宝 〜あの日の約束〜

(たから 〜あのひのやくそく〜)
初演日:0/0 作者:まっつー
宝 〜あの日の約束〜  

CAST
長谷川 楓(はせがわ かえで)
鳴滝 由美(なるたき ゆみ)
安西 健(あんざい けん)
綾川 辰巳(あやかわ たつみ)
宮広 棗(みやひろ なつめ)
横内 進(よこうち しん)(話の中だけ)


     舞台は山の中
    舞台下手よりに健が死んでるようなポーズで寝ている。
    楓と由美が上手から登場  

楓 「昨日は楽しかったね」
由美「そうだね」
楓 「あっ、そうだ。ねぇ、由美、将来やってみたいバカげた夢ってある?」
由美「バカげた夢って?」
楓 「だから、将来の夢とかじゃなくて、大人になったら1度はやってみたいって思うようなこと」
由美「はいはい。楓はバカだね」
楓 「私がバカなんじゃなくて、バカげた夢だってば」
由美「(健に気付いて)ね、ねぇ、あれ・・」
楓 「何?あ、私の夢が聞きたいんだね。私の夢は・・・」
由美「じゃなくて、あの人・・」
楓 「えっ、し、死んでる?」
楓、由美「キャー」
楓 「こ、こういうときってどうすればいいの?」
由美「ま、まって。とりあえず落ち着こう」
    2人深呼吸する。
楓 「そうだ。こういうときは電話しなきゃ」
由美「電話?」
楓 「そう、電話。えっと何番だっけ?あっ、117だ」
由美「いや、それは時報だよ」
楓 「そうだっけ?じゃあ、104だ」
由美「それは確か電話番号案内だったと思う」
楓 「えー、これも違うの?あっ、じゃあ111だ」
由美「いや、ぞろ目はありえないから」
楓 「思い出した。110だ。電話しなきゃ。でも、公衆電話がない」
由美「携帯は?」
楓 「あっ、そっか。確かバッグの中に・・・」(バッグの中を探す)
健 「ちょ、ちょっと待て」
楓、由美「で、出たー」
健 「出てない。・・じゃなくてそもそも俺は死んでない」
楓 「へ、だって、さっき・・」
健 「寝てただけだ」
由美「そうだったんですか」
楓 「なーんだ。びっくりさせないでよ」
健 「そっちが勝手に勘違いしただけだろ」
由美「でも、よかった。てっきり死んでるかと思った」
健 「勝手に人を殺すな」
楓 「こんな所であんな寝方をしてるからいけないんでしょ」
健 「どんな寝方だろうと俺の勝手だろ。ここにいたのだって待ち合わせしてたからだし」
由美「待ち合わせ?」
健 「そう。もうちょいで来ると思うけど」
    辰巳、下手から走ってくる
辰巳「おーい、健。待たせて悪かったな」
健 「別にいいよ。気にしなくて」
辰巳「あれ?」
健 「ん?あぁ、紹介しよう。人を勝手に殺した危ない人たちだ」
辰巳「えっ、じゃあ、さ、殺人鬼?」
楓 「ちょっと、んなわけないでしょ」
由美「そうですよ。誤解を招くような言い方はやめてください」
辰巳「えっ、違うの?」
楓 「当たり前でしょ」
由美「私たちは健さんが寝てるのを見て死んでると勘違いして警察に電話しようとしただけです」
辰巳「それはそれで危なくないか?」
健 「だよなー」
楓 「こいつの寝方が悪いのよ」
辰巳「どういう寝方をしてたんだ?」
健 「いたって普通の寝方だ」
辰巳「お前の普通は信用できんからな」
健 「うわっ、ひっでー」
辰巳「ごめん、ごめん。ところで、そっちの人たちは・・」
由美「あっ、私、鳴滝由美です。こっちは長谷川楓」
楓 「年、同じぐらいだろうし、呼び捨てでいいよ」
辰巳「じゃあ、鳴滝たちは・・」
楓 「下の名前でいいから」
辰巳「はぁ。じゃあ由美たちはどうしてこんな山の中へ?」
由美「私たちはただ散歩をしてただけです」
健 「へぇー。あっ、俺たちの名前も呼び捨てでいいよ。それから、敬語はやめにしよう。なんかかたっくるしいよ」
辰巳「一応、自己紹介しとくね。俺は綾川辰巳。こっちは安西健」
楓 「健たちは何でここに?」
辰巳「足で」
楓 「怒るよ」
辰巳「ごめん。ついくせで」
楓 「はぁ。まぁ、いいや。で?」
健 「実は俺たちもよく分からないんだ」
由美「どういうこと?」
健 「今日、ここに来いって、手紙に書いてあったんだ」
辰巳「で、俺も誘われたってわけ」
楓 「その手紙誰からだったの?」
健 「それが、名前は知ってるんだけど、いつ知り合ったのか、どんなやつだったのかが全く思い出せないんだ」
由美「それって、何かの病気じゃないの?」
健 「そんなんじゃないよ。それに辰巳も、同じ感覚らしいし、だったら大丈夫かなって」
楓 「健って辰巳のこと信頼してるんだね」
健 「まぁ、大切な友達だからな」
楓 「友情かぁ」
健 「なんかおばさんくさいぞ」
楓 「なによ、それ」
棗 「なにしてるの?」
楓 「あれ?なんでここに?」
棗 「なんか楽しそうな声が聞こえたから」
辰巳「・・えっと、だれ?」
由美「紹介するね。この人は宮広棗。私たちの友達よ」
棗 「健と辰巳だよね。よろしく」
健 「なんで俺らの名前を知ってんだよ。さては、立ち聞きしてたな」
棗 「人聞きの悪いこと言わないで。盗み聞きしてただけなんだから」
辰巳「余計悪くなったのは気のせいか?」
由美「普通そういうときって耳に入ってきたとか、聞こえちゃったとか言うんじゃない?」
棗 「そうそう。それが言いたかったんだよ」
健 「なんか調子いいやつだな」
辰巳「健に似てるな」
健 「辰巳、お前もう少し人のことを考えろよ。だいたいお前だって似たようなもんだろ」
辰巳「んなわけないだろ。俺はこんなお調子者じゃないぞ」
健 「俺だって」
棗 「さっきから本人を目の前にして言いたい放題言いやがって」
健、辰巳「ん?うわー」(2人逃げ回る)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム