「元」、宝物。

(もと、たからもの。)
初演日:0/0 作者:尾道太郎
「元」、宝物。

登場人物

チビ1
チビ2
掘り起こす者「犬」
埋めてしまう者「猫」
考え続ける男(以下、男)

0/1

  とある場所。チビたち、何かにお祈りをしている。
  切り上げるように、元気な声で、

チビ1・2  行ってきます!

0/2

  別な場所。犬、スコップを持っている。
  で、お宝を掘り起こそうとしている。
  横で、猫が、その穴を埋めようとしている。

犬  お前、何してる。
猫  見りゃあ、分かるだろ。
犬  埋めてるように見えるが、
猫  埋めてる。

0/3

  夢見心地の無限回廊の中で男は呟く。

男  今日の夕飯の献立についての憂鬱をいかにして無くすか、それが問題だ・・・
(雑誌に目を落として)ん?レバニラ炒め・・・

  暗転

1/1

  チビたち、宝物を探す道中。
  紙切れを持っているが、どうやらそれが宝の地図らしい。

チビ1  ねえ、チビ
チビ2  何、チビ
チビ1  チビって言うな
チビ2  チビって言うな。
チビ1  だって、チビじゃん。
チビ2  お前だってチビじゃん。
チビ1  あたしは良いの。女だから。
チビ2  俺だって良いの。牛乳嫌いだから。
チビ1  それ理屈?
チビ2  屁が生えた程度の理屈。
     で、何?
チビ1  本当に、コッチでいいの?
チビ2  本当に、コッチで良いのかと聴かれると怪しいくらいの自信はある。
チビ1  頼りない・・・
チビ2  もとはと言えばお前が!
チビ1  知ーらない。
チビ2  飛行機雲が西の空にかかってるから西に違いないとか、
     今日は東の気分だから東だとか、
チビ1  AB型なんだもん。
チビ2  今日は東へ、明日は西へ、
     で、結局進んでないじゃん。
チビ1  立ち止まってばかりってわけでもないじゃん。
チビ2  進んでいることは進んでるって言いたいんだろ?
チビ1  そのとーり。
チビ2  で、今日はどっちに進むんですか?気分屋のチビ。
チビ1  どっちに行っても文句言うんでしょ?酒乱のチビ。
チビ2  酒乱は余計だ!
チビ1  気分屋も余計だ!
チビ2  だって事実じゃん。
チビ1  だって事実じゃん。
チビ2  事実だからって、何でも言って良いもんじゃあないだろ?
チビ1  じゃあ、嘘言っても良いの?
チビ2  そういう意味じゃなくって!
チビ1  女狂いのチビぃ!!
チビ2  何、言ってるの!
チビ1  女の子、嫌い?
チビ2  好きか嫌いかと聞かれると・・・
チビ1  どっち?
チビ2  今日はコッチね!

  といって、強引に進もうとする。  

チビ1  ちょっと、待ってよ!
チビ2  何?
チビ1  ・・・見つかるかな?
チビ2  見つかるかな?
チビ1  あいつも、ややこしいことしてくれるよね。
チビ2  全くだ。
     ・・・おとなしく墓ん中入ってりゃ良いのに、
チビ1  ・・・そだね。
チビ2  よし、行くか!

  チビたち、走り去る。

1/2

  別の空間にて
  犬と猫が争っている。

猫  おい、犬!
犬  おい、猫!
猫  不意打ちとは卑怯な!
犬  じゃあ、予告すれば良いんだな。
   殴るぞ!

  猫、犬の攻撃をかわす。

猫  そういうのを不意打ちって言うんだ!
犬  じゃあ、どういうのが不意打ちじゃないんだよ!
猫  こういうの。

  犬、猫の攻撃をかわす。

犬  危ねえじゃねえか!
猫  そりゃ、これで殴りかかってるんだ、危ないに決まってるだろう。
犬  そういう、当たり前の事を当たり前に言うお前が、俺は大っ嫌いなんだよ!

  猫、犬の攻撃を受け止める。

犬  で、俺は、何でお前と喧嘩してるんだ?
猫  これが喧嘩かどうかはさておき、
   俺は、お前のそういうところ、結構好きだぞ。
犬  気持ち悪いこというな。
猫  ただのじゃれ合いなら勘弁してくれないか?
   俺も何かと忙しいんでな。
犬  あ、ああ・・・

  猫、去って行こうとする。
  去り際に、

猫  おそらく、98パーセントの確率で言えることだが、
犬  何だ。
猫  お前の怒っていた理由を知りたければ、後ろを見ると良い。
犬  ん?

  犬、振り返る。と、そこには綺麗に埋められた穴。

犬  あ!埋めやがって!

  しかし、猫はもういない。
  犬、猫を追って去る。

1/3

  考え続ける男、世界について考えている。

男  俺にとって、世界について憂うことと今日の夕飯の献立を憂うことは同じことだ。
   なぜなら、どちらも俺にとって重要であるし、どちらも俺にとって本当にどうでも良いことだからだ。
   強いて、違いを挙げるなら・・・
   世界についての憂鬱は夕飯の献立についての憂鬱ほど、簡単には無くなってくれない。

  と、そこへ、チビたちがやってくる。

チビ2  おい、チビ。
チビ1  何?チビ。
チビ2  一つだけ聞くぞ。チビ。
チビ1  チビチビうるさいなぁ。チビ。
チビ2  とても重要なことだ。
チビ1  何?
チビ2  ここ、どこ?
チビ1  どこかも分からずに歩いていたの?
チビ2  違う!気がついたらどこか分からないところにいただけだ!
チビ1  同じじゃん。
チビ2  (あらぬ方向へ)ここ、どこですかぁ?
チビ1  誰に聞いてんの?
男  ここは、「白の草原」だ。
チビ1  白の草原?
男  そう、
チビ2  白の草原って、どこ?
男  ・・・
チビ2  そもそもな話、あんた誰?
男  男だ。
チビ1  そんなの見りゃ分かるって、
チビ2  こんな何も無いところで何をしてるんだ?
男  考え事を、している。
チビ1  考え事、ねぇ・・・
男  お前たちは何をしている。
チビ2  俺達?
     俺達は、宝物を探している。
男  宝物?なぜ?
チビ1  色々と、訳ありなのよ。
     ところで、「無限回廊の洞窟」って知ってる?
男  ああ・・・
チビ2  知ってるのか?
男  あそこは、私の第四の別荘だ。
チビ1  別荘って・・・
     洞窟なんでしょ?
男  ああ、天然の鍾乳洞だ。
   そこにあるのか?その・・・宝物が、
チビ1  らしいんだけどねぇ・・・
チビ2  俺達もこの目で見たわけじゃないし。
男  そうか・・・
   で、私は案内すれば良いのか?
チビ1  そうしてくれるとありがたいんだけど
チビ2  初対面で、こんなこと頼むのは申し訳ないんだけど、
男  気にすることは無い。
   それに、止まっていようが、歩いていようが、考えることは出来るからな。
チビ1  ありがと。
男  それから、一つ。
   これからお前たちが向かうのは「無限回廊の洞窟」だが、正式にはこう言う。
チビ2  何だよ。
男  夢見心地の無限回廊の洞窟

1/4

  別の空間。犬を振り切った猫、呼吸を落ち着ける。
  と、犬がやってくる。

犬  見つけたぞ!
猫  またお前か・・・
犬  他人の穴、勝手に埋めといて「またお前か」は無いだろう!
猫  お前は性懲りも無く、どうして掘りたがる。
犬  それが俺のライフワークだからな。
猫  誰が決めた?
犬  俺、
猫  本当か?
犬  嘘だ。
猫  どっちだ?
犬  本当はある人に決めてもらった。
猫  自分のことくらい自分で決められないのか?
犬  じゃあ、お前は決められるのか?
猫  全てを自分ひとりで行なうのは非常に困難だ。
犬  何だ、お前だって同じじゃん。
猫  根本的に違う。
犬  何が違うって言うんだ。
猫  俺はそれを分かっている。お前は分かっていない。
犬  分かっていりゃ良いってもんでもないだろ。
猫  無知は・・・罪だ。
犬  それだったら、頭でっかちだって罪になるんじゃねぇ?

  猫、ため息をついて、スコップを構える。

猫  お前とは、一度ちゃんとケリをつけておいたほうが良いらしい。
犬  インテリの猫さんがそんな野蛮な台詞を仰るとは珍しいですな。
猫  皮肉か?
犬  おうよ。
猫  皮肉と嫌味と陰口は俺の専売特許だ。
犬  根暗ぁ・・・
猫  いくぞ!

  猫、犬に攻撃を仕掛ける。
  犬、それを避け、受け流し、あるいは受け止める。
  戦いながら、二人の会話は続く。

犬  お前らしくないな。こんなムキになって
猫  ムキになど、なっていない!
犬  いつもだったら「この戦いは不毛だ」とか言うくせに
猫  うるさい!
犬  どうしてお前は埋めていく。
猫  それが、俺のライフワークだからだ。
犬  俺と同じじゃねぇか。
猫  違うといっているだろう!

  猫、渾身の一撃。それを犬は受け止める。

猫  お前は、何も知らないし、何も分かっちゃない。
犬  確かに、俺は無知かも知れねぇし、お前ほど頭もよくない。
   だが、何も感じないわけじゃないんだよ。
猫  ・・・
犬  先の戦争じゃ、俺は死体処理班にいた。
猫  ・・・俺もだ。
犬  お前もか?
猫  第三班だ。
犬  俺は第一班だ。墓ぁ、掘ってた。
猫  そうか・・・
   それで、どうして掘り起こそうとする!(攻撃)
犬  (それを受け止めて)言っただろ。
   それが俺のライフワークだからだ!
猫  お前も見ただろう。
   ダメな映画を盛り上げるかのように簡単に人が死んでいくのを
犬  ・・・お前は、それを埋めていたんだな。
猫  (吐き捨てるように)・・・そうだ。

  暗転

2/1

  チビたち、昔を思うように話している。

チビ2  あいつは、一年前に戦争に行った。
     「大切なものを守る」とあいつは言っていた。
チビ1  あいつは、箱になって帰って来た。
     宝物を入れた箱のようになって帰ってきた。
チビ2  箱の中には小さな白いかけらと、一通の手紙が入っていた。
男  愛すべきチビたちへ。
   すまない。俺はもうだめかもしれない。
   戦況は悪くなる一方だし、仲間達も一日に一人ずつ消えていく毎日だ。
   俺もそろそろ覚悟を決めておいたほうが良いと思う。
   そこで、キミ達に頼みごとをしたい。
チビ1  そこには、宝物を探して欲しいという旨と、宝の地図が書かれていた。
チビ2  そして最後に、あいつらしい癖字であいつらしいへんてこな文章が書かれていた。
男  宝物は待っている・・・
   その存在を変えながら
   存在する場所を変えながら
   それは、遠い記憶の中にあったり、
   通学路の近道の途中にあったり、
   あなたと私の関係の中にあったりする。
   私は宝物を掘り起こす。
   遠い記憶を掘り起こす。
   あなたと私の関係を掘り起こす。
   宝物は見つからない。
   どこにあるのか分からない。
   「そんなものはない」と言う人がいる。
   「そんなものがあると良いね」という人がいる。
   私は途方に暮れる。
   あるはずもなく、ないはずもない宝物を探して、
   宝物は途方に暮れる。
   いつまでも終わることのないかくれんぼを続けて。
   だけれど、宝物は待っている。
   その存在を変えながら
   存在する場所を変えながら。
チビ1  あたしは探す。
チビ2  俺は探す。
チビ1  探すよ。チビ
チビ2  探すぞ。チビ

  チビ達、墓前に手を合わせて・・・

チビ達  行って来ます!

2/2

  男、チビ達の昔話を聞いていた様子。

男  それで、宝物を探しているというわけだな。
チビ2  そゆこと。
チビ1  でもね。肝心の場所が分からなくてね。
チビ2  このチビ、方向音痴だし。
チビ1  このチビ、地図読めないし。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム