まちがいだらけの手紙

(まちがいだらけのてがみ)
初演日:0/0 作者:岡田ゆき
   間違いだらけの手紙       

■登場人物■
・青葉………美術専門学校卒業の少女。勘当され、1人ぼっちで生活をしている。
・郵便局員…青年。自分を郵便局員と名乗り、閉鎖された青葉の生活に踏み込む。
・彰…………駆け出しの小説家。青葉の実の兄。
・春香………彰の担当を勤める。彰とは同い年。
・中井聖子…月野亜樹の小説を愛する高校生。



         薄暗い空間に4人の人間が手紙を持って彷徨っている
         中心にはイーゼルがあり、その前に耳を塞いだ青葉がいる

彰    拝啓。
中井聖子 謹啓。
春香   前略。
郵便局員 敬具。
彰    草々。
中井聖子 かしこ。
青葉   聞きたくない。何もかも。
郵便局員 耳を澄ましてごらん。たくさんの言葉が溢れている。
青葉   だからよ!

        青葉が彰の手紙を奪い、破り捨てる

中井聖子 私は自分で自分を閉ざした。
青葉   3年前、桜が咲き誇り始めた季節に、私はここへ来た。全てを捨てて。
青以外全 けれども、あなたの言葉を待っている人がいる。

        青葉以外が一斉に散る
        中井聖子が青葉と背中合わせで存在している
        その中で郵便局員が青葉に何か語りかける
        青葉が郵便局意に近づこうとするがその一歩が踏み出せない
        彰、春香、中井聖子が去る
        郵便局員も去る
        明るい夏の日差し
        イーゼルと向かい合わせで座っている青葉
        イーゼルには空想の絵が置かれていた
        そこへ郵便局員がやってくる
        何かを探しているようだが見つからない

郵便局員 月野さん、郵便です。

        青葉が声に気がつく

青葉   はい。
郵便局員 月野さんですね。今日の郵便です。(青葉に手紙を渡す)
青葉   (手紙を受け取る)どうも。
郵便局員 あの、郵便受けはどこにあるんですか?ちょっと見当たらなくて。
青葉   ありません。
郵便局員 ありません?
青葉   はい。
郵便局員 新聞とかもいつも手渡しで受け取っているんですか?
青葉   新聞をとっていません。
郵便局員 公共料金とか請求来ないんですか?
青葉   口座振替にしてますから。
郵便局員 へぇ。今まで手紙ってどうしていたんです?その都度手で受け取っていたんですか?
青葉   いえ、今まで手紙なんて来なかったんです。この3年間。
郵便局員 3年ぶりの手紙?
青葉   じゃ、これで(郵便局員と別れようとする)
郵便局員 誰からの手紙ですか?3年ぶりにもらう手紙なんてよほど特別な想いが詰まっていま
     すよ。
青葉   え?
郵便局員 3年っていったらそれは長い年月です。あと1年でオリンピックが開けちゃうんです
     から。
青葉   は?
郵便局員 そういえば、中から変な臭いがするけど…
青葉   それは油…
郵便局員 油?
青葉   道草食っていないで仕事に戻った方がいいんじゃないんですか。
郵便局員 平気平気。ここへの配達が最後だったから。俺は単なるアルバイトだし。それに、そ
     の手紙がどうしても気になるんです。開けてください。
青葉   …あんた、変質者ね。
郵便局員 へ?
青葉   どうもさっきからしつこいと思ったのよ。でも私を騙そうなんて思わないで。襲った
     りしたら訴えて勝ってやるわ。
郵便局員 俺は変態じゃないですよ!純粋に(手紙を指差して)気になるんですって!
青葉   どこを指しているのよ、変態。あんたもしかして胸フェチ!?
郵便局員 手紙ですよ、手紙!
青葉   手紙…?あぁ、この手紙、ドアを開けて私を誘い込むためのフェイクだったのね!
郵便局員 フェイクではありません!疑うのなら中身を見てください。

         青葉が手紙の封を開ける

郵便局員 ね?おわかりいただけましたか?ボクは正真正銘の、手紙をお届けする郵便局員だっ
     てことを。
青葉   やっぱりフェイクなんじゃない!
郵便局員 どうしてそうなるんですか!
青葉   何を調べたのか知らないけれど、私は中井聖子なんて知り合いはいないし、私の名前
     も月野亜樹ではない!
郵便局員 そんな。でも宛て先がここの住所ですよ。ちょっと見せてください。
青葉   近づかないで!
郵便局員 わかりました。ではその場で読み上げてください。
青葉   どうして私が変態にそんなことをしなくちゃいけないのよ。
郵便局員 変態は取り消してください。本当に宛て先が間違えているのか、郵便局員として知る
     義務があります。
青葉   単なるアルバイトだって言っていたじゃない。
郵便局員 いいえ、郵便局員です。アルバイトだろうが派遣だろうが、郵便局員に変わりはあり
     ません。全ての手紙を送付者が本当に届けたい相手の元に届けるのが役目なのです。
青葉   はぁ。
郵便局員 きっとその手紙は今こう言っています。「あぁどうしましょう。私の行き着く場所が
     疑わしいって言われちゃっているわ。このままゴミ箱に捨てられちゃったり、誰の元
     にも届けられなかったりしたら…私、シュレッターだけは嫌。このキレイなお姉さん、
     私を元の場所に届けるお手伝いをしてくれないかしら。ねぇ、キレイなお姉さん」っ
     て。
青葉   変な人。
郵便局員 よく言われます。
青葉   私じゃわからないと思うわよ。本当の宛て先。
郵便局員 少しでもご協力をしてくださると有り難いです。宛て先は紛れもなくここなのですか
     ら。
青葉   …わかった。力になれなくてもさっさと帰ってね。
郵便局員 了解です。外は暑いので中で涼みながらじっくり仕事をさせていただきます。
青葉   ちゃっかりしているのね。
郵便局員 てへ。

         郵便局員が部屋に入る
         すぐにイーゼルのキャンバスに目をやる

郵便局員 この臭い、油絵だったんですね。
青葉   勝手にじろじろ人の部屋見ないでよ。追い出すわよ。
郵便局員 失礼しました。では、内容をお願いします。
青葉   「拝啓、月野亜樹先生
 
         別の場所に中井聖子がいる

中井聖子 蝉の鳴き声が日に日に弱まっていく夏の儚き終わりを迎えようとしています。
青葉   こんな手紙の書き出しってある?まるで夏の終わりが蝉の死骸で迎えるってことじゃ
     ない。
郵便局員 いいから、続けて。
中井聖子 先日、先生の小説『your letter』を拝見しました。主人公の気持ちに共感し、最後
     に涙が自然と垂れてきました。私は先生の作品の中で一番、『your letter』が好き
     です。
郵便局員 ファンレターだったのか。
青葉   これでわかったでしょ。これは私宛の手紙じゃないって。
郵便局員 それだったら出版社名を書くはずなのにな…最後まで読んでください。
青葉   もう…。
中井聖子 いつも、心に何か残してくれる小説を書いてくれてありがとうございます。これから
     もお仕事頑張ってください。今の私には、先生の小説が唯一の生きがいなのです。中
     井聖子。

         中井聖子が去る

青葉   かっこ17。
郵便局員 セブンティーン。いい響きだ。おそらく高校生ですね。
青葉   これで、返送してもらえるわよね。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム