伝説の勇者の作りかた

(でんせつのゆうしゃのつくりかた)
初演日:0/0 作者:八城 悠
「 伝説の勇者の作りかた 」   八城 悠

登場人物
    魔王
    ダーク(漆黒の鎧をまとった将軍)
    ドクター(白衣のマッドサイエンティスト)
    ミラージュ(オペラマスクをした、諜報部隊の隊長)

「 レベル1 」
          
      魔王の居城「魔王の間」。
      背景中央に幕に覆われた秘密の出入り口(ミラージュ専用)がある。
      玉座があり、周囲にテーブル・イスが並んでいる。
      ドクターがいる。
      一人で暇らしく、手持ち無沙汰。
      突然、荘厳な音楽がかかる。
      慌ててひざまずくドクター。ダークが入ってくる。

ドクター  魔王様には御機嫌うるわしゅう…。
 ダーク  うむ、よきにはからえ。
ドクター  あ、てめえ、騙しやがったな。
 ダーク  隙だらけ。
ドクター  勝手に魔王のテーマ曲を使うんじゃねぇ。びびったろうが、ボケカス!
 ダーク  どうして貴様は、そう言葉遣いが汚いのか。
ドクター  バカ魔王が来たかと思ったぞ。残酷無比の冷血漢。人間界に化けて出た
      時の台詞「人がゴミのようだ」はあまりにも有名!
 ダーク  それくらいにしておいたほうがよいな。
ドクター  なんでだよ。
 ダーク  その魔王様も御一緒だからだ。

      魔王、ダークの後ろから、のっそりと現れる。

  魔王  ご機嫌だな、ドクター。
ドクター  わぁっ、わははは、魔王様。おっとホコリが。いつも尊敬しております。
  魔王  今しがた本音を聞いたばかりだ。
ドクター  はは〜、失礼いたしました。氷漬けだけは御勘弁を。火だるまの刑も
      ちょっと――
  魔王  もうよい。座れ。
ドクター  は、ははっ。

      魔王は玉座に。

 ダーク  して魔王様、大事な話とはいかに。
  魔王  うむ。ドクター。
ドクター  はっ。
  魔王  我々の存在意義とは何だ。
ドクター  世界を暗黒に陥れ、我々魔物の天下にする為でございますですます。
  魔王  う〜む、やはりお前らにはうまくプログラムが伝わっておらんな。
ドクター  プログラム?

      ミラージュが魔王の背後に現れる。(背後の暗幕からスッと出る)

ミラージュ 魔王様。
  魔王  うおっ、いきなり背後に現れるな!
ミラージュ 失礼。隠密部隊長ミラージュ、参上。
  魔王  心臓に悪いやつめ。で、何事だ?
ミラージュ 勇者、出立。
  魔王  おお、遂に!
ドクター  あの、魔王様。さっきから何スか? 存在意義やら勇者やら。
  魔王  単刀直入に言おう。我々は造物主によって創られたキャラクターなのだ。
ドクター  造物主?
 ダーク  キャラクター?
  魔王  お前らは自分の子どもの頃を覚えているか? この魔王軍がどうやっ
      て作られたかの記憶はあるか?
ダーク・ドクター  もちろん……な、ない!
  魔王  我々は突然この世界に生まれたわけだ。なぜか。暗黒の世界を目指す魔
      王と魔王軍を殲滅せんとする勇者と戦うためだ。
ドクター  つまり、俺達を倒しに来る勇者と戦うために生まれてきたと。
  魔王  そうだ。
 ダーク  では、その勇者をやっつけてしまえば、大団円ですな。
ドクター  だな。
  魔王  違う! 馬鹿者!
ドクター  え?
  魔王  我々が勇者に勝ってはいかん。その瞬間、ゲームオーバー。この世は終
      わりだ。
 ダーク  勝ってはいけない…のでありますか?
  魔王  その通り。
 ダーク  では、我らの真の存在意義とは?
  魔王  うむ。我々は勇者に倒されるためにある。
ダーク・ドクター  は?
  魔王  勇者に倒されて、世の中が平和に戻るために我々は存在する。
 ダーク  倒される。
ドクター  それは死ねってことスか?
  魔王  まあ、そうなるな。
ドクター  やだぁ〜っ!
 ダーク  もしや…我らはゲームのキャラクターというわけで?
  魔王  さすがはダーク、理解が早い。勇者がスムーズに進め、かつ、やりがい
      がある旅のお手伝い。つまり、プレイヤーが飽きることなく、ムカつい
      てキレることなく、安穏無事にゲームクリアまで導き通す。これが造物
      主より与えられた使命、プログラムだ。
 ダーク  知りませんでした。
ドクター  そんな運命が俺達に。
 ダーク  勇者が旅立ったということは、既に運命の歯車は回りだしたのですな。
  魔王  そういうことだ。勇者を安全に、いや、やや危機感をあおりつつエスコ
      ートせねば。ミラージュ、勇者は今どうしているのだ?
ミラージュ レベル1、HP5、装備「おたま」「布の服」「なべのふた」。フィールド
      散策。
ドクター  ただのわんぱく小僧じゃねぇか。
  魔王  ミラージュ、こういう時のための諜報部隊だ。様子を見て来い。
ミラージュ 御意。

      ミラージュ、中央口よりスッと消える。

ドクター  なんかえらいことになっちったな。戦わなくてはならない、でも勝って
      はいけない、なんて。
  魔王  まずは勇者がレベルを上げてくれんとどうにもならん。
 ダーク  適当に戦って、やられたふりをして、ゴールドを落として。
ドクター  めんどくせえ〜っ!
  魔王  なんだと。
ドクター  あ、いや、頑張るにゃん。
 ダーク  魔王様。我らのレベルは、今の勇者とどれくらい差があるのですか?
  魔王  うむ。まずダーク。
 ダーク  はっ。
  魔王  お前はレベル200といったところか。さすがは魔王軍の将軍だ。
 ダーク  ありがたき御言葉。
  魔王  で、ドクター。
ドクター  はいな。
  魔王  お前はレベル150だ。
ドクター  え〜っ、おっさんとそんなに差があるんスか?
 ダーク  おっさんとはなんだ!
  魔王  かわりに色々な魔法を使えるのがお前の売りだろうが。
ドクター  え、俺、魔法使えるんスか?
  魔王  お前の頭は空っぽか? そうプログラムされているはずだ。
ドクター  (ダークに向かって)…ギラ。

      ズバンッという衝撃音と閃光。よろめくダーク。

ドクター  お〜、本当だ。

      ダーク、すかさずドクターの首を絞める。

 ダーク  貴様、一度三途の川を見てきたいらしいな。
ドクター  ご、ごべんばざい…ぢょっとじだイダズラで…。
 ダーク  (放す)まったく。
ドクター  げほげほっ…ゴリラ将軍。
 ダーク  なにか言ったか?
ドクター  い〜え、な〜んも。
 ダーク  ところで魔王様、ミラージュは?
  魔王  あ、おほん、それがよく分からない奴でな。強いのは確かなんだが、得
      体が知れんのだ。
ドクター  マスク付けて気持ち悪いんだよな。あんま喋らないし暗いし。
 ダーク  変な所からスッと出てくるし。
  魔王  お、おい。ミラージュは――
ミラージュ 魔王様。

      ミラージュ、中央口よりスッと出てくる。

  皆   わああぁっ!
ミラージュ 如何?
  魔王  いや、どうだった?
ミラージュ スライム、草原、日光浴。突然、どっかのガキ、おたまで襲撃。
      スライム反撃、勇者瀕死。
  魔王  遅かったか。

ナレーション「 ぱらっぱらっぱっぱ〜。勇者はレベルが1あがった。
        かしこさが1あがった。 」

  魔王  先が思いやられるな。
  皆   はあぁ〜っ。

      暗転。



「 レベル6 」

      座席には魔王、ダーク、ドクター。

ナレーション「 ぱらっぱらっぱっぱ〜。勇者はレベルが6になった。
        ちからが1あがった。すばやさが28あがった。 」

ドクター  コイツ、すばやさの上がり方が異常だぞ。
 ダーク  逃げてばかりいるからな。
ミラージュ 魔王様。

      ミラージュ、例のごとく中央口よりスッと出る。

  魔王  おわっ。
ミラージュ 報告。
  魔王  なんだ。
ミラージュ 勇者、参上。
ドクター  どこに?
ミラージュ 此処。
  魔王  なにっ?
 ダーク  なぜだ? 勇者は今やっとレベル6であろう?
ミラージュ ルンルン村からこの魔王城まで、何の障害も無くスタスタと。
  魔王  敵キャラは?
 ダーク  自分はちゃんと魔王軍に「勇者には決して勝つな」と伝えましたぞ。
ドクター  そんな命令だったから、みんな面倒くさがって戦わなかったんだよ。適
      当に戦って、経験値と金を与えるのが役目だろ。
ミラージュ 如何。
  魔王  ふむ。
 ダーク  よくよく考えれば、ダンジョンとか行く手を塞ぐイベントとか、何も用
      意しておりませんでしたな。
  魔王  それくらいは造物主が用意して下さっているかと思っていた。
ドクター  そんなのも俺らがやらなきゃいけないんスか。とことんプログラム不足
      だな、このゲーム。
  魔王  とりあえず勇者をスタート地点まで戻すとしよう。
 ダーク  どうやってでありますか?
  魔王  そりゃ、アレするしかないだろ。
 ダーク  RPGによくあるアレですな。
ドクター  早めにボス級の敵と出会わせて、コテンパンにのしちゃう、アレか。
 ダーク  うむ、自分の力がまだまだ足りないことを自覚させるのだ。
  魔王  問題は誰がその役をやるかだが。
ドクター  行け、ダーク。
 ダーク  貴様が行け。
  魔王  簡単だろ、なにしろレベル6なんだ。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム