。

   田村、部屋に入って行く。

スカイ  うぉっし! ケーキ大作戦成功。
絵美   ちょっと、あなたどういうつもりですか?
スカイ  まずは大家さんと仲良くならないとダメだろ? 吉野さんから絵美
     ちゃんにランクアップしたじゃないか。
絵美   いったい何が目的なんですか?
スカイ  いやだから、俺は絵美の担当天使だから、絵美には幸せになっても
     らいたいのよ。
絵美   もういいですって天使とかそういう子供だましな冗談は。
スカイ  いやだからほんとに天使なんだって。絵美に幸せになってもらわな
     いと時給下げられるんだよ。
絵美   はい? 時給?
スカイ  いやぁ、実はさ、俺、まだ見習いでね、時給800円なのよ。けっ
     こう生活厳しーんだよねー。だから頼むから幸せになって、俺の時
     給上げてくれ。
絵美   馬鹿じゃないの? 意味わかんない。

 絵美、部屋に入って行こうとする。

スカイ  あんた幸せか?

 絵美、立ち止まる。

スカイ  毎日毎日、お茶くみとコピーをして。将来なりたい物もなく、なり
     たい自分もない。恋人も趣味も夢もなく、笑うこともなく、ただ生
     活を事務的にしているだけだろ? そんなの幸せなわけがない。
絵美   あなた、ほんとにいったい何なのよ。
スカイ  だから天使だって。
絵美   突然人の生活に踏み込んできて、私を幸せにする? お節介もいい
     ところよ。何処のボランティアか宗教団体か知らないけどね、おあ
     いにく様、私は今幸せなの。夢がなくても恋をしなくても、私は幸
     せなの。
スカイ  そう自分に言い聞かせているだけだろ? 本当は毎日淋しいんじゃ
     ないのか?
絵美   そんな事ないわ。
スカイ  恋だってしたいんじゃないのか?
絵美   いいえ。
スカイ  毎日毎日自分を隠して生きてなにが楽しいんだ?
絵美   知った様な口を叩かないで! 本人が現状で満足してるって言っ
     てるんだからほっといてよ! あなたいったい何様のつもり!
スカイ  さっきから言ってるだろ。俺はあんたの天使だ。あんたが拒んで
     も、あんたには幸せになってもらう。

 フェアが外から帰ってくる。

フェア  ただいま。
スカイ  (すかさずフェアに)ど〜も、初めまして。今日から妹がお世話に
     なります〜
フェア  はい?
スカイ  あ、俺は今日からこちらでお世話になる吉野絵美の兄でして……
絵美   ちょっとやめてって(スカイをフェアから引き離し)あ、すみませ
     ん、この人は私とは全然……
絵美&フェア   (初めてお互いの顔をしっかり見て)あ
絵美   岡山先輩?
フェア  もしかして吉野さん?
絵美   あ、はい、そうです。
フェア  だよね? 久し振り? こっち来てたんだ?
絵美   はい、高校卒業して、すぐに。先輩、私の事憶えていてくれてるん
     ですね。
フェア  あたりまえだよ、だって吉野さんいつも僕らの体育 窓から見てただ
     ろ?
絵美   え!?
フェア  僕らんクラスの男子の誰かに気があるんじゃないか〜って いっつ
     も噂してたんだよ。
絵美   ええ!? そうなんですか!?
フェア  もしかして僕やった?
絵美   ち、ち、ち、ち、ちがいますよ!
フェア  なんだ、残念だな。じゃ僕ちょっとやることあるからまた後でゆ
     っくり話そ。
絵美   あ、はい。

 フェア、スカイに軽く会釈をして部屋に入って行く。
 一気に緊張の解ける絵美。
 外から物陰に隠れて絵美とスカイを見るバッド。

スカイ  あるじゃん。恋心。
絵美   あんたまだいたの?
スカイ  絵美さ、昔、今の兄ちゃんに惚れてただろ?
絵美   な、何言ってんの? 馬鹿じゃないの?
スカイ  任せとけって。この恋は俺が実らせてやる。

 部屋に入って行くスカイ。

絵美   ちょっと、勝手な事やめてくれる!

 スカイを追う絵美。

バッド  けけけっ。あの生意気そうなのがスカイの担当する女か。けけけ
     っ。徹底的に邪魔してやる。なぜなら俺はスカイが大っ嫌いだか
     ら。そして悪魔だから。けけけっ。とりあえず まずはあの女の恋
     を滅茶苦茶にでもしてやろうかな? おおっと、馬鹿スカイが戻っ
     てくる、隠れなければ。

 外に出て中を覗くバッド。
 部屋から出てくる絵美と手紙を持つスカイ。

絵美   いったいそれ何よ。
スカイ  決まってんだろ? 恋文だよ。ラブ イズ レター。
絵美   はあ?
スカイ  絵美はなんだかんだでシャイガールだからな。まずはお手紙でそれ

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム