僕らは何を…

医者と殺し屋、ほんとの願い

(ぼくらはなにを)
初演日:2003/2 作者:彼方の羊
「僕らは何を」
 右に、女。左に男二人。真中にガラス(?)の仕切り。
研究員(後、研) ではお願いします。
男 あ、はい。
研 きちんと頼みますよ。
男 わかっています。
研 なにしろあなたは我が偉大な大帝国の一員なのですから!
男 はい。
研 しかもあなたは我が国で最も有名な心理学者!
男 はあ、
研 しがない私とは違い、わずか10才で大学に入学、14才で卒業とともに博士号獲得。そのころまだ私なん
  ておねしょしてましたよ。
男 え?14才でおねしょ?
研 おほん。、さらにわずか15才で世界的な論文を、さらにさらに、16才で初体験。私なんてまだなのに。
男 なんで知ってるんですか!
研 ふふふ。ちなみに相手の女性は15才年上だとか。その後はずっと年下。このロリコン!ロリータコンプレ
  ックス!
男 もういいから行ってください。
研 わかりました。ただ忠告しておきますが実験体はあのウイルスにかかっているんですから、くれぐれも注意
  を。間違って外に出したりすれば…
男 世界は三日で滅ぶ。
研 その通り。まあ、どうせもう後数十分で死にますけど。そしたらやっと処分できます
  よ。
男 …。
研 今までだと、ウイルスでまず脳の記憶機能がやられ次に言語、最後に運動です。まあ、つまり、物忘れが激
  しくなり、だんだんしゃべれなくなって、最後には動けなくなって死(ぬ)
男 わかっていますよ。何度も報告書は読ませてもらいましたから。その脳の機能の低下による心理状態の変化
  を調べるために私は来たんですから。
研 と、言うと?
男 だから、私は現在、脳機能と心理の関係性について研究していて、被験者のように脳機能が衰えていくと心がどのように変化していくかを被験者との対話を通じて探っていこうとしているんです。
研 そいうわけだったんですか、それで心理学者のあなたがうちに来たんですね。
男 知らなかったんですか?
研 はい。それでは私は行きます。くれぐれも気をつけてくださいよ!…あ、最後
  に一つ、重大なことを忘れていました、
男 なんですか?

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム