蒲公英

(たんぽぽ)
初演日:0/0 作者:イスケ
ノーラ   (女)

ヘルガ     (女)

クラウス    (男)

母親      (女)


     開幕  
     舞台の上手・下手を隔てるように壁がある
     上手の端にベンチがある
     ノーラ  上手からやってきて、壁の前で止まり
          ゆっくりと壁を見つめる
     クラウス 上手からやってくる

クラウス「…ノーラ」
ノーラ 「あっ ク、クラウス兄さん!」
クラウス「やっぱりここにいたのか…  
ほら、警備の人に何か言われる前に帰るよ」
ノーラ 「え?  まだ明るいよ?」
クラウス「すぐに暗くなるさ」
ノーラ 「お願い! もう少しだけいさせて!」
クラウス「ノーラ、またいつものを!?」
ノーラ 「お願い、クラウス兄さん! ね、この通り!」
クラウス「……はぁ  晩御飯、作るの手伝ってよね」
ノーラ 「ありがと!!」

      ノーラ 嬉しがる 落ち着くと、壁に向かう

ノーラ 「誰かー聞こえますかー!?」
クラウス「あんまり大きな声を出すなよ」
ノーラ 「大丈夫   誰かー聞こえたら返事してくださーい!」
クラウス「誰も返事なんかしてくれないと思うよ」
ノーラ 「ううん  だって2週間前『誰かいませんか〜?』
って私聞こえたもん」
クラウス「聞き間違えじゃないの?」
ノーラ 「そんなことないもん! 聞こえたの!」
クラウス「…もしかしたら、幽霊かもね」
ノーラ 「え!?  …ゆ、幽霊?」
クラウス「そう  第二次世界大戦中、ここで戦争があった時
爆撃を受けて死んでしまった人の霊かもしれないよ!」
ノーラ 「そ、そんなこと…」
クラウス「なーんて、ウソだよ!」
ノーラ 「へ?」
クラウス「ノーラは怖がりだなぁ」
ノーラ 「もう! ……ねぇ、クラウス兄さん
     本当に、このドイツで戦争なんかあったの?」
クラウス「僕も詳しくは知らないよ 昔、学校の授業で教わったぐらいさ
     あと……父さんから聞いたり、とか…」
ノーラ 「へぇ〜  あたしもお父さんに聞いてみようかな」
クラウス「や、やめときなよ!」
ノーラ 「え?」
クラウス「…また今度、僕が教えるからさ」
ノーラ 「ほんと!?  やった!」
クラウス「ほら、帰るよ」

       ヘルガ 下手からやってきて、壁の前で止まる

ノーラ 「ねぇ いつかこの壁の向こうに行けるかな?」
クラウス「さぁね  けど、向こうに親戚がいる人もいるし
     いつかは行き来できると思うよ ……東も西も関係なく」
ノーラ 「いつかっていつ!?」
クラウス「そ、それは…わからないけど」

       ヘルガ 何か呼びかけるような動作
       ノーラ 立ち止まり、壁の方を見る

クラウス「どうした、ノーラ?」
ノーラ 「…うん  なんでもない」

       ノーラ・クラウス 上手にはける
       ヘルガ 少しうつむいてから、下手にはける
           時折、咳こむ
       暗転  翌日
       ノーラ 上手からやってきて、壁に向かって

ノーラ 「誰かいませんかー!?」

       間

ノーラ 「ちぇっ   今日も反応なしか〜
     あ〜あ、つまんないの」

       ノーラ うろうろしていると何か見つける

ノーラ 「タンポポだ  もう綿になってるや」

       ノーラ タンポポの種をつまみとり
壁に向かって投げる動作

ノーラ 「飛んでけ!   …越えたかなぁ? 1個ぐらい行ったかも」

       ノーラ 再びうろうろしだす
       ヘルガ 下手からやってくる
       ノーラ もう1度壁に向かって

ノーラ 「む〜〜〜〜  こんにちは!!」
ヘルガ 「こ、こんにちは…」
ノーラ 「はーい、こんにちは  ……ん? え、なに!?」

       ノーラ 壁に詰め寄る

ノーラ 「だ、誰かいるの!?」
ヘルガ 「え?  う、うん」
ノーラ 「あ、あたしの声 聞こえる!?」
ヘルガ 「聞こえるよ」

       間

ノーラ 「…す、すごいすごい! あたし今、向こうの人とお話してる!」
ヘルガ 「(咳こむ)そんなに嬉しいの?」
ノーラ 「嬉しいよ!  わー、すごい、すごいよ!
     クラウス兄さんに教えなきゃ! あ、ねぇ! あなた名前は?」
ヘルガ 「え、名前?」
ノーラ 「そう!  あ、あたしはノーラっていうの!」
ヘルガ 「ノーラ…  私はヘルガ」
ノーラ 「ヘルガ…  よろしく、ヘルガ!  
あ〜、なんだか緊張してきた」
ヘルガ 「す、少し落ち着いたら?」
ノーラ 「う、うん!」

       ノーラ 深呼吸する

ノーラ 「…よし!」
ヘルガ 「大丈夫?」
ノーラ 「大丈夫!」
ヘルガ 「そう ……ねぇ、少しお話してもいい?」
ノーラ 「え?」
ヘルガ 「私、今まで友達いなくてあまり人とお話したことないから…」
ノーラ 「……」
ヘルガ 「い、嫌ならいいんだけど」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム