蠍星・羊星

(さそりぼしひつじぼし)
初演日:0/0 作者:結城 翼
「羊星・蠍星」
                原作 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
                作  結城 翼
                    
☆登場人物
ジョバンニ・・・・・「からっぽ」の隙間に「蠍」を飼い始めた少年。生け贄の羊のペンダントだったはずだが、いつの間にか蠍のペンダント。
カンパネルラ・・・・「からっぽ」の隙間を吹き渡っていく風を聞き続ける少年。透明で青い切符。
ブラックバード・・・飛べなかった飛行士。けちな優秀行商人のブリキのペンダントを持つ。
大学士・・・・・・・なんか、掘っている人。ジョバンニに琥珀の蠍を与える。先生だったかもしれない。
助手・・・・・・・・その助手。単なる助手。
青年・・・・・・・・知識は「力」であることを知っていただけの人。透明で青いペンダントの持ち主。
かおる・・・・・・・蠍の星と空っぽが生み出す力を知っている。それでも透明で青いペンダント。
ザネリ・・・・・・・普通の人。意外に「世間的に」まともであるかもしれない。
車掌・・・・・・・・寡黙。
先生・・・・・・・・普通の先生。公平だが冷たい教室の主宰者。
ジョバンニの母・・・ジョバンニをある意味で縛っているかもしれない。
カンパネルラの父・・独善的。功利的でもある。カンパネルラに大きな期待をかける。それなりの紳士。
夜の怪物たち・・・・みんなの「からっぽ」の中にすむさまざまなもの。


Ⅰプロローグ

        満天の星。大きな天球図がある。
        ケンタウルス祭の音楽が流れる。
        カーニバルのようなパレードと「ケンタウルス露を降らせ」という声が聞こえる。
        夜の怪物たちが、さんざめいている。ジョバンニはその中にいた。
        何かペンダントのようなものをまわしあって、楽しんでいるようだ。
        だが、ジョバンニがとった瞬間、みんながそっぽを向いてしまう。
        突然、「ジョバンニ、ラッコの上着が来るよー。」「ジョバンニ、ラッコの上着が来るよー。」
        凍り付く、ジョバンニ。
        世界は、敵意に満ちていた。
        孤立するジョバンニ。回そうとするが誰も受け取らない。
        「ジョバンニ、ラッコの上着が来るよー。」でやけどをしたように引っ込む。
        呆然と一人立つ、ジョバンニ。
        回されていたペンダントをじっと見て、やがて首にかける。ダビデの星のようになっている羊のペンダント。
        じっと見つめているカンパネルラ。
        ジョバンニは家へ逃げるように帰っていく。        
        カンパネルラは奇妙な表情で去る。
        夜の怪物はひとしきり巡る。

Ⅱ羊の食卓

        潮騒が引くように祭りの雰囲気は消える。
        静かな音楽。
        食卓があり、母がいる。
        ジョバンニが帰ってくる。
        気持ちを入れ替えて。
                
ジョバンニ:ただ今。具合悪くなかったの。
母  :ああ、ジョバンニ。今日は涼しくてね。私はずうっと具合がいいよ。
ジョバンニ:今日は角砂糖を買ってきたよ。牛乳に入れてあげようと思って。
母  :ああ、お前先にお上がり。あたしはまだ欲しくないから。
ジョバンニ:母さんの牛乳は来ていないんだろうか。
母  :こなかったろうかねえ。
ジョバンニ:僕行ってとってこよう。
母  :ああ、あたしはゆっくりでいいんだからお前先にお上がり。
ジョバンニ:では、僕食べよう。

        ジョバンニ食べ始める。
        遠くで汽笛が鳴る。

母  :誰か行くんだねえ。
ジョバンニ:ねえ母さん。
母  :どうしたの。
ジョバンニ:僕父さんはきっとまもなく帰ってくると思うよ。
母  :ああ、あたしもそう思う。けれどもお前はどうしてそう思うの。
ジョバンニ:だってけさの新聞に今年は北の方の漁は大変よかったって書いてあったよ。
母  :ああ、だけどねえ、お父さんは漁へでていないかもしれない。
ジョバンニ:きっと出ているよ。父さんが悪いことをしたはずがないんだ。だって、今度はラッコの上着を持ってきてくれるといったんだ。
母  :ああ、そうだったねえ。
ジョバンニ:みんなが僕に会うとそれを言うよ。・・ラッコの上着って。・・
母  :カムパネルラさんもかい。
ジョバンニ:・・カムパネルラは決して言わない。カンパネルラはみんながそんなこと言うときは、気の毒そうにしてる。。
母  :カンパネルラのお父さんとうちのお父さんとは、ちょうどお前たちのように、小さいときからのお友達だったそうだよ。
ジョバンニ:ああ、ぼくたちも友達だよ。
母  :だからからかったりしないんだねえ。
ジョバンニ:ああ・・カンパネルラは、黙って僕を見ている。
母  :やっぱり、カンパネルラさんだねえ。
ジョバンニ:ああ、カンパネルラだ。

        ジョバンニの回りに忍び寄るように教室が浮かぶ。
        だが生徒たちは、夜の怪物たち。
        カンパネルラはじっとジョバンニを見ている。

先生 :ではみなさんは、そういう風に川だと言われたり、ミルクが流れた跡だと言われたりしていた、このぼんやりと白いものが本当はなにかご存    じですか。

        くすくす笑い。
        みんながジョバンニを見ている。
        ジョバンニ手を挙げようとして引っ込める。

ジョバンニ:・・ぼくは手を挙げ無ければならない。ぼくがそうすることを期待してみているみんなの幸せそうな冷たい目。
先生 :・・・ジョバンニさん?

       ジョバンニのろのろと立ち上がる。
        くすくす笑いが広がる。
        泣き笑いのような笑顔でジョバンニは立つ。

先生 :大きな望遠鏡でよっく調べるとこの白いものはだいたいなんでしょう。
ジョバンニ:ぼくは確かに、それは星だと思った。けれど、・・・。

        くすくす笑い。
        先生は、辺りを見回す。笑い声は消える。
        
先生 :ではカムパネルラさん。
ジョバンニ:先生はカムパネルラを指名した。カムパネルラは答えなかった。答えられないんじゃない。カンパネルラは何だって知っている。何だっ    て答えられる。でも、答えない。そうだとも、カンパネルラは僕が知っていることを知っている。友達だもの・・・。

        カンパネルラの方をある意味で誇らしげにジョバンニは見る。
        カンパネルラは困ったような顔をしている。
        そっと、ジョバンニの視線をはずす。
        ジョバンニの誇らしげな表情がかげる。ジョバンニは少し傷ついた。

ジョバンニ:でも。答えたっていいんだ。僕につきあうことはない。・・そう思ったとたんぼくの心はどほんと大きな音を立ててからっぽになった。    耳がじんじんしてなにも聞こえなくなり僕はどこかへ行ってしまった。・・でも、次の瞬間ぼくはふわーっと戻ってきてカムパネルラが急に    憎らしくなった。ああこれだ。僕はカンパネルラがにくらしい。そうだ、憎らしい。・・カンパネルラは僕が気づいたことに気づいたんだ。
先生 :では、よろしい。このぼんやりと白いものを大きないい望遠鏡で見ますと、もうたくさんの小さな星に見えるのです。

        ぼんやりとカンパネルラを見るジョバンニ。
        カンパネルラは前を見ている。

先生 :このおおきな星の流れを天の川と言い銀河ともいいます。ジョバンニさんいいですね。
ジョバンニ:えっ。あ、はい。
先生 :(冷たく)よろしい。

        公平であろうとしているがあたたかくは決してない。
        沈むように座るジョバンニ。

先生 :カンパネルラさんも。
ザネリ:銀河もしらないって。

        明確にあざけるザネリ。くすくす声。
        気の毒そうにゆっくり座るカンパネルラ。

先生 :ですから、もしもこの天の川が本当に川だと考えるなら、その一つ一つの小さな星はみんなその川の底の砂や砂利の粒に当たるわけです。そ    れなら、何が川の水にあたるかというと・・・・。
ジョバンニ:それでも今日はもうすぐ終わる。教室の壁いっぱいの大きな星図盤の中に透明な銀河がゆっくり流れていた。あそこに見えるのは、北斗    の柄杓。あそこは、オリオンの三ツ星。・・そして、ああ、これがたぶん僕の星だ。これは。・・え?

        断ち切るように。

先生 :ジョバンニ君。
ジョバンニ:は、はい。
先生 :今日は、どうもいけませんね。
ジョバンニ:すみません。
先生 :あの星は何でしょうと私は聞いたのですよ。

        くすくすと笑う声。

ジョバンニ:あれは・・ぼくの星です。
先生 :は?

        くすくす笑い。

先生 :何ですか?
ジョバンニ:すみません・・羊星です。
先生 :そう。牡羊座ですね。ザネリさん、これは何ですか。
ザネリ:カシオペア座です。
先生 :よろしい。

        と、次々に当てている。
        生徒たちは、立ち上がっては、何か答えているようだ。

ジョバンニ:あれはぼくの星だ。生け贄の羊の星。

        泣き笑いのような表情でぱっと、カンパネルラの方を振り向く。
        カンパネルラは前を見ている。
        ジョバンニはのろのろと目をそらす。
        再び遠くで汽笛がなった。
        食卓が戻る。

母  :だれか、行くんだねえ。
ジョバンニ:ああ、カンパネルラだ。      

        ぼんやり答えるジョバンニ、意味もなくペンダントをつついている。
        やがて、はっときづいたように猛然と食べはじめる。
        
母  :今晩は銀河のお祭りだねえ。
ジョバンニ:ケンタウルス露を降らせ!・・うん。僕、牛乳を取りながらみてくる。
母  :ああ行っておいで。川へは入らないでね。
ジョバンニ:ああぼく、・・カムパネルラと見るだけなんだ。一時間で行って来るよ。
母  :もっと遊んでおいで。カムパネルラさんといっしょなら心配はないから。
ジョバンニ:ああ、きっといっしょだよ。母さん窓を閉めておこうか。
母  :ああ、どうか。もう涼しいからね。

        ジョバンニは空っぽの牛乳瓶を持って鞄に入れた。
        立って、窓を閉める。
        ペンダントを見て。

ジョバンニ:・・では。一時間半で帰ってくるよ。

        ジョバンニは出かける。
        カムパネルラの家。父とカンパネルラが食卓の席に着いている。
        静かな別の音楽。
        黙々と食べている。ときどき。パンとか。バター。とか、ありがとうとか。聞こえる。新聞か、本を読んでいる父。
        
カムパネルラ:父さん。

        父、目を離さず答える。

父 :もっと野菜を食べなさい。
カムパネルラ:わかってるよ。

        カムパネルラ、食べる。

カムパネルラ:父さん、
父  :なんだ。
カンパネルラ:ジョバンニのことなんだけど。
父  :ああ、いじめられてるそうだな。
カンパネルラ:うん。

        父、返事をせず食べている。

カンパネルラ:とうさん?

        父はぽつんと言う。

父  :むつかしいだろうな。
カンパネルラ:どうして。
父  :必要なんだろう。
カンパネルラ:なにが。
父  :お前たちが。
カンパネルラ:どういうこと。
父  :車のハンドル知ってるな。
カンパネルラ:うん。
父  :ハンドルの遊びみたいなものだということだ。
カンパネルラ:あそび?
父  :車のハンドル回すには少し余裕がいるんだ。ブレーキにだってある。
カンパネルラ:だから。
父  :わかるだろ。遊びがないと車はうまく動かない。
カンパネルラ:何を言ってるの。
父  :わからないかな。必要なんだ。車だけじゃない、世の中のすべてのものに遊びが必要なんだ。
カンパネルラ:いじめられることが?
父  :この場合はそうだ。
カンパネルラ:そんな。
父 :バターをくれんか。

        カンパネルラ、自動的に動く。
        衝撃を受けている。

カンパネルラ:そんな。
父  :聞きなさい。カンパネルラ。我々はとっても無力なものだ。自分が大切なものさえなかなか守れない。まして、人を守るなんてとてもできた    もんじゃない。世の中の仕組みはたしかにいろいろひどい面を持っている。でも、それはその仕組みが成り立つために仕方がないことなんだ。    お前たちの教室もそうだ。みんなが幸せに生きていくためには、「遊び」が必要だ。無理に遊びをのぞこうとすると、仕組み自体が壊れてし    まう。だからだまって、遊びをほっとくしかない。
カンパネルラ:でも、別のもっとましな遊びってあるんじゃない。
父  :あるかもしれん。だが、誰かそんな遊びを見つけたかね。

        カンパネルラ、黙っている。

父  :なら、しかたあるまい。

        間

カンパネルラ:じゃ、僕がその遊びになったらどうするの。

        父は鋭くカンパネルラを見た。

父  :なってるのか。
カンパネルラ:ううん。
父  :ならいい。
カンパネルラ:なったらあきらめるの。
父  :ばかいっちゃいかん。
カンパネルラ:どうしようもないっていったよ。
父  :お前は別だ。
カンパネルラ:ずいぶん利己主義だね。
カンパネルラ:親とはそんなものだ。・・コーヒーを入れてくれんか。

        カムパネルラ、コーヒーを入れにたつ。

カムパネルラ:ねえ、今夜のケンタウルスの祭には行けるの。
父  :わからないな。
カムパネルラ:ジョバンニと約束したよ。
父  :仕事が忙しいっていったろう。
カムパネルラ:分かってるよ。・・でも?
父  :そう・・だな・・。
カムパネルラ:わかった。
父  :そうか、いい子だな。
カムパネルラ:僕、そんなにいい子じゃないよ。
父  :父さんにとってはいい子だよ。
カムパネルラ:本当に。
父  :さあ、もういいから。勉強しなさい。するべきことをする。これが本当のいい子だ。
カムパネルラ:コーヒー要らないの。
父  :ああ、もういい。
カムパネルラ:じゃ。

        と、立ち去ろうとする。

父  :ああ、それとカンパネルラ。
カンパネルラ:何。
父  :ジョバンニ君に関わるのは少し控えた方がいい。
カンパネルラ:父さん。
父  :お前のためだ。
カンパネルラ:父さん。
父  :カンパネルラ、私はいままでお前に間違ったことをいったことがあるかね。
カンパネルラ:・・いいえ、父さん。
父  :よろしい。いい子だ。

        父は、読書に戻る。
        カンパネルラはそんな父を見ている。
        
父  :なんだ、まだいたのか。
カンパネルラ:ねえ、父さん。
父  :なんだ。
カンパネルラ:ぼく、卑怯ものなんだろうか。
父  :何だって。

        かすかに汽笛が鳴る。
        溶暗。

Ⅲ天球図と夜の河

        カーニバルの音楽。
        古道具屋に星図盤がある。ほかにも怪しげな店が並んでいる。バザールだ。縁日のようにも見える。
        ケンタウルス露を降らせとカーニバルの人々が通り過ぎていく。
        カンパネルラがいた。

ジョバンニ:カンパネルラ!

        駆け寄るジョバンニ。

カンパネルラ:牛乳瓶かい。
ジョバンニ:ああ、母さんにとってこなくちゃ・・。でも、ケンタウルスのお祭りだろ。少しね。
カンパネルラ:そうだね。
        
        男が風船を配って歩いている。女の子がリンゴ飴をなめながら通っている。

ジョバンニ:賑やかだね。
カンパネルラ:バザールだもの。
ジョバンニ:あ、風船売ってるよ。リンゴ飴もある。
カンパネルラ:夏だね。
ジョバンニ:うん。大好きだよ。
カンパネルラ:後で買おう。
ジョバンニ:うん。

        と、やや陽気になる。
        あちこちをのぞきながら。

ジョバンニ:一つまっすぐ歩けば。
カムパネルラ:まっすぐ歩けば。
ジョバンニ:確かなものは確かでなく。
カムパネルラ:確かでないものはさらに確かでなくなり。
ジョバンニ:アブラカダブラ。
カムパネルラ:アブラカブダラ。
ジョバンニ:(くくっと笑って)違う。アブラカダブラ。
カムパネルラ:(同じく笑いながら)アラブカラブダ。
ジョバンニ:(笑って)違うよ。アブラカダブラ。
カムパネルラ:(大まじめに)アブラカラブダ。
ジョバンニ:違う、違う、アラブカダブラ・・あれ?(笑って)やめよう。舌かみそうだ。
カムパネルラ:(笑って)ああ、その方がいい。

        たわいもない、遊び。
        弾んだ声で。

ジョバンニ:あ、見て、カンパネルラ、星図盤だ。

        と、古道具屋へ駆け寄る。

ジョバンニ:あ、オリオンがある。蛇もいる。熊もいる。
カンパネルラ:水瓶があるね。鯨かなこれは。これは・・、ああ天秤だ。これは、十字星。これは羊だね。・・どうしたの。

        ジョバンニ、首にかけたペンダントと見比べる。

ジョバンニ:・・何でもないよ。

        店番らしい女の子(かおる)が声をかける。

かおる:いいペンダントね。
ジョバンニ:これ?これは、何でもない奴だよ。
かおる:でも、いい星よ。
ジョバンニ:星?
かおる:ええ、燃えているわ。
ジョバンニ:え?


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム