モラトリアムの贖罪

(もらとりあむ の しょくざい)
初演日:0/0 作者:なつみ(ダブルクラブ)
初演会場
初演劇団ダブルクラブ
キャスト総数6(男:2 女:4 その他:-)
上演時間50分
あらすじ 誰にも気付かれない少女、岬。
主人公、修平には彼女が見えている。
彼女は確かにそこにいる、だが彼女は誰にも気付かれない。
修平と岬は人と付き合うのが苦手な人種である。二人が惹かれ合うのは必然であった。

修平の友人たちは実は修平の妄想であった。
誰からも気づかれないのは岬ではなく、修平の方だった。
人の中で人間関係を築く術を備える時期に、人間から逃避した人間の末路。
それは、“モラトリアムの贖罪”である。
彼の懺悔が今始まる。
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他 「persona」があまりに丸投げで、不評だったので一応の完結編です。
方向性とメッセージが変わったことにより、タイトルも変更し、別の作品として扱っています。
ラスト以外全く同じです。加筆により、だいぶわかりやすくなりました。
personaの解釈の一つ。可能性の一つ。
上演される方は連絡下さい。
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー 0000000000000000000000000 (50)
感動巨編 1111111111 (20)
お笑い (0)
ミュージカル (0)
サスペンス 444444444444444 (30)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス (0)
(2017/1/31 09:04:14現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム