幽霊退治、承ります。

(ゆうれいたいじ、うけたまわります。)
初演日:0/0 作者:柳の下のキノコ
『幽霊退治、承ります。』 柳の下のキノコ

 CAST
・水城[MIZUKI]:彫刻部女子部員。一年生。一番の常識人でツッコミ役。キレやすいお年頃。
・高峰[TAKAMINE]:彫刻部男子部員。二年生。基本無気力で少々アブナイ人。準ツッコミ役。
・古山[KOYAMA]:彫刻部女子部長。二年生。なんか変人。男口調。
・桜井[SAKURAI]:石田の彼女。一年生。バカップル。少しお馬鹿さん。
・石田[ISHIDA]:桜井の彼氏。一年生。地味っぽいがちょっと熱い奴。バカップル。ちなみに美術部。
・悪霊[AKURYOU](最後のみ):石田にとり憑いた霊。短気。



 シーン1:塩の香りは海からだけではなく汗かき親父からでも嗅ぎ取れる 

 幕開き。照明少し薄暗い。彫刻部部室、といっても机と椅子しかなく、窓には黒いカーテンがひいてある。

 高峰、机に足を乗っけて熟睡。そこに水城が入ってくる。

水城:「こんにちはー。って、また部室暗くして。高峰先輩、起きて下さい!」

 水城、カーテン開ける。全体照明。

高峰:「うわ、まぶし・・・おい水城、カーテン閉めろ」
水城:「駄目です。ただでさえ部活の未来は暗いのに、部室まで暗くしてどうするんですか。・・・ところで、部長は?」
高峰:「(不機嫌そうに)知んねェよ、あんな堅物女」
古山:「誰が堅物だ」

 古山、水城が来た側から登場。

水城:「あ、部長、こんにちは」
高峰:「お前が呼び出したくせに、遅刻すんなよな」
古山:「委員会があったんだから仕方ないだろ。とりあえず、水城さん、座って。高峰、足降ろして」

 水城と高峰、古山の指示に従う。古山も座る。

古山:「(咳払い)はい、では今から彫刻部緊急ミーティングを始めます。はい拍手〜」

 3人拍手。高峰はやる気がなさそうに。

古山:「今更だけど、ここは何部ですか?」
水城&高峰「彫刻部です」
古山:「そのとおり!ここは彫刻部。数年前、偉大なる初代彫刻部部長・井上さんが彫刻芸術のさらなる発展のため、美術部から独立して作り上げた偉大なる部だ。
   日々飽きることなく彫刻を創ることに努め、己の腕を磨いていく。なのに、何このありさまは!今年の新入部員は水城さん1人だし、上のその開いてる窓からゴミ
   投げられるし、高峰はなんかアレだし!」
高峰:「おい、アレってなんだよ?」
古山:「というわけで、新入部員の増加と彫刻部の繁栄のため、ある企画を提案します」
高峰:「おい、無視かよ」
水城:「ある企画ってなんですか?」
古山:「水城さん、よくぞ聞いてくれた!これを見よ!!」

 古山、持っていた用紙を広げる。そこには奇妙な絵とデカデカと書かれた[彫刻でリンボーダンス♪]という文字。

古山:「題して、[彫刻でリンボーダンス♪]その名の通り、彫刻を作りながらリンボーダンスをするという、今までにない画期的なパフォーマンスなのだ!!
   これで彫刻部の未来は明るい!どう?水城さん!」
水城:「え?あ、え〜っと・・独創的というか、なんというか・・・」
高峰:「馬鹿じゃねー?」
古山:「なんでだ!」
高峰:「馬鹿なモンは馬鹿としか言いようがねーよ。っつーか、なんだよこの絵。何、この汗だくでキモイ笑顔のジンメンカメムシは?」
古山:「ジンメンカメムシじゃない!これはリンボーダンスしながら彫刻作ってるお前だ!ジンメンカメムシに謝れェ!!」
高峰:「はぁ!?俺?ふざけんじゃねーぞ!!むしろお前が俺とジンメンカメムシに謝れェェェェ!!!」
古山:「なんで私が謝らなくちゃならないんだ!!」

 古山と高峰、掴みあいの喧嘩に。

水城:「ちょっと、落ち着いて下さい!しょーもないことで喧嘩しないで下さいよぉ」
高峰:「黙れ!お前は引っ込んでろ!!」
古山:「後輩は口出しするな!!」

 2人、水城を思いっ切り突き飛ばす。水城、無言で起き上がり、机を思いっきり叩く。

水城:「いい加減にしろやコルァァ!!!」

 2人、驚いて喧嘩を止める。

水城:「人が下手でいれば調子に乗りやがって、しょーもないことで喧嘩すんじゃねぇよ!!」
2人:「・・・・すみませんでした」
水城:「(咳払い)・・私も大声出してすみませんでした。でも部長、大体その企画で必要な経費、どっからだすつもりなんですか?」
古山:「そりゃまぁ、部費からだけど」
水城:「48円しかないのに、無理に決まってるしょう」
高峰:「48円?48円って、うまい棒とヤングドーナツ買ったら終わりじゃねーか!」
水城:「買うな!それと、」

 水城、隅っこにある塩3袋と彫刻刀を持ってきて、机の上に置く。

水城:「もうこの部には、この塩3袋と彫刻刀(2604円税込み)しかないんです!」
古山:「・・・そうだった」
高峰:「忘れてた・・・」
古山:「元はと言えば、お前が悪いんだ、高峰!部費を約半年滞納してる上、遊ぶ金欲しさに彫刻刀(2604円税込み)だけ残して、
   他の道具全部売るから!」
水城:「犯罪だってわかってるんですか?今先輩がここでこうしていられるのは私達がこのことを黙ってあげているからですよ」
高峰:「・・・すみませんでした」
水城:「(ため息)でも、どこであんなたくさんの道具売ってきたんですか?近所にリサイクルショップってありましたっけ」
高峰:「闇ネットオークションで」
水城:「エェェェェェェェ!!!?犯罪じゃん!犯罪に犯罪重ねてるよ!!」
古山:「見損なったぞ高峰!物を売るときはヤフオクにしろって、いつも言ってるだろ!」
水城:「そういう問題じゃないです!」
高峰:「闇のほうが元値の倍で売れるからいいんだよ。それに、部費が48円なのは古山、お前にも責任あんだろ!」
古山:「私?なんで」
高峰:「この塩!お前、俺が道具売った後、『塩でミロのビーナスを作って売る!これで部の未来は安泰だ!』って言って、
   結局放棄しちまったんじゃねぇか!これはそれの余りだろ」
水城:「確かに、塩で部費のほとんどは持ってかれましたね。部長、これだけあったら塩のプールできんじゃね?ってくらいの量の塩、買ってきましたし」
高峰:「結局部を安泰させるどころか、余計な出費作っただけだろ」
古山:「だって、思ったより難しかったんだもん、ミロ」
高峰:「『だもん』じゃねぇよ!人ばっか責めて、自分はOKってか?最低だな」
古山:「そんなこと言ってないだろ!」


 古山と高峰、殴り合いの喧嘩。水城、止めにいくが、さっきと似たような状況になり、キレる。

水城:「止めろや!部費は48円、彫刻を作るにも十分な道具は無い、あるのは塩のみ!!いくら喧嘩してもこの状況は変わらないし、
   暴れる分体力の無駄遣いだろーが!大人しくしろ!!」
2人:「・・・すみませんでした」

 水城、ため息。

高峰:「(声ひそめて)おい、あいつ、キレたら怖いな」
古山:「(↑と同じ)最近の子供はキレやすいからな。怖い怖い」
高峰:「(↑と同じ)・・・お前も子供だろ」

 3人、ため息や舌打ちをしながら、それぞれ椅子に座る。

古山:「・・とりあえず、少しずつ問題を解決していくしかないな。まず、部費の残高。これをなんとかしないと、新しい道具も買えない」
高峰:「その件なら、俺にいい案がある。道具がないのは俺のせいだしな」
水城:「どんな案なんですか?」
高峰:「とりあえずこの塩を売ってそれを部費にする。俺に任せろ、1袋5万で売ってやる」
水城:「ってそれ、闇オークションで売る気でしょ!駄目ですよ!」
古山:「そうだ、売るならヤフオクにしろってさっきも言っただろ!」
水城:「だからそういう問題じゃないからぁ!」
 
 3人もめる。そこへ、桜井がおずおずと登場。

桜井:「あ、あの〜・・」
高峰:「うるせぇ、今取り込み中だ!!」
桜井:「で、でも、急ぎの用件なんです」
古山:「悪いけど、こっちも急ぎだ!」
桜井:「だけど(半泣きで)・・・早くしないと、早くしないと、石田君が死んじゃうよぉ〜!」
3人:「え?」


 シーン2:魔術師やシャーマンや霊媒師って免許いるのかな?

 桜井、泣き出す。

水城:「あれ?もしかして、桜井さん?」
高峰:「知り合いか?」
水城:「はい、同じクラスの子です。(近づいて)桜井さん、どうしたの?」

 桜井、返事を返さず泣き続ける。古山、桜井に近づく。

古山:「石田って人が死んじゃうって聞こえたけど・・・」
桜井:「そうなの!石田君が、石田君が・・・(また泣き出す)」
水城:「石田って、同じクラスの地味でガリ勉でパッとしない、あの石田君?」
桜井:「石田君は地味じゃないしガリ勉じゃないしパッとしなくなんかないよ!石田君は、自己主張が人よりちょっと弱くて、聡明で、イケメンなの!」
水城:「って、ほぼ言い方変えただけじゃん」
古山:「まぁ、とりあえず座りなさい」

 全員座る。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム