ギウダ

(ぎうだ)
初演日:1994/3 作者:森島永年
初演会場水戸千波湖野外テント
初演劇団月虹舎
キャスト総数11(男:8 女:3 その他:-)
上演時間100分
あらすじ 海外派兵の自衛官がカンボジアから持ちかえった石ころが、実はギウダストーンだった。この自衛官を付けねらう金融会社の男は自衛官を殺害。水脈占いの男がこの騒ぎに巻き込まれた。
人に施すということ、人の幸せとはなにかを、オスカーワイルドの「幸福の王子」を下敷きにして書いた作品。
著作権使用料 はりこのトラの穴の規定に準ずる
その他 ギウダとは「焼を入れる」ということで、日本に輸入されるサファイアとかルビーの多くが「ギウダストーン」です。
下敷きにしているのはオスカーワイルドの「幸福の王子」です。自分を犠牲にしてまで、人を助ける、ということをもう一度考えてみようかと思って書きました。
上演の時はツバメ達のラストシーンで、歓声が上がりました。
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 (0)
お笑い 2222222222 (20)
ミュージカル (0)
サスペンス 4444444444444444444444444 (50)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー 888888888888888 (30)
シリアス (0)
(2018/4/6 23:32:36現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム