黒いドレスの女

まるで映画のように

(くろいどれすのおんな)
初演日:-1990/0 作者:森島永年
初演会場喫茶たんぽぽ
初演劇団月虹舎
キャスト総数2(男:1 女:1 その他:-)
上演時間50分
あらすじ 天楽座の新作「映画に出たい!」の自主稽古をしている新人の祐一と先輩女優の浩子.
祐一は初の主役だが、いまいち心もとない上に、演出家から何か言われているらしい.
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他 「まるで映画のように」のシリーズの一本です。
高校生の男の子が、何かやりたいといってシリーズの企画に参加してきたので、書いたもので、芝居をやったことがない男の子でも、女の子がうまくリードをしてあげると、効果が上がるように書いてあります.
「まるで映画のように」は86年に「カサブランカ」「グッバイガール」「黒いドレスの女」「ラストピクチャーショー」「娘の結婚」「最後の最後のテープ」「最初で最後のラブ」「マックベリー物語」の8本だてで、飛び飛びに27回公演しました。95年に別劇団でこのうちのいくつかが再演されています。

冒頭の部分は劇を練習しているところなんで、「砂糖菓子のような台詞」が連続します。
とにかく、長ぜりふが気持ちいい芝居です。
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー 000000000000000 (30)
感動巨編 1111111111111111111111111 (50)
お笑い (0)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの 5555555555 (20)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス (0)
(2018/4/6 23:32:46現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム