猫はバラードを歌う

()
初演日:0/0 作者:中島清志
 猫はバラ−ドを歌う  中島清志 作  

〔キャスト〕 ♂3人(兼役可) ♀5人        
                         
♀ アオタエリ  (高校三年生)           
                        
♀ アオタイチコ (エリの母)            
                         
♀ シライサトミ (エリの同級生)          
                        
♀ ムカイミドリ (エリの同級生)          
                         
♀ ミ−タン   (エリの飼い猫)          
                        
♂ キジマケンジ (エリの同級生)          
                        
♂ 父      (エリの父)   −ケンジと兼役可 
                       
♂ 酔漢     (酔っぱらい)  −ケンジと兼役可 
        
少し古い流行歌が静かに流れる中開幕 部屋の中に一本のサス明かり 普段着の少女が小テ−ブルについて座り、その隣で年老いたネコが丸くなっている エリとミ−タンである 音楽FO エリ口を開くが、観客に話しているのか、ミ−タンに話しているのか定かではない     
                                              
  エリ「・・・綺麗なお花たちに埋もれるように、女の人が箱の中で眠っていたの。その人はお花たちに負けないほど綺麗にお化粧をして、見た事もないようなしあわせそうな寝顔だったわ・・・でもその人は二度と私を抱いてくれなかった。替わりになぜだか急に海から帰って来たお父さんが、私を抱いてくれたの・・・それでおしまい。もうな−んにも記憶にない。」                          
                                        
エリ、ミ−タンを撫でてやりながら                          
                                       
  エリ「その後の事私よく覚えていないんだ。でもある日おばあちゃんの家で1日中泣き疲れて寝ちゃうまで泣いたんだ。不思議だったよ、私なんでこんなに悲しいんだろうって・・・でも今ならわかる。それは私が『オカアサンガシンダ』っていう言葉の意味を知ったからなんだ。お母さんは二度と帰って来やしない。抱いてくれることもない。おやすみの前にキスしてくれる事もないんだって・・・当たり前なのにさ。おかしいよね。笑っちゃうよね。ははは。」                     
                                       
エリ、ミ−タンを強く抱き締める                           
                                       
  エリ「お母さんは口数の少ない人だった。でもいつもいつも繰り返し聞かされてた言葉があるの。『エリちゃん、好きよ。愛してる。』って、まるで呪文みたいにさ・・・変だよね、そんな気持ち言葉で伝えようなんて。もしかしたら、自分に言い聞かせてただけかも知れないけど・・・毎日、毎日、私を抱いて、泣きながらそんな事言ってたんだよ。頭がおかしくなるよね。死にたくもなるよね・・・遺書があったんだって。一人ぼっちで寂しかったんだって。子育てに疲れてたんだって!(涙ぐむ)・・・私は言葉なんか信じないよ。言葉は真実をねじ曲げるのゆがませるのどこかへやっちゃうの!ねえ、教えて。真実は一体どこへ行っちゃったのよ?(テ−ブルに伏せてしばらく泣いているが、泣き止んで顔を上げる)」  

部屋の中の照明FI エリ立ち上がると部屋のドアにカギを掛けに行く          
                                       
  エリ「バカな事だってわかってるよ。もうまるっきりコドモ。口を開けば大ウソばかりだしさ。」                                  
                                        
エリ、音楽をかける 一昔前の流行歌(注:作者のイメ−ジは「いとしのエリ−」)流れる 

  エリ「大き過ぎだって。(ボリュ−ムを下げる)カセットってやっぱり雑音入ってる。前に友達のうちで昔のレコ−ド盤っての聞かせてもらった事あったな。あのひどい雑音にはビビったけど・・・CDになってMDになって、今度は何?IDとか出るわけ?ってIDはないよね。でもMDってさあ、人バカにしてるんだ。だって人の耳には聞こえない音域はカットしてるんだよ。聞こえない音はいらないわけ?それだって音楽の一部じゃないの?」                            
                                                    
エリ、ミ−タンを抱いて撫でてやりながら                       
                                        
  エリ「おしゃべりじゃないなんて、大ウソよね。私さっきからベラベラ次から次にしゃべり散らかしてる。なんだか、動物や植物に話しかけてるさびしい未亡人みたい。ああ、嫌だ嫌だ!人間はどうして言葉なんか発明したの?・・・ねえ、ミ−タン。しあわせになるために言葉なんかいらないよね。動物はみんな、余計な事なんか考えず、食べて、寝て、その全身に生きてる事の喜びを精一杯に感じて、そして・・・死んで行くんだよね。人間だけよ、言葉なんか背負いこんじゃって。ヘレンケラ−が最初に覚えた言葉、WATERだっけ?何が奇跡の人よ!言葉を覚えたヘレンはしあわせになったわけ?ヘレンは言葉を覚えたばっかりに、目が見えない、耳が聞こえない、口が利けない事の苦しみや悲しみを知ってしまったんじゃないの!人間なんて、人間なんて・・・思い上がりもはなはだしいわ!言葉を知らない動物は自殺なんかしやしないのに。」            
                                                     
エリ、何かにイラついたようにミ−タンを放すと立ち上がり、音楽を切る         
                                        
  エリ「何なのよ、この歌詞!低俗で、下劣で、知性のカケラもありゃしない・・・(少し涙ぐむ)愛だの恋だのって、まさしく言葉のアソビじゃないの!『好きだ』って言わなきゃ、『好きだ』という気持ちは伝わらないわけ?間違ってるよ、そんなの!・・・(ミ−タンに話掛ける)ねえ、間違ってるよね・・・(遠くを見るような視線の定まらない目で)私今誰に話かけてるの?この下らない、わけのわからない、気が狂いそうなたわ言は、一体誰に向けて?・・・一人言はむなしいですって?意味ないですって?じゃあ、私は一体何なのよ!言葉なんて意味ないって、言葉なんて信じられないって、わかっているのに、私、今言葉の海で溺れかけてる・・・」       
                                                  
ドアをノックする音 エリ、口を閉じる                        
                                     
 イチコ「エリさん。開けてちょうだい。お母さんですよ。」              

  エリ「お母さんじゃない。」                           

   父「エリ。開けなさい、エリ。」                        
                                        
エリ、ドアを開けると、父が入って来る エリは元の位置にもどりミ−タンを抱く     
                                        
   父「エリ・・・」                              
                                         
まるで自分の一番大切な人のようにミ−タンを抱いているエリを見て、父、言葉が出ない イチコが入って来る エリはイチコに背を向ける                      
                                                    
 イチコ「エリさん(激しくせき込む)」                      

   父「イチコさん、悪いけど、ちょっと。」                    

 イチコ「ごめんなさい。」                             
                                        
イチコ、せき込みながらさびしそうに出て行く                     
                                       
   父「お父さんに話してくれるかな。」                      
                                          
エリ、うなずく                                   
                                        
   父「どうしてもミ−タンとお別れするのは嫌かい?」               

  エリ「うん。」                                 

   父「お母さんが、かわいそうじゃないか。」                   

  エリ「お母さんは死んでるの。」                         

   父「それにこのアパ−ト、動物を飼っちゃいけないんだよ。」           

  エリ「お母さんは、ずっと飼ってた!」                      
                                        
父、あきらめて部屋から出て行こうとする                       
                                        
   父「中からカギをかけちゃいけないよ。」                    
                                        
父が出て行くと、部屋の照明FO サス明かりだけになる 部屋の外にもう1本のサス明かりが入り、父とイチコが話している エリはミ−タンを抱いたまま寝てしまう         
                                                     
   父「エリには困ったもんだ。」                         

 イチコ「ごめんなさい。」                             

   父「イチコさんが謝ることはない。」                      

 イチコ「私、アレルギ−なんかないのに、あのネコに近づいた時だけ・・・」     

   父「イチコさんがこんなに苦しんでるって言うのに。」              

 イチコ「私、どうしてもあの子の母親にはなれません。」               

   父「時が解決してくれるよ。」                         

 イチコ「本当に、もうあさってから・・・」                    

   父「ああ。」                                 

 イチコ「エリさんが卒業するまで、何とかならないのですか?私一人では、とても・・・」

   父「俺は船に乗るしか能のない男だ。」                     

 イチコ「それはわかりますけど、近場で何とか・・・」                

   父「船の借金も残ってるし、エリには進学もさせてやりたいんだ。」        

 イチコ「夜はあの子一人になるんですよ。」                     

   父「それなら店に連れて行くか?」                       

 イチコ「悪い冗談はやめて下さい。」                        

   父「・・・目一杯遠洋に出ても、下手すりゃ赤字だ。イチコさんの稼ぎがなけりゃ、ニッチもサッチも行かないんだよ。俺はホントに甲斐性なしのボンクラだ・・・。」 

 イチコ「・・・ごめんなさい。」                          

   父「とにかく四の五の言ってるヒマはないな。」                 

 イチコ「何のお話ですか?」                            

   父「明日エリが学校に行ってる間に、ネコを処分してしまおう。」         

 イチコ「そんなこと・・・私が許しません!」                    

   父「イチコさん・・・」                           
                                        
照明FO 音楽FI 照明FI エリの部屋である 高校の制服を着たエリ、サトミ、ミドリが小テ−ブルを囲み、缶ジュ−スを飲みながら菓子を食べている 部屋の隅ではミ−タンが丸くなっている                                      
                                                     
 サトミ「何かカッタルイなあ。」                          

 ミドリ「そろそろ、おいとましようかしら。」                    

 サトミ「何が『おいとましようかしら』だ!それ、いつの時代のジョシコ−セ−だよ。」 

 ミドリ「あら、これは作者の趣味ですから仕方ありませんわ。」            

 サトミ「ハイカラさんじゃあるまいし、そのやたら長いスカ−トも暑苦しくて見てらんね−んだよ。」                                 

 ミドリ「フッフッフッ。実はカミソリ隠し持っちゃってたりするのよね−。」      

 サトミ「お前はスケバン刑事か!」                         

 ミドリ「そういうあなたは?」                           
                                        
サトミ、つい立ち上がりポ−ズを決めてしまう                     
                                        
 サトミ「月に向かって、おしおきよ。」                        

 ミドリ「キャ−、カッコイ−!(拍手している)」                 

 サトミ「バカ。ついやっちゃったじゃね−か。」                   

 ミドリ「まだまだスカ−トが中途半端ですわ。」                   

 サトミ「審査員の血圧上がってぶっ倒れたら困んだろ。」               

 ミドリ「お姉様。芸術のためには太いアシでもためらってはいけませんわ。」      

 サトミ「ミドリ!」                                

 ミドリ「ムナカタコ−チ!」                            
                                        
サトミとミドリ、手を取り見つめ合っている 音楽が変わって              
                                        
 サトミ「苦しくったって。」                            

 ミドリ「悲しくったって。」                            

 サ・ミ「コ−トの中では、平気なの。」                       
                                         
音楽、元に戻る                                   
                                       
 サトミ「全然、受けね−な。」                           

 ミドリ「今日のお客さまはノリが最悪ですわ。」                   

 サトミ「あ−あ、つまんね−の。」                         

 ミドリ「やっぱり、おいとましようかしら。」                    

  エリ「ねえ。」                                 

 サトミ「やっと口開いたな。」                           

  エリ「口挟むスキなかったんだもん。」                      

 ミドリ「そんな事では主役の名がすたりますわよ。」                 

 サトミ「お前ちょっと立ってみな。」                        
                                        
エリ立ち上がる                                   
                                       
 サトミ「何とかなんね−の?その個性のない恰好。」                 

 ミドリ「イマ風が嫌なら、レトロで行くって手もございますわよ。」          

 サトミ「こいつはこいつで考えもんだけどな。」                   

  エリ「(座りながら)ねえサトミもミドリも、まだ帰らなくても大丈夫だよね。」   

 サトミ「そう来たか。エリはさびしがり屋だからな。」                

  エリ「そんなんじゃないけど・・・」                      

 ミドリ「せっかくですから、もうしばらく居させて頂こうかしら。」          

 サトミ「じゃあ何か面白い事はね−のかよ。」                    

  エリ「違うの聞く?(音楽を切る)」                       

 サトミ「○○○なら聞いてやるぜ。」                        

  エリ「○○○はないんだけど。」                         

 サトミ「お前ロクなの持ってないんだから。もういいよ。」              

  エリ「あ、△△△はどう?」                           

 サトミ「いいって言ってんだろうが!」                       

  エリ「ごめんね。」                               

 サトミ「あ−あ、退屈だ。」                            

 ミドリ「それでは、わたくし場つなぎに舞を一つ披露させて頂ますわ。」        

 サトミ「何だって?」                               

  エリ「ミドリ、踊りなんか出来るの?」                      

 ミドリ「こう見えても、わたくし日舞の師範見習いですの。」             
                                         
ミドリ、演歌(注:作者のイメ−ジは「祝い船」)をうなりながら変な踊りを始める エリは手拍子しているが                                   
                                                     
 サトミ「やめね−か、この野郎!」                         

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム