205

(にいまるご)
初演日:0/0 作者:尾道太郎
205


登場人物

男1
男2
男3
女1
女2
天使




  音楽

  ここは、田舎の山の中にあるラブホテルの205号室。
  ラブホテルなのにも関わらず、安っぽいシングルベッド。一応、装飾はされているが、安っぽさはぬぐえない。
  鏡の無い鏡台。いや、鏡はある。100円ショップで買ったような安っぽい小さな鏡が。
  灰皿とホテルのロゴが入ったライター。「ロゴなんて見えんだろう」と思うが、そこら辺は雰囲気の問題。
  上着掛けには空のハンガーがかかっている。
  テレビの上には、落書きノートが転がっている。
  普通の田舎のラブホ。

  天使、やってくる。立て札を置いて、去る。
  立て札には、『拝啓、亡霊のあなたへ』とある。

  女2、やってくる。ったく、こんなもん置きやがってってな感じで立て札を抱える。
  代わりに、遺書と靴を置いて、去る。

  男1、やってくる。遺書と靴を目にして、驚く。
  それらを拾い集め、代わりに、オロナインを置いて去る。

  男2、やってくる。オロナインを見て、げんなりする。
  男2、タバコとライターを置いて、オロナインを持って去る。

  男3、やってくる。タバコとライターを拾う。
  勝手にタバコを一服。気持ちを置いて、去っていく。

  女1、やってくる。宇宙一コレステロールのたまらないキャノーラ油を手にしている。
  男3の残した気持ちを見つけ、駆け寄る。油を置いて、その気持ちを愛しげに抱きしめる。
  女1、そのまま去る。

  男1、キャノーラ油をやってきて、抱える。




  男1、立っている。そこへ、天使がやってくる。

男1  気がつくと、見知らぬ場所にいた。
天使  どうも、
男1  気がつくと、見知らぬ人が声をかけていた。
天使  どうも
男1  どうも
天使  始めまして
男1  始めまして?
天使  おーイエス、始めまして。
男1  …誰っすか?
天使  天使です。
男1  …誰っすか?
天使  だから、
男1  誰?
天使  天使です。
男1  嘘…
天使  嘘じゃないです。
男1  (熱を測ろうとして)
天使  大丈夫です、どちらも正常です。私も、あなたも、
男1  (脈を図ろうとして)
天使  止まってますよ。
男1  え?
天使  脈、止まってますよ。
男1  嘘…
天使  嘘だと思うなら、やってみたらどうです?
男1  (測って)ホントだ。
天使  でしょ?死んでるんですから、あなた。
男1  あんた、何者?
天使  無視かい
男1  だからあんた、何者?
天使  だから、天使です。
男1  趣味の一環か何か?
天使  何言ってるんです。
男1  イメージプレイ?
天使  何を、ってか私、男ですよ。
男1  男だね。
天使  興味、あるんですか?
男1  無くは無い。
天使  …
男1  うそうそ、冗談。
天使  冗談きついなぁ。
男1  ホントに天使?
天使  これ、名刺です。
男1  (名刺を受け取り)有限会社「天使の巣」
天使  ほら、天使でしょ?
男1  有限会社?
天使  えぇ、
男1  何か、アレだね。
天使  何です?
男1  ショボ…
天使  怒りますよ?
男1  あ、すんません。つい、本音が
天使  本音が…
男1  いやいや。
天使  ともかく、信じてもらえます?
男1  「天使の巣」ですか。
天使  小洒落たペンションみたいな名前でしょ?
男1  ペンションなんですか?
天使  いえいえ。
男1  ペンションと言うよりは、イメクラみたいと…
天使  喧嘩売ってるんですか?
男1  あと、
天使  あと?
男1  天使って昆虫か何か?
天使  はい?
男1  いや、天使の「巣」ってあるんで。
天使  …
男1  悪気は無いんです。
天使  悪気以外の何があるんですか?
    大体、自分の死をあれほど見事にスルーしてて
    私が天使だって事を納得できないんですか?
男1  男のこだわりってヤツです。
天使  もういいです。本題に移りましょう。
男1  本題?
天使  あなたを霊界の門に連れて行きます。
男1  あ、それ知ってる。そこで、選択をするんでしょ?
天使  よく、ご存知ですね。
男1  スカイハイ、スカイハイ
天使  は?
男1  いや。
天使  分かってるなら、話が早い。さ、行きましょう。
男1  嫌です。
天使  嫌とかそういう事じゃなく、決まりですから
男1  結構です。
天使  結構ですってあなた、
男1  ダメです。
天使  だからね
男1  何故ですか?
天使  何故とかじゃなくて、
男1  どうしてですか?
天使  どうしてとか(じゃなくて)
男1  本気で言ってるんですか?
天使  本気(です)
男1  嘘つき
天使  嘘つきって、(人聞きの悪い)
男1  聞こえません。
天使  あのね
男1  何言ってるんですか?
天使  …
男1  意味が分かりません、
天使  そりゃ、こっちの台詞だよ
男1  (何か言おうとする)
天使  ちょっと黙ってください。
男1  何も言ってないのに、
天使  あのね、あなたは、死んだの。
    身も蓋も無く言うけど、死んだの、交通事故にあって、脳みそぶちまけて、
    もう、汚いったらありゃしなかったよ。
男1  ホントに、身も蓋も無いね、
天使  あ、あんた「この世で自分が一番不幸」って思ってるでしょう!
男1  いや…
天使  居眠り運転のトラックに轢かれるなんて、確かに幸か不幸かって言われたら不幸だよ?
    でもね、それ位の事で不幸面されたらたまったもんじゃないよ。
男1  別に、不幸面してるわけじゃ……
天使  あれでしょ?慰めて欲しいのよね。
    深夜のマジ話(ばな)と同じね。「うんうん、そうそう」って同意して欲しいだけなんだよね?
    でも、それってちょっと大甘なんじゃない?
男1  そこまで言いますか。
天使  あのね、あんたより不幸な人間なんて、いくらでもいるんだからね。
    例えば、イラク在住のPN…
男1  ペンネーム?
天使  黙って聞く!
    PN「大輔LOVE」さんからのメッセージ。
男1  ……
天使  あたしは、いつの間にか生まれて、いつの間にか戦争に巻き込まれて、いつの間にか死んでいました。テヘ。
男1  小学生の作文みたい。
天使  (無視)あとね、尾道市在住のPN「太郎ちゃん」さんからのメッセージ
    あたしは、何となく大学を卒業して、何となく就職という規定のルートに違和感を持ち、
    何となく就職戦線からあぶれ、何となく恋の一つでもしながら、
    何となく乗ったフランス行きの旅客機が墜落しました。
    天使さん、こんなあたしに手向けの音楽をお願いします。
男1  ラジオじゃあるまいし。
天使  はいはい、ありがとね。音楽かけるからね。
    音響さん大丈夫?

  どこからとも無く、手向けの音楽が流れる。
  曲は、センスに任せます。

天使  (すごい勢いで)ね!?
男1  「ね」って言われても、
天使  不幸なのはあなただけじゃないんです。
男1  そんな、不幸同盟みたいに言われても困ります。
天使  じゃあ、どうすればいいんですか!
男1  死にたくない。
天使  死んでるんですよ?
男1  どうにかならないんですか。
天使  無理です、無駄です、おやめなさい。
男1  ドラゴンボールで、生き返らせるとか。
天使  もっと、現実的な案が思い浮かばなかったんですか?
男1  リレイズ。
天使  却下。
男1  世界樹の葉。
天使  何で、そうまでして生きようとするんですか。諦めなさい。
男1  ある人に、言いたい事があるんです。
天使  今更何を言うつもりですか。昔話でもするつもりですか?
男1  今の話をしたいんです。
    あいつの亡霊でありたかった俺が、亡霊でいられなくなった俺が、
    迷子センターの子供みたく泣きじゃくって、それこそ身もだえするほど泣きじゃくって、
    終いには、亡霊であるはずの俺の思いが、亡霊になってさまよったとしても。
    俺は、元気でやっていると。
天使  死んでるじゃん。
男1  ……
天使  それに、どんな事情があるにせよ、「今更」であることには変わりないでしょう。
男1  …うん。
天使  (多少情にほだされて)…仕方ありませんね。
男1  え?
天使  そこの先のトンネルを抜けて、ずーっと行った所にラブホテルがあります。
男1  をい
天使  そこの205号室で待っていて下さい。
男1  そこで、待ってたらあいつに会えるんだな?
天使  何年かかるか分かりませんよ?
男1  うん、
天使  あなたみたいな人間なんて、ゴロゴロいるんですから。
男1  うん。
天使  じゃあ、行って下さい。
男1  うん。
天使  色々、私も忙しいんですから
男1  ありがと。
天使  油、買って帰らないと。
男1  …
天使  天ぷらなんですよ、今日の晩飯。
男1  真面目にやってるんですか?
天使  真面目ですよ。
    今日、安売りなんです。
男1  さいですか…
天使  さあ、お行きなさい!(スカイハイ)
男1  ふざけてるでしょ。
天使  いやいや、これは何かの冗談です。
男1  ほら!
天使  言葉のアヤって奴です。
男1  ったく…じゃ、行くよ。
天使  来るよ。
男1  やる気あるんですか?
天使  私に文句言う暇があったら、向かったらどうですか?
男1  ……そうする。

  男1、出て行く。
  取り残される天使。

天使  いくらがんばったところで、今更は今更なのに、

  天使、嘆息して電話をかける。

天使  もしもし、こちら992号。今、205号室に一人、向かいました。
    え?先客?……(調査票をめくって)ああ、四股して女に刺された奴。
    そいつが何か?
    ……別に良いんじゃないですか?もう死んでるんですし。
    分かりましたよ。はい、面倒くさがらずに行きますって。…はい、じゃあ。

  電話を切る

天使  ったく、油、買って帰らないといけないのに……

  天使、去る。
  誰もいなくなる空間。そして、205号室。
  男2が携帯で電話をしながら入ってくる。男1はその後を付いて入ってくる。

男2  言葉ってのは、ホラ、記号の羅列だろう?
    それを、組み合わせて、小説なんかを書く奴はすげえよな。
    どんなに、感動的な話だって、結局は記号の配置の仕方一つなんだよ。
    うん。

  男2、振り向く。男1も振り向く。
  男2には男1の背中が見えるが、何事もなかったかのように、喋り始める。

男2  だから、これから俺が言う事は、あくまで記号の羅列に過ぎなくて、
男1  何を言ってるんです?
男2  これは、何もお前に何かを促す意味を持っているという――
    仮に、意味があったとしても、百歩譲って意味があったとしても、
    それは記号に意味を求める事がまずいというか、いけないというか。
    いや、別にお前が悪いっていう意味じゃないんだ。
男1  そうですね。
男2  ん?

  男2、振り向く。男1も振り向く。
  男2には男1の背中が見えるが、何事もなかったかのように、喋り始める。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム