(くら)
初演日:0/0 作者:玄崎 尭
「蔵(くら)」   作 玄崎 尭(げんざき ぎょう)

登場人物
・俺
・友人

舞台
・友人のおじさんちの蔵の中

        1場
   
        真夜中。犬の遠吠え。
        明かりつく。薄暗い蔵の中に、2人の男の姿が浮かぶ。

俺    …なあ、本当にこんなところにお宝なんかあるのかよ。

友人   大丈夫だって。富義(とみよし)おじさん、この蔵に結構骨董品
    貯め込んでんだよ。

俺    でもどうせアレじゃねぇの?「出張お宝鑑定」で「ジャカジャン、500円!」
    てなやつばっかりとかさ。

友人   結構見てるなお前。ところがそうじゃないんだな。富義おじさん骨董マニア
    なんだけど、滅多やたらと人に見せたりはしないんだよ。

俺    え?ああいうのって、ウチの家宝だとか言って見せびらかすのが楽しいん
    じゃなくて?

友人   いや、それがさ。おじさん「人に見せたら目アカがつく」って言って
    じっくり1人だけで楽しむんだよ。よほどこだわりがあるんだな。

俺    ってことは…?

友人   二つに一つさ。おじさんの骨董品を見る目が並外れているか。
    もしくは、並外れて劣っているか。

俺    バクチだな。

友人   バクチならこの際だ、でかい方がいいだろ?面白くてさ。
    わくわくするな。なぁするだろ?

俺    するけど、…つくづくコレ俺達がやろうとしてるの、明らかに泥棒だよな。

友人   今更何言ってんだよ。もうこんな蔵の中に黙って潜り込んだ時点で遅いだろ。

俺    そうだけどな。

友人   だいたい価値ある品をおじさん1人だけで眺めるって、本人は楽しいかも
    しれないけど俺は我慢出来ないね。やはりその…、誰もが認める付加価値が
    つかないと。

俺    早い話がカネだろ。

友人   そうだねカネだね!カネ以外に何があろうか、いやない!!

俺    静かにしろよ、誰か来たらどうすんだ。

友人   OK、OK。よし段取りをおさらいしよう。
    この蔵の中で目ぼしい物を見つくろって運び出す。

俺    運び出したら知り合いの鑑定士のところまで持っていく。

友人   お宝だったら即換金!!ほら、やっぱりカネだろ。

俺    まあ、カネだな。

友人   そうだろカネだよ…。

二人   ……、ぐへへへへへ(汚らしい笑みを浮かべる)。

友人   よっしゃ手分けするぞ。あ、くれぐれも言っとくけど、
    ネコババするなよ〜?

俺    わかってるけど、俺達が言っていいことじゃねえな。

友人   まぁね!

        と二人、手分けして蔵の中を物色し始める。

友人   足元気をつけろよ〜。

俺    おお。…、あ、やっと目が慣れてきた。

        と、薄暗いのが少し明るくなる。
        やがて俺、目の前に布をかぶせて隠してある何かに気づく。

俺    なんだコレ…?

        と俺、布を少しめくって見てみる(観客からは見えない)。

俺    …、コレはないな…。

        と、再び物色し始める。

俺    (探しながら)しっかし古くてでかい蔵だな。相当昔からあるんじゃないか?

友人   (同じく探しながら)ああ、なんでもおじさんいわく、源義経がいた頃から
    この村はすでにあったっていうから…、八百年…。

俺    八百年!?

友人   いや、さすがにこの蔵はもっと後だろうけど。

俺    へぇ…。

友人   まあ、この蔵に使ってる石自体は、平安時代にはもう仏像とか作るのにも
    使われてたっていうしな。

俺    詳しいな。

友人   全部おじさんの受け売りだよ。

俺    歴史があるんだな。この古い古い蔵の中、昔の人は暮らしの中で
    どんな使い方をしてたんだろう。

友人   お、昔に思い馳せちゃってます?

俺    悪いかよ。

友人   いいじゃないの、ロマンがあって。そうだな、きっと…、うん、
    エロいことしてたな。

俺    いきなりかよ、ひどいな。

友人   だってこんな薄暗くて人気(ひとけ)のないところだぞ、絶対やること
    やってるって。

俺    やめろ生々しい。あ、お前ロマンって日活ロマンの方だな?

友人   (ニヤリとし)ここでお医者さんごっことかしてな。

俺    それ昔じゃねえだろ。

友人   (若本規夫っぽく ※1)どぅれ、どこら辺が悪いのかぁ、見せてもらおぅ
    かぁ!!

俺    あからさまだな。

友人   (規夫のまま)フン、フン…、(腹のポケットをまさぐる動きをして)
    ほれぇ、お医者さんカバンンン〜〜!!

俺    未来じゃねえか!つーかそんなドラえもん嫌過ぎだろ。

友人   じゃあな、(いきなり気だるい女っぽく)ねぇん、足のぉ、指と指の間でぇ、
    触ると一番気持ちいいとこってぇ、どこか知ってるぅ…?

俺    知るか。

友人   (気だるい女のまま)ここぉ…、(と腰を下ろして前に向け開脚、股間に自分の
    手をやり)左足の親指とぉ、右足の親指の、あ・い・だ。

俺    ……。

友人   (態度を急変させ股をおっ広げたまま)ほら、ほら、お、お、俺のお宝を
    鑑定してくれ!!なぁ、なあ!!

        俺、友人をひっぱたく。
        我に返る友人。

俺    バレるから。声大きいから。

友人   …うん。

俺    お前、テンションが修学旅行の晩の男子になってるぞ。

友人   うん、なってる。

俺    悪ノリし過ぎ。

友人   うん、ちょっと思った。

俺    もっと思え。あと何か言うことは?

友人   ゴメンなさい。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム