どぶ板を踏み抜いた天使

(どぶいたをふみぬいたてんし)
初演日:-1990/10 作者:森島永年
初演会場水戸南消防署前特設テント
初演劇団月虹舎
キャスト総数18(男:9 女:4 その他:5)
上演時間100分
あらすじ 手品師の松田が踏み切りの前で信号待ちしていると、バーをくぐって少女がとびこもうとした。しかし、彼は右手を痛めていて彼女を引き止めることができなかった。
のちに「月蝕歌劇団」へいった小松比古左が、学生時代にうちの劇団の芝居に出てくれることになったので書き下ろしたもの。
92年に「月虹舎」の川又久展主演で再演されている。
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他 上演記録
http://www.infonet.co.jp/apt/March/Gekkousya/Angel/index.html
再演の時にはフォークダンスに、20人近く出演してくれました。
そんなに明るい作品ではないですが
やるたびにキャストのファンがふえる作品です。
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー 0000000000 (20)
感動巨編 111111111111111111111111111111 (60)
お笑い (0)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー 8888888888 (20)
シリアス (0)
(2018/4/6 23:32:50現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム