君の名は・・海より深き・・

(きみのなは)
初演日:0/0 作者:結城 翼
「君の名は・・海より深き・・」  作 結城翼
        
★登場人物

今城千尋・・・
今城千晶・・・
鎌田惣一郎・・
山崎静佳・・・
八千代・・・・
山城信子・・・
沖田慎一・・・




Ⅰプロローグ

        昭和43年10月21日。のテロップ。
        ヘリコプターの音。アジ演説。騒然とした雰囲気。日大闘争や東大闘争などの学園闘争。
        あるいは当時の機動隊と学生の市街戦、街頭闘争のシーンの実況映像。実況映像。
        クロスして、「戦争は知らない」
        大きくなる。
        溶明。
        音楽静かになっていく。
        結婚式の控え室。父の遺影が置かれている。
        千尋がウェディングドレスで座っている。
        あわただしく駆け込んでくる信子。

信子 :ああ、いたいた、よかった。ねえ、あなた、持ってるわよね。
千尋 :え?
信子 :指輪よ、指輪!交換するやつ。
千尋 :ええ、用意してますけど。
信子 :ああ、よかった。いやね、こちらで用意してなきゃいけないんだけど、主任に確認してくれって言われてさ。うるさいんだわ、あの禿頭。
千尋 :母がどうしてもっていうから。
信子 :そうなのよね。お父様の形見のっていうからさ、いやね、なんだか感動しちゃってさあ、あたし。いいよね、お父さんがこれだけはって渡してくれたんだって。親子二代だよねえ。うーん。いいなあ。
千尋 :あの。
信子 :なんだかさあ、人ごとって思えなくって。あたしもさあ、ちょっとまちがったらさあ、あやうくうまれなかったとこよね。いやね、満州なのよね、あたしんちは。やばかったのよね、戦局。ガダルカナル落ちちゃった後でしょ。戦地へ赴くまえに思いを遂げる一夜のちぎり?それなのよねー。もう、大変だったんだって。でもさあ、お父さんたち何思ってたかなあ。これが今生の別れっていうのかなあ、なんせ、どうなんのかわからなかったものね。もえあがるよねー。愛した人と再び会えるかどうか分からない。もしかしたら、これでおしまい?がんばったんだろうなあ。
千尋 :あのう。
信子 :あはは、ごめん。変なこと言って。
千尋 :いいえ。
信子 :でも、いいよね。
千尋 :え?何がです。
信子 :愛の結晶が、今ね。・・お父さん本望だろうね。
千尋 :・・。
信子 :いいなあ。あたしなんか、こんなとこ勤めてるけど、さっぱりだもんね。ねえねえ、彼、どう。
千尋 :え、どうといわれても。
信子 :いやあ、なんかね、あなたのこと他人と思えないのよね。そうかあ。ウェディングドレスと事務服。なんか差がついちゃうなあ。
千尋 :いい人いないんですか。
信子 :全然。さっぱりなのよ、世界狭いのよね、こんなとこ。毎日、指加えて見送ってるだけ。そっかあ。・・いいよね。
千尋 :指輪が何か。
信子 :そうそう。ごめんねくだらないこと言って。指輪あればいいのよ。確認してくれって言われただけだから。
千尋 :今、いるんですか。
信子 :ううん、挙式の時。・・・ねえ、いい。
千尋 :何です。
信子 :ちょっと見せてくれない。あ、だめならいいのよ。失礼なことだってことわかってるから。
千尋 :別にいいですよ。そこの箱に。
信子 :あ、これ。かまわない?
千尋 :いいですよ。
信子 :そう。・・ごめんね。ちょっと。

        信子、箱を取る。

信子 :いい?

        頷く、千尋。
        そっとあける信子。
        指輪を見る。
        間。

信子 :・・これでお嫁にいくんだよね。
千尋 :・・はい。
信子 :結婚指輪か。

        間。

信子 :・・・ありがとう。

        箱をしめる。

千尋 :実感わかないんですけどね。
信子 :・・たぶんだれでもそうだよ。・・ありがとう。
千尋 :お礼言われるほどじゃ・・えっと。
信子 :信子よ。山城信子。アルバイトだけどね。楽だし、割いいから。おもしろいしね。いろいろあるし。・・さてと。

        と、戻そうとする。

千尋 :・・信子さん。
信子 :何。

        振り返る。
        間。

信子 :・・いいなさいよ。

        間。

信子 :何か言いたいことあるんでしょ。
千尋 :・・ちょっと・・不安なんです。
信子 :そう。

        間。
        不審そうな千尋。

信子 :みんなそうだよ。
千尋 :え?
信子 :マリッジブルーって言うんだって。不安なんだよね、みんな。だって、環境から何からがらっと変わるんだもの。大丈夫。ここまで来たら、度胸決めるんだね。相手信頼して。大丈夫だって、みんな式終わったら顔崩れてるから。もう見てられないぐらい。
千尋 :そうでしょうか。
信子 :そうよ。
千尋 :少し気が楽になりました。だれにもいえないから。
信子 :あたしみたいな者に言ったほうが楽だしね。
千尋 :そんなつもりじゃ。
信子 :いいって。こいつもサービスのうちよ。

        千尋、かすかに笑う。

信子 :こいつは、戻しとくよ。大事にね。
千尋 :はい。

        山城さんと呼ぶ声。

信子 :はーい。・・ごめんね、変なことお願いして。
千尋 :いいえ、ぜんぜん。こちらこそ。

        信子、去ろうとする。

千尋 :あの。
信子 :何。
千尋 :いい人見つかりますよ。
信子 :ありがと。・・がんばってサービスするからね。
千尋 :ありがとうございます。
信子 :いいお嫁さんになるよ、あんた。
千尋 :ならいいですけどね。
信子 :大丈夫。・・ありがと。

        黙礼する千尋。
        外がやかましい。アジ演説と騒音。
        千尋がけげんそう。

信子 :全学連の学生よ。今日はなんとか闘争だって。ほら、今日くるとき、ヘルメットかぶった学生たちいたでしょ。
千尋 :駅で何人か。
信子 :迷惑だよね。火炎瓶投げたり、機動隊と衝突したりしてさ。町中で戦争やるのやめてもらいたいわね。
千尋 :どうするつもりなんでしょうね。
信子 :さあね、安保反対だとか叫んでるけど何言ってるか全然分かりゃしないわ。口から泡吹いてしゃべってるようなものよ。せっかくの日だって言うのに、迷惑だよね。
千尋 :私は別に、関係ないから。
信子 :そりゃそうだ。花嫁がウエディングドレスにゲバ棒持って火炎瓶投げてりゃ世話ないものね。荒れなきゃいいけど。じゃあとで。

        去る。

Ⅱ母と娘

        いれかわりに母が会釈しながら入ってくる。
        母はじっと見つめて。

千尋 :何。

        ちょっと冷たい。

千晶 :きれいね。
千尋 :ありがとう。
千晶 :ちょっと、ここ。

        と、衣装を直す。

千尋 :おかしい?
千晶 :うん、少しね。まずったかな。
千尋 :いいよ。
千晶 :手作りでごめんね。
千尋 :ううん。
千晶 :もうちょっと生地が上等なのを選ぼうと思ったんだけど。
千尋 :十分よ。これで。
千晶 :そういってくれるとうれしいわ。
千尋 :縫ってもらえるなんて思っても見なかった。
千晶 :昔は、みんなそうだったんだけどね。
千尋 :どうしてるの、今。
千晶 :別に、それなりにね。あんたは。
千尋 :それなりにやってるわ。
千晶 :そう。不便なことない?
千尋 :別に。
千晶 :そう。

        間。
        ちょっとため息。

千晶 :じゃ、あとで。

        かぶせるように。

千尋 :お母さんもそうだったんでしょ。
千晶 :何が。
千尋 :ウェディングドレス。
千晶 :ドレスが何。
千尋 :ぬってたといつか言ってた。
千晶 :そうだっけ。
千尋 :うん。

        間。

千晶 :縫ってあることは縫ってあるのよ。
千尋 :見たこと無い。
千晶 :だって、着ることなかったしね。
千尋 :見たかったな。

        間。

千晶 :・・今もあるのよ。
千尋 :え、だって。
千晶 :タンスの底の底。あなたには見せたことないわね。
千尋 :うん。
千晶 :これと似たようなものだけど。
千尋 :え、ウェディング。あのころに。
千晶 :戦争がひどくなる前に作ってくれたの。お父さんと婚約した頃。それでも、ずいぶん非国民よね。

        笑う。

千尋 :非国民かぁ。
千晶 :ほしがりません勝つまではの時代だから。
千尋 :大胆よね、お母さん。いつも。
千晶 :そうよ。戦争なんかに負けてちゃ、女やってけないもの。
千尋 :強いなあ。
千晶 :その血引いてるからね、あなたも。
千尋 :ならいいけど。
千晶 :引いてるわ。

        間。

千晶 :・・結局、そのままよね。ドレスは。お父さんは学徒出陣で死んじゃったし。式あげることもできなかった。

        間。

千尋 :見てみたいなあ。
千晶 :ウェディングドレス?
千尋 :・・お母さんの花嫁姿。

        笑う。

千晶 :むりよ。お母さん再婚するつもりないから。あら、再婚ってのは結婚してなきゃできないか。
千尋 :ウェディングドレスだけでもいいよ。
千晶 :じゃ、今度。でも、これはそれをモデルにしたのよ。
千尋 :そうなの。
千晶 :ちょっと苦労したけどね。あまり上手じゃないから。
千尋 :ちょっとほつれてたり。
千晶 :こら。
千尋 :ふふっ。

        笑いはぎこちなく止まる。

千晶 :誠さんは。
千尋 :さっきまでいたけど、友達に。
千晶 :どんなようす。
千尋 :ちょっとにやけてるかな。
千晶 :いい人で良かったわ。
千尋 :あんなに反対してたくせに。       
千晶 :それはまあね、頼りなさそうだから。
千尋 :お父さんに比べて。
千晶 :そりゃ、惣一郎さんに比べりゃ。
千尋 :変わらないね。
千晶 :何が。
千尋 :お父さん自慢。
千晶 :あなたのお父さんだもの。

        間。

千尋 :私、いい娘じゃないよ。
千晶 :いいえ、自慢だったよ、お母さんは。あのほら、小学三年の時の図画だって。
千尋 :やめて。

        間。

千尋 :嫌いなの知ってるでしょ、お母さんのそんなとこ。今日は、やめて。
千晶 :もう、言わないよ。・・じゃ、支度あるから。

        去ろうとする。

千尋 :お父さんてどんな人だったの。
千晶 :お父さん?
千尋 :そう。

        立ち止まる。
        遺影のところへ。

千晶 :頑固な人でね、言い出したら聞かないの。
千尋 :お母さんもそうじゃない。私が家出るって言ったら。
千晶 :あんたには負けるけどね。

        笑う。
        千尋も少し。

千尋 :遺伝よ。頑固は。
千晶 :そうね。それで大変だったのよ。デートなんてそのころ下手にできゃしないし。
千尋 :どうして。
千晶 :だって、若い男と女が一緒に歩いてるだけで、おいこら、この非常時になんたる軟弱なことをしておるのか。ちょっと来いよ。
千尋 :嘘。
千晶 :まあ、それはオーバーだけど、似たようなもの。
千尋 :じゃ、お父さんとは。
千晶 :そうね、公園一緒に散歩したりするぐらい。だって、状況が状況だから。
千尋 :戦争?
千晶 :そりゃ、デートしようと思えば、場所あるにはあったけど、若い男女がうっかり変なとこはいるとね。今とは大違い。
千尋 :おもしろかったの、それで。
千晶 :ちょっと物足りなかったな。あ、でも、ボート乗ったか。一度。
千尋 :そのころあったの。
千晶 :まあね。これが大変よ。お父さん恥ずかしがって。私は乗りたいと言ったんだけど。
千尋 :言い出したら聞かないものね。
千晶 :延々1時間ボート乗り場で、乗るだののらないだのですったもんだ。
千尋 :あきれた。
千晶 :結局、お父さんが折れて。
千尋 :まあそうでしょうね。
千晶 :こら。・・で、乗ったんだけど。お父さん下手でね。
千尋 :ぐるぐる回ったんじゃないそこらあたり。
千晶 :まわりゃいいわ。
千尋 :どうしたの。
千晶 :一人、男の人が乗ってたのよ。それにめがけて突進。
千尋 :あらら。
千晶 :ドボーンね、三人とも。いやあ、怒られた、怒られた。
千尋 :笑い事じゃないわね。
千晶 :帰り、2人でくしゃみしながら帰ったけど。お父さんずっと怒りっぱなし。口聞かないのよ。しゃくだから、私も口聞かなかった。
千尋 :デート、めちゃくちゃじゃない。
千晶 :まあね。帰り際、ごめんと一言。あとさっさと自分一人でかえっちゃった。肩まだ怒ってるの。笑うわね。でもなんだか、かわいそうになって。ありがとうって声かけたら。お父さん、振り返って、にっこりしたの。・・忘れられないわね。
千尋 :ごちそうさまでした。
千晶 :何言ってるの。親、冷やかすものじゃないわ。
千尋 :ひやかしてないよ。素直に感動しただけ。
千晶 :まったく、あんたはああいえばこういう。
千尋 :お母さんのおかげよ。

        微妙な間と表情。

千晶 :一週間後出征したわ。だからかな忘れられないの・・。平凡なものね。
千尋 :いい話ね。
千晶 :お父さんとは結局それが最後。手紙が一通二三日後来ただけ。あとは・・。
千尋 :戦死するまで?
千晶 :そう。
千尋 :その手紙は。
千晶 :あるわ。
千尋 :見たことない。
千晶 :お母さんの宝物よ。
千尋 :見てみたい。私も見ていいでしょ。

        間。

千晶 :持ってきてるわ。読まそうと思って。
千尋 :昨日見せてくれればいいのに。
千晶 :今日がいいのよ。読めばわかる。
千尋 :読ませて。
千晶 :そうね。待ってて。

        と、でていこうとする。

千尋 :お母さん。
千晶 :何。
千尋 :ありがとう。
千晶 :何が。
千尋 :いろいろと。お父さんの話も。
千晶 :いつか話そうと思ってたけどね。なんか、話す気になれなかったし。でも、明日からはあなたはよその家の人だから。話しておくのもいいかと。
千尋 :明日からどうするの一人で。
千晶 :前から一人でしょ。
千尋 :ごめんなさい。
千晶 :いいのよ。悪かったわ、家出てったのあなたのせいじゃないのに。
千尋 :・・・。
千晶 :さあ、どうしようかな。千尋がいなくなってせいせいしてるし。一人暮らしはなれたし。
千尋 :・・・。
千晶 :うるさかったものねあなたは。
千尋 :悪うございました。
千晶 :でもやっぱりちょっと寂しくなるかなあ。

        間。

千晶 :あ、お父さんの手紙ね。ちょっと待って。

        と、でていく。

千尋 :私もちょっと寂しいよ。

        と、ぼそっと。

千尋 :ま、お母さんは、お父さんが一緒にいるからいいよね。

        と、遺影に。

Ⅲ 真一

        あ、ちょっとまってという信子の声。
        真一がヘルメット、タオル、軍手、ヤッケの全学連姿で駆け込んでくる。
        驚く千尋。
        血走って、あわてている真一。千尋に気づき。

真一 :ごめん、ちょっと。

        そのまま、外をうかがう。

千尋 :どうしたの。
真一 :静かに!

        剣幕がすごい。
        信子の声。

信子 :千尋さん、逃げ込んでこなかった。全学連。
千尋 :いいえ、だれも。
信子 :そう。ならいいけど。警察におわれてだれか逃げ込んだの。危ないから気をつけて。
千尋 :はい。

        間。

真一 :言わないの。
千尋 :どうして。
真一 :だって。
千尋 :結婚式だもの。

        初めて気づいた様子で。

真一 :あ、そうか。ここは。・・くそっ。間違った。
千尋 :どこへ行くつもり。
真一 :どこだっていいだろ。すぐで行くよ。機動隊が引き上げたら。

        外を見て。

千尋 :何をしたの。
真一 :何もしないよ。奴らとちょっとやりやっただけ。
千尋 :火炎瓶なんか投げたの。
真一 :火炎瓶?せいぜい投石ぐらい。・・・あれ。
千尋 :何。
真一 :お前、千尋じゃない。
千尋 :え?
真一 :真一だよ、おれ。ほら、小学校で。
千尋 :真一・・君?
真一 :そう。真一。
千尋 :ほんとだ。え、何してるの。全学連?
真一 :違う。セクトにゃ入ってないよ。ノンセクト。
千尋 :え?ノン・・。
真一 :ノンセクト。どこにも所属してない。・・わからない?
千尋 :うん。
真一 :ちぇっ。
千尋 :それが何で。
真一 :相変わらず世間知らずだなあ。今、どうなってるか分かってるの。
千尋 :何が。
真一 :何がじゃないよ。安保だよ、安保。70年安保目前だろが。日本帝国主義とアメリカ帝国主義がさあ。
千尋 :私、あんまり関係ないから。
真一 :まったく、意識無いなあ。昔からだけど。
千尋 :逃げてるの。
真一 :まあね、突破しようとしたけど。機動隊の奴ら放水するし、催涙弾水平撃ちするし、仲間が三人、顔やられて重傷。おれもようやく逃げて・・。
千尋 :危ないことしてるのね。
真一 :・・それほどでもないけど。・・・お前、結婚するんか。
千尋 :そうよ。
真一 :そうか。はやいなあ。
千尋 :そう。
真一 :早いよ。いちばん早いんじゃない、同級で。
千尋 :知らない。あまり、関係ないから。
真一 :そうか。お前、早くから就職したもんなあ。どうしてた。
千尋 :小さな会社の事務員よ。
真一 :へー、地道な暮らしというわけだ。お相手は。
千尋 :取引先の人。
真一 :絵に描いたような平凡さだな。
千尋 :悪かったわね。好きだもの。
真一 :まあ、そりゃそうだろうけど。

        間。

真一 :悪かったな、出ていくよ。

        行こうとする。

千尋 :待って。
真一 :何。
千尋 :警察におわれてんじゃないの。
真一 :そうだけど。
千尋 :今出てっては危ないんでしょ。
真一 :うーん、かなり。
千尋 :いていいよ。
真一 :え?いいの。
千尋 :うん。同級のよしみ。ここ結婚式場だし、だれもこないよ警察。
真一 :ごめん。勝手に押し掛けたのに。
千尋 :いいよ。
真一 :お前、ほんとに人いいな。
千尋 :え?
真一 :そんなんじゃ、将来やばいよ。裏切られて泣くことになるぜ。
千尋 :別にいいもの。裏切るよりは。
真一 :・・。
千尋 :落ち着くまでいていいよ、まだしばらくだれも入ってこないし。
真一 :家族なんかは。
千尋 :お母さんはまだ帰ってこないし、後はだれも呼んでないし。というか、いないもの。
真一 :ずいぶん寂しい結婚式だよな。友達こないの。
千尋 :披露宴には少し、式にはだれも。
真一 :そっか・・。きれいだね。
千尋 :え?
真一 :いや、なんかいいよ、それ。
千尋 :そう、ありがとう。お母さんが縫ってくれたの。
真一 :ああ、あの細い人。
千尋 :失礼ね。
真一 :いや、その、清楚な人と言おうとしたの。
千尋 :ごまかして。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム