竹中家の危機

(たけなかけのきき)
初演日:0/0 作者:白輝 翼
竹中家の危機


キャスト

亮介


強盗


   1

  明るい音楽が流れ、幕が上がっていくとそこにはテーブルがひとつ置いて
  ある。ここは竹中家のリビングである。
  母が現れ、テーブルに皿を並べていく。

母  (下手に向かって呼びかける)そろそろご飯よー!

  母、一度上手にはける。

父  はいはーい!

  父が食事が待ち遠しそうにやってきて着席する。
  続いて亮介がケータイをいじりながら現れる。
  いすに座ってもずっとケータイをいじっている。
  それを見て父が、徐々に亮介に近づきケータイを覗き込もうとする。

亮介 なんだよ。
父  いや、なんかやけに熱心にケータイかまってるから。
亮介 いいだろ、別に。
父  そうか、亮介ももう高校生だもんな。そういう年頃なんだよな。
亮介 父さん!
父  でも、正直、父さんはあまり賛成できないな。
亮介 何でダメなんだよ?
父  ダメってわけじゃないけど……ほら、何も今そういうことしなくても、
   もう少し生活が安定してからの方が良いんじゃないか?
亮介 生活が安定してないのは、父さんのせいだろ。
父  だから、新しい仕事が見つかるまでは待てってことだよ。それからは好
   きなだけやればいい。
亮介 別にいいだろ、そんくらい。そもそも俺のバイト代で払ってるんだし。
父  でも、万が一それで破産でもしたらどうするんだ?
亮介 さすがにそれは無いだろ。
父  分からんぞ。簡単そうに見えてけっこう複雑なんだから、株取引は。
亮介 メールだよ!何で高校生がケータイいじってるのが株取引に結びつくん
   だよ!
父  なんだ。お父さん、てっきり……。
亮介 そんな斬新な勘違いをてっきりの範囲でするなよ!
母  (袖から)ほらほら、何騒いでんの?

  母がメインディッシュらしきものを持って登場。
  それをテーブルに置き、椅子に座る。
  だが、亮介と父は何やら驚いている。

母  (平然を装って)それじゃ、いただきまー……
父  ちょっと待った!
母  (平然を装って)な、何かしら?
父  なにかしら?じゃないだろ。
亮介 なんだよ、これ。
母  モヤシ。
亮介 見れば分かるよ!そうじゃなくて……これだけなの?
母  ま、まさか。たったそれだけなんて、そんなわけないじゃない。おほほ
   ほ。

  母、上手にはけ、やかんを持ってくる。

母  はい、お水。
父  こらー!何が悲しくて親子三人で和気藹々と水を飲みながらモヤシをつ
   つかなきゃならんのだ!?せめてお茶にしてくれ。
亮介 お茶なら万事解決するのかよ!?
母  さ、何やってんの?早く食べましょう。
亮介 食べましょうって、これじゃ……。
母  何?不満でもあるって言うの?
亮介 あるよ!あるからずっと騒いでるんだよ!
母  これのどこが不満なのよ?
亮介 どこって、まず何だよ、もやしって!
母  大豆や緑豆などを日光の遮断されたところで発芽させた、ビタミンCを
   含み、冬に多く食される野菜。
亮介 もやしの解説が欲しかったんじゃないよ!分かっててやってるだろ。
母  えへ。
亮介 えへ。じゃない!
父  何そんなに興奮してるんだ?
亮介 父さんだってさっき何か言ってただろ。
父  父さんはお茶がほしかったんだ。
亮介 お茶があればもやしでもいいのかよ。
父  ああ、もちろん。ま、亮介が食べないんだったら、父さんが全部食べる
   ぞ。
母  待ってよ。私も食べるんだから。
亮介 いや、俺も食べるよ。
父母 どうぞどうぞ。
亮介 ダチョウ倶楽部か!?
父  ま、そういうわけだから、お茶を。
母  あ、それが……。
父  ん?茶葉を切らしたのか?だったら明日にでも買って来といてくれ。
亮介 茶葉の前に米が欲しい。
母  それが、そうもいかないのよ。
亮介 どういうことだよ。
母  ふっふっふ。

  母、立ち上がる。

母  さて皆さん、お待たせしました!
亮介 誰も待ち望んでないよ。
母  竹中家の重大発表のコーナー!ヤッホー!!(一人で盛り上がる)
亮介 ……救急車呼んだ方がいいかな?
母  はい、そこ、拍手!!

  亮介、父、仕方なく拍手。

母  (咳払い)実はなんと!

  妙な間。少しためてから。

母  ついに、我が家の貯金が底を尽きました!イェーイ!(いきなり泣き崩
   れて)どぉしましょぉぉ……。
父  (母をなだめながら)そうか、だからやけになってあんな奇妙なテンシ
   ョンだったんだ……。
亮介 母さん。
母  (泣きながら)なぁぁにぃぃ?
亮介 何で今まで気づかなかったんだよ?
母  ローンの引き落としが昨日だったのよ。それで、今日買い物に行くから
   銀行でお金おろそうと思ったら。……おろせなかったのよぉぉ。
亮介 で、もう残ってないんだ。
母  (無言でうなずく)
亮介 1円も?
母  (首を横に振る)
亮介 (少し安心したように)いくら、残ってる?
母  ……172円。

  沈黙。

亮介 ちょ、ちょっと待ってよ。父さんの退職金、もう使っちゃったの!?仕
   事のあても見つかってないのに!?
父  大丈夫だ、いざとなれば人間、水さえあれば生きられる。
亮介 そんな!
父  ただし。
亮介 ?
父  このままじゃ水道代も払えんがな。
亮介 だめじゃん!!もう、何とかなんないのかよ!?
父  そういわれても、すぐには……。
亮介 まさか、本当にメールすら出来なくなるという事態が迫ってるなんて……。母さんもさ、泣いてたって仕方ないだろ。
   何かいい考え、ない?
母  ……。
亮介 母さん?
母  ぐー。
亮介 寝てるーっ!
父  泣き疲れたんだろ。
亮介 いやいや。だからって、何でこんな状況で眠れるんだよ!?
父  まぁまぁ、これでも母さんは悩んでるんだぞ。
亮介 そうは見えないけど。
父  何を言う、母さんをよく見てみろ。
亮介 ?
母  うーん。
父  ほら、若干うなされてる。
亮介 どうでも良いよ、って言うか若干で済んでるのかよ!
父  それが母さんの凄い所じゃないか。
亮介 は?
父  どんな逆境でも常に自分のペースを維持できる。
亮介 確かに凄い所ではあるけど、同時にダメなところでもあるんじゃ……。
父  それが竹中家クオリティーだ。
亮介 なんだよ、それ!もう、母さんもほら、起きてよ。


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム